新装増補版 自動車絶望工場

鎌田慧

講談社/文芸

ジャンル:ノンフィクション

629円 (税別)

7ポイント獲得(1%)

  • カゴに追加

eBookJapan発売日:2012年10月19日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

新装増補版 自動車絶望工場の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

新装増補版 自動車絶望工場の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

『自動車絶望工場』を初めて書店店頭で手にしたのは、1973年12月。出版間もない時で、当時私は「週刊ポスト」で編集の仕事を始めて1年半がたっていました。初めて目にした「著者・鎌田慧」は、数ページを読み進んだだけで忘れられない名前となりました。

〈「やってみいんかい」
 きょうは初日だから、ゆっくり見学するはずだったが文句もいえず手袋を受け取った。新しい手袋をもらうのは、なにかうれしい気もした。コンベアの上の、回転式のテーブルに据(す)えられてミッションケースが次から次へと流れてくる。そのケースにさまざまなギアを取り付けて、ボルトで固定するのが、僕に与えられた仕事だ。二十二、三歳の痩(や)せた青年が手際(てぎわ)よく取り付けながら、手順を教えてくれる。名札を付けたかれの帽子のうしろが破(やぶ)れ、針金(はりがね)で結ばれている。ぼくがかれの後任者(こうにんしゃ)になったのだ。
 さっきまで、ゆっくり回っているように見えたベルトのスピードは実際自分でやってみると物凄(ものすご)く速い。ひとつの部品をはめ込まないうちに、もう自分の身体は隣(とな)りの労働者のポジションにまで流されている。あせってもどうにもならない。できないうちに隣りまで流れ込んでも、ベルトは止まってくれない。ぼくの前任者の青年が跳んで来て遅れを取り戻す。とにかく、仕事がなんにもできないうちに、取り付けるべき数多くの部品のひとつだけで手こずっているうちに、新しいケースがもう流れてくる。
 そのうち驚くべきことに気がついた。流れて進むケースをみつめているうちに、それが逆に動いているように見えるのだ。〉

 1972年9月、当時34歳のルポライター鎌田慧さんは、愛知県豊田市のトヨタ自動車のベルトコンベアで働き始めます。8月27日付けの東奥日報に掲載された「従業員募集」の広告を見て応募した鎌田さんは、青森の職安で行われた面接で採用が決まって、9月12日名古屋駅前の集合場所に赴きました。
 季節工として翌年2月までの契約で、上記引用は入社して寮に入った鎌田さんが身体検査という名の「体力検査」──跳んだり、しゃがんだり、片足で立ったり、両手を伸ばして曲げたり、指を動かしたり、足首を上下に動かしたりさせる──を経て初めて本社工場のラインに立った時の様子です。
 募集から2、3週間で集められた季節工は、「体力」に応じて各種の工場に振り分けられて、そのまま現場に投入されるというわけです。季節工8818639となった鎌田さんは9月18日朝5時に起床、工場まで40分歩いて、「ミッション組付コンベア」のラインにつきます。6時に始業。ベルトが動き出すと11時までの5時間、一度も止まることなく、正確に1分20秒ずつ組み立てるべきミッションが流れてきます。
 正確に、というより、冷酷に、というべきだ──として、鎌田さんはこう綴っています。

〈一一時にラインが止まると、手袋を脱(ぬ)ぎ捨て、みんな待っていたかのように、サアーッと持ち場を離(はな〉れる。手に浸(し)み込んだ油を洗い落とし、それから小走りに便所に寄って、はち切れそうになっている膀胱(ぼうこう)を空(から)にする。そして一〇〇メートルほど離れた食堂まで駆け出す。が、ぼくの方は、五時間の立ちっ放しで足が突っぱっているし、初めて履(は)いた安全靴は重いし、曳(ひ)きずるようにして、ようやく足を互(たが)い違いに前に出せるだけだ。〉

 鎌田さんはトヨタ自動車の季節工になって生産現場に身を置くことによって、世界最高レベルの効率を誇る「トヨタ生産方式」の本当の姿を見事に描き出しました。
 文字通り身を挺した鎌田さんのルポルタージュ手法が結実した本書はけっして「過去の名作」ではありません。そこに描かれた働く人々の「現実」──「自動車工場の記録」は過去の歴史ではなく、すぐれて今日的問題であり続けています。ルポルタージュの金字塔と高く評価されるゆえんです。
(2012/12/7、2018/2/8補筆)

『自動車絶望工場』電子書籍リリースに際して、鎌田慧さんに「絶望のむこうに──電子書籍版発行に際して」と題した一文を寄せていただいた。全文を以下に収録します。
         ◆
「絶望のむこうに──電子書籍版発行に際して」──鎌田慧

 ついこの間までは、農村やブラジルやアジアの国ぐにからやってきた、多くの出稼ぎ者が、日本の自動車生産をささえていたのだが、いまは時代もかわって、定職のない若いフリーターたちの仕事になった。
 出稼ぎ農民、ブラジル人、タイ・ベトナム実習生、フリーター、ハケン労働者、期間工。自動車工場の底辺には、さまざまな階層ができたが、それでも日本車は高品質を誇ってきた。
 しかし、これからは、工場移転がすすみ、アジアのさまざまな国で、自動車がつくられるようになる。それでも、これまでとおなじように、若い労働者を従えるようにして、ベルト・コンベアのうえを、とり澄ました表情で滑るように進んでいく。息つくひまのない、せわしい生産方式にかわりはない。
 自動車は、若い国では希望とおなじ言葉だった。若さ、スピード、可能性、旅、あるいは家族。ところが、それをつくるひとたちには、疲労と絶望しか与えない。
 それは絶対矛盾だ。この本でわたしは独身寮で一緒に暮らした、同郷の二○代、工藤クンのことを書いたが、彼の希望と絶望の物語によくしめされている。トヨタの工場ではたらいていたとき、わたしは三○代、工藤クンは二○代だった。
 この自動車工場の記録の主人公は、わたしであり、工藤クンであり、自動車工場ではたらいたすべてのひとたちである。
 わたしたちは、みなおなじ経験をしている。それは日本ばかりではない、世界中おなじである。それは絶望的な労働の記録だが、希望にむかう記録である。そのために、わたしたちはどうしたらいいのか。
 電子ブック時代の若者たちは、先輩たちの絶望のむこうに、きっと新しい希望をみつけだしてくれる、とわたしは信じている。
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。