柔道の歴史 嘉納治五郎の生涯 (5) 躍進編

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

講道館は発展の一途をたどり、入門者数も明治42年頃までには一万人を超すまでになった。その頃最も話題になった試合は、京都武徳大会で行われた、徳之島生まれの豪勇・徳三宝と、関西柔道界の麒麟児・田畑昇太郎の一戦であった。大歓声のなか、磯貝一審判の掛け声によって、いよいよこの世紀の三本勝負の火ぶたが切って落とされた。

無料立ち読み(17ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

講道館は発展の一途をたどり、入門者数も明治42年頃までには一万人を超すまでになった。その頃最も話題になった試合は、京都武徳大会で行われた、徳之島生まれの豪勇・徳三宝と、関西柔道界の麒麟児・田畑昇太郎の一戦であった。大歓声のなか、磯貝一審判の掛け声によって、いよいよこの世紀の三本勝負の火ぶたが切って落とされた。

  • 完結
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。