書籍の詳細

次々と出没するノッカーズを倒して、野球の魂と春日部の平和を守る少年・古田翔人(ふるた・しょうと)とブースター「BEE(びー)」。そんなある日、チームメイトのスバルやカマちゃんまで人間には見えないはずのBEEが見えるようになり、ノッカーズの攻撃で窮地に陥った翔人を助けようとブースターと合体したスバルも参戦して……!?そして春日部の住人がすべてノッカーズに?少年たちの勇気、友情、正義の心に感動する完結巻。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

童子装甲BEEのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 総勢20名以上のマンガ家が参加し、共通した世界観のもとにヒーローマンガを創出し、他作家のヒーローとクロスオーバーする…それが「ヒーロークロスライン」。『童子装甲BEE』(おとといきたろう)で描かれているヒーローは野球が大好きな少年・古田翔人(しょうと)がお地蔵さんと合体して変身、悪者ノッカーズを撃退するという物語。当初、お地蔵さんに翔人が見いだされてBEEというヒーローに変身していたため、翔人自身はBEEが善なのか悪なのかがわからず悩みます。物語が進むにつれて、BEEの正体が解き明かされ、『ジエンド』『ギャラクティックマンション』等のヒーローも登場し、ヒーロークロスラインの醍醐味がふんだんに満喫できます。大変残念なことは、この『童子装甲BEE』が電子書籍化されてわずか1週間ほどして、闘病を続けていたおとといきたろう先生が亡くなったことです。ただ、電子化したことによって作品とキャラクターはずっと生き残り、いつの日かヒーロークロスラインの他のマンガ家が、BEEをクロスオーバーさせるのではないでしょうか。おととい先生のご冥福を心からお祈りします。(2012/12/11)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年12月11日