書籍の詳細

こいつが話題沸騰の、野球マンガ史上「もっともふさわしくないキャプテン」だっ!!――狛駒(こまごま)中野球部の新キャプテンは、万年補欠のネットオタク(!?)、霧隠主将(きりがくれ・かずまさ)である。引きこもりの荒療治としてキャプテンに任命されたカズマサは、頼りなさを払拭(ふっしょく)したとたん、鬼キャプテンの本領発揮!掲(かか)げたクラブの目標は、なんと「打って打って打ち勝つチーム」……!?超・中学生級ぶっちぎりの野球伝説、プレイボール!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

おれはキャプテンのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • おれはキャプテン
    もっともキャプテンに向かない補欠キャッチャーが、監督の思いつきで突然キャプテンに指名される。自分の将来の夢のために、このキャプテンを引き受けてしまう主人公が霧隠主将(カズマサ)だ。周囲の反対をよそに次々と強権を発動、チームをぐいぐいと引っ張っていく。主将の一筋縄ではいかない、強引でごり押しする感じ、これが他の野球漫画では味わえない旨みとなって、途中で止まらなくなってしまう。私のiPadには35巻まで全部入っていて、先日、何度目かの一気読みをしました。それほどまでに、おすすめです!
    投稿日:2014年08月29日