書籍の詳細

バブルと呼ばれた1980年代、東京深奥部に乱立した高レート雀荘に、伝説の強者“傀”がいた。東風戦の捌き師・森戸と氷の男・日蔭、傀も加わった三つ巴の戦いが遂に決着!!跡目争いの麻雀勝負に傀が代打ち参戦!!三元牌の取り扱い方に喧々諤々!!片頭痛持ちの男が卓上で見たものは!?そして異才雀士・石川さんがまたまた傀と対決するハメに!?★単行本カバー下イラスト収録★

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

むこうぶち 高レート裏麻雀列伝のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ゴルゴ13系「敗者を描く漫画」
    正体不明で既にレベルMAXである主人公に倒されていく人たちを描く漫画です。
    ジャンプ系によくある潜在能力を秘めた主人公が打ちのめされつつ強くなっていくタイプではありません。
    なのでそういう成長ものが好きな人は回れ右。純粋麻雀勝負系とも少し違います。
    麻雀を通して負ける人たちやそれに関わる人たちの人生・心情を描くタイプです。
    話の長さは1話で終わるものもあれば8話使うものもあり、話の良し悪しについては少し波(多分読者の好みにマッチするかどうか)があります。
    ですが、この巻数まできても「新刊が出たら必ず買う」分類に自分は入れている良作です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年08月19日