書籍の詳細

不動産業界で有名なライバル会社「近衛」と「華月」。その息子である近衛雅也と華月夕馬も、幼なじみなのに犬猿の仲!──のハズだけど、本当は幼いころからのキモチを素直に伝えられずにいた。そんなとき、夕馬の婚約話を知った雅也。問いつめたけれど、夕馬の「嫌い」の言葉に傷ついてしまい──!?人気作家・立野真琴が描く幼なじみBLの決定版。傑作短編も収録した待望の文庫化!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

キライ嫌いものレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 立野真琴さんといえば、花とゆめでご存知の方も多いはず! かくゆう私も彼女を知ったのは花ゆめコミックスでした。それが数年後には、なんと私の愛読誌「BE×BOY」(※レビュー「俎上の鯉は二度跳ねる」参照)でBLデビューしてるじゃありませんか…っ!!!(*≧◇≦*) あのときの感動と興奮は忘れません。BL誌から少女誌に移る作家さんを見ると哀しい気分になるのですが、その逆は「ありがとう!」という感謝と感激の気持ちでいっぱいになります。さて、記念すべき立野真琴さん初のこちらのBLですが、まさに王道!! 少女マンガを知り尽くしているだけあって、萌えツボがしっかりと抑えられていて、とにかく面白かった!(*´◇`*) 男同士のロミジュリという内容で、幼馴染・ライバル・ヤンチャ受け・切ないのに甘い~(ノ∇≦*)、と私の好みがすべて詰まった嬉しい一冊! 「嫌い=好き」の法則が発動します!(σ´□`)σ…━☆ズキュン
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年07月23日