書籍の詳細

『卓球』に己が人生を賭け、一度として悔いることのなかった燃える社長・水嶋!誰もが楽しめる娯楽スポーツの王道・温泉卓球。だが、時として競技の卓球と混同し、完璧な勝ち続けを狙うバカ者が現れてしまう。とある会社の新人宿泊研修で「卓球台の上には上下の区別はない」と言い放ち、部長相手に圧勝していた新入社員・門馬もそんなひとりだった。そこに現れた社長が、思い上がった門馬に卓球を通じて道を説く!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

卓球社長のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 最高にくだらない! しかし徹底的に熱い! これぞ島本和彦の真骨頂! 卓球大好きな社長があらゆる事を卓球で決めていき、その対戦の中で社長が、そして相手が人生の真理とも言うべきものを感じていく……。何言ってるかわからないでしょうがホントにそんなマンガなんです。所詮「卓球」ですよ!? いや、もちろんプロで鎬を削りながら卓球をしている人がいることはわかってますが、この作品で描かれるのはそういう人たちがしている卓球ではなくて、温泉卓球や社内行事、サークルレベルの卓球なんですよ? そんな「レクリエーションとしての卓球」でここまで熱い作品を創り上げるとは……島本和彦、恐るべしです。この作品だけはあーだこーだ説明するよりも読んでもらった方が伝わるはず。気になった方はぜひ。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年01月05日