書籍の詳細

小野篁と比右子の初夜、壬生忠岑と満子の「別の物語」、紀貫之と椿の昔話、小野小町・在原業平・文屋康秀の珍道中、貞明と綏子の愛情夫婦生活、清少納言の恋愛遍歴、紫式部と藤原公任の宮中ライフ、藤原定家と式子内親王の一夜……などなど、抱腹絶倒&感動のスピンオフ!笑いと涙でハンカチ必須。どの巻からでもお読みいただける本編『うた恋い。』シリーズ同様に、この巻だけでも楽しめます。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

超訳百人一首 うた恋い。のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 百人一首に込められた深い想い
    百人一首の一首一首のお話。
    あんな短い歌に込められた、切ない想い、秘密の恋、どれをとっても切なくて。
    何千年も前のことなのに、現在までその想いが残ってるなんて本当ロマンチック!
    苦しいです。胸がぎゅうってなります。女の子はきっと好きです♪
    男の人の絵がセクシーでやばい!ていうか私が和服フェチだからかもだけど、ご馳走様です!って感じです笑
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月30日