書籍の詳細

短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

日の名残りのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ノーベル文学賞受賞おめでとうございます
    映画を先に見たのです。
    「怪物」レクター博士の後にアンソニー=ホプキンス氏がこの作品の主役の執事役を演じたのが非常に印象的で、全く違う役柄を演じ分ける俳優の凄さを感じたのが印象的で原作にも手が伸びました。
    原作も大変素晴らしかったです。
    本当に過去を探す旅の風景も、執事時代の仕事の描写も情景が浮かび上がってくるようで、文章が美しいです。
    一つの時代の終わり、過去の秘めた恋やこうであればと夢想しても叶わなかった出来事への感傷、老いや人生への静かな諦念、うまく表現できませんが、それらが無駄のない文章と共に、心に染み込んでくるようでした。
    きっと六十代ぐらいになってから読んだらもっともっと作品世界に、主人公に感情移入してしまうんだろうなと思います。
    文体や舞台を無視すると、あくまで個人的にですが、読後感は浅田次郎氏の「鉄道員(ぽっぽや)」や藤沢周平氏の「海鳴り」が通じるところがあるようでした。前者は主に執事の忠誠心を貫くところや職業への誇り、後者はその秘めた恋についての連想です。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年10月05日