「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯

著:城山三郎

文藝春秋

472円 (税別)

5ポイント獲得(1%)

ユーザー評価なし レビューを見る
  • カゴに追加
ユーザー評価なし レビューを見る

「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯の内容

シリーズ書籍一覧 1冊を配信中

「粗にして野だが卑ではない」 石田禮助の生涯の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

城山三郎が描く人物にはどこか共通するものがあります。正々堂々と生きる男たちです。三井物産から国鉄総裁へと転じた石田禮助は、初めての国会で代議士たちを前に「粗にして野だが卑ではないつもり」と自己紹介したそうです。能力があればノンキャリア組をどんどん抜擢した、総裁室のドアをオープンにして記者団の出入りを自由にした、などなど数々の改革を断行していきます。書名になった「粗にして野だが卑ではない」をモットーとして生涯貫いたすがすがしさが、読むものの胸に迫ってきます。(2009/7/24)
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。