日本人の自伝40 吉川英治 『忘れ残りの記』

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

吉川英治は、『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』などを著し、大衆小説・時代小説の第一人者として長く活躍した小説家である。神奈川県に生まれ、父の事業失敗のため高等小学校を中退し、以後貧苦の中で各種の職を転々とすることとなった。《忘れ残りの記》は、著者が小説家として本格的にデビューする前、両親を相次いで亡くした30歳までの回想である。貧苦の中で打ちのめされそうになりながらも、懸命に生きる姿が描かれている。

無料立ち読み(27ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

吉川英治は、『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』などを著し、大衆小説・時代小説の第一人者として長く活躍した小説家である。神奈川県に生まれ、父の事業失敗のため高等小学校を中退し、以後貧苦の中で各種の職を転々とすることとなった。《忘れ残りの記》は、著者が小説家として本格的にデビューする前、両親を相次いで亡くした30歳までの回想である。貧苦の中で打ちのめされそうになりながらも、懸命に生きる姿が描かれている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。