書籍の詳細

目には「美味(うま)いッ!」、心に「感動ッ!」中華料理の“てっぺん”ねらう、天才グルメ少年、あらわる!!時は清(しん)朝の末期――。四川省(しせんしょう)最高のレストラン「菊下楼(きっかろう)」では、新料理長を決める“料理勝負”が行われようとしていた!!前料理長パイの子=マオと、パイの弟子=ショウアンという因縁深い2人が“幻”の麻婆(マーボー)豆腐で激突するのだが……はたして軍配はどちらにッ!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

中華一番!のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 料理って非常にクリエイティブかつ頭を使う作業ですよね。何が食べたいかを考え、必要な食材を揃え、食材を食べやすい大きさに整え、火加減に気を配り、味付けをどうするか、盛り付けをどうしよう、テーブルに食器を並べたら、ご飯が炊けてない、なんていうことはよくあることだと思います。何事も段取り八分ですね。中華料理って本当にさまざまな料理がありますよね。そのなかでも私が一番好きな中華料理は「お粥」です。ピータンや臓物、海産物の乾物などの具が入っているお粥に、油条という揚げパンをひたして食べると本当においしいです。付け合せのザーサイもいいアクセントになります。本作「中華一番」でも主人公・マオ少年がお粥を作るシーンがあります。どんな味がするのかなと、お粥好きとしては想像せずにはいられません。ちなみにお粥の次に好きな料理はエビチリです。その次は肉まんですかね。ちなみにこのレビューを書いている今日のお昼は麻婆豆腐でした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年03月26日