書籍の詳細

熱い涙で満たされる、愛と感動の大河ロマン!!「琴の家元」という未来を捨て、愛に生きた母が逝(い)った――。遺(のこ)された姉妹は、母の実家と父親のもとに運命を分け、生涯再会できないはず……だった!!亡母の代わりに「家元」を義務付けられた姉、摩野(まの)。隣家の少年と兄妹同然に、のびのび成長していく妹、美音(みね)。それぞれの人生を歩む少女たちの想いを、「琴のしらべ」に託(たく)して描く、庄司陽子の真骨頂!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

虹の航路のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    はじめてハマった漫画
    厳密にははじめてハマった庄司陽子作品です。琴というちょっと馴染みのない世界で、東海テレビの昼ドラ真っ青のドロドロした恋愛模様が描かれています。それでいて読後感は爽やかという、「生徒諸君」しか知らない庄司陽子初心者にも自信を持ってお薦めできる作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年03月24日