書籍の詳細

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)の奇行を見よ!

総合評価
5.0 レビュー総数:9件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

のだめカンタービレのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • なぜ漫画では音が聞こえないんだろう
    音楽って、クラシックって、こんなに楽しそうな物なんだっけ?オーケストラによるクラシックコンサートって敷居の高い高尚な音楽という印象があったけど、指揮者って、演奏者って、こんな世界なの?練習の場面は苦難とかドタバタの連続でも、コンサート本番となると漫画中で描かれる指揮者も演奏者も実に生き生きしていて楽しそうで、体に音が響いてきそう。この二ノ宮知子さんの画力も凄い。なぜ漫画では音が聞こえないんだろう。これはアニメやドラマ、実写映画を観たくなる。登場人物たちの日常生活がダメダメ過ぎるからこそ引き締まった本番演奏会の描写が映えている。登場人物たちみんな個性的過ぎ。そんな強烈なキャラたちをまとめ上げる指揮者凄すぎ大変すぎ。千秋様は格好良いけどこれが彼氏だったら疲れそうだし、のだめも彼女にするのは大変すぎそうだが、この凸凹カップルを見ているのは面白すぎる。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月12日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    のだめと千秋の音楽への思いがすごくて思わず引きずり込まれてしまいました。二人のコミカルなやり取りも面白くて何度も笑ってしまいました。クラッシックが身近に感じられて気持ちがすごく盛り上がる作品でした。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年04月25日
  • 匿名希望
    元気が出る漫画
    ところどころにクスッと笑えるシーンが盛り込まれてて何も考えず読める作品。
    だけど読み進めてくうちに、登場人物それぞれの苦悩や葛藤、頑張る姿が描かれていて引き込まれます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月21日
  • 匿名希望
    元気の出る漫画
    二ノ宮知子さんの漫画は、マニアックな話なんだけどどんなジャンルの話でも素人でも引き込まれる話です。のだめに限っては、超有名なので今更ですが、マニアックなピアノの世界もだけど、千秋先輩とのだめの恋愛・・・・・でも、恋愛描写はあんまり得意ではないのかな?何となくギャグに逃げる傾向にある?でも、そのドロドロとしていない恋愛も、物語を邪魔していなくて素敵です。
    いや、でもあの千秋先輩を振り向かせるのだめの変態加減・・・・・凄いですけどね。
    読んだ後、笑あり、感動あり、爽快感あり・・・・・元気になれます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年04月21日
  • 匿名希望
    文句無くww
    面白い!この作者かなり作品がマニアックだがキャラもストーリーも言うことなしww
    一気に何度でも楽しめる
    • 参考になった 4
    投稿日:2014年10月22日
  • 匿名希望
    一気読みしました。
    ドラマで見て、面白かったのでコミックを買ってみました。面白かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2014年07月18日
  • のだめカンタービレ
    「Kiss」でこの作品の連載がスタートした当時、私はKiss副編集長として、デスクをしていました。デスクという仕事は、言葉や絵など表現に誤りや問題はないかなど、どちらかといえばネガティブチェックをします。ですから、作品を楽しむ視点や余裕はありません。しかし、ある回、ゲラをめくると、ウソ偽りなく、「音」が鳴り響きました。オーケストラが演奏しているシーンでした。もちろん私はクラッシックは門外漢で、曲名を聞いてもメロディは浮かびません。でも確かに、音は脳内にありました。聞こえないはずのものが聞こえる、しかも仕事として読んでいる者を圧倒させる力を持つ作品。もちろん、この作品がその後、不朽の名作となったことはご承知の通りです。テレビでもヒットしましたが、やはり、「マンガ」ならではの味わい深さを感じてほしいと思います。
    投稿日:2014年01月17日
  • これは衝撃を受けたマンガですね。今更ご紹介するまでもないと思いますが、何度も読み返せる作品で、そのたびに泣きますね。えっ?泣かないですか?音楽大学に通う主人公の野田恵(のだめ)と、同じ大学に通う超エリート音大生の千秋真一が様々な人と出会い成長していくクラシック音楽マンガなわけです。(超省略な説明ですみません)がっ!、とにかく読んだことのない方も面白いので是非読んでみてください!!「音楽」は、マンガで表現することが難しいと言われてきたテーマの一つです。しかしこれを打ち破り、音楽にあまり興味のないマンガ読みにも手を取らせたのが私は「のだめカンタービレ」だと思うのです。しかもクラシックとこれまた「世界が違うシリーズ」であまり接してこなかった人が多い中、非常に興味を持たせてくれた。音は聞こえてこないのにその感動が伝わってくる…。すごい作家だなぁと思います。この作品は音楽マンガの金字塔を打ち建てたといっても…いいでしょう!!芸術が爆発しています!もちろん急にピアノを弾こうと思っても無理でしたが、主人公の二人のキャラクターに憧れとうらやましさをきちんと持たせてもらいました。
    • 参考になった 6
    投稿日:2013年02月22日
  • 千秋先輩ラブ!とか言ってる年じゃないわけですが、老若男女わけへだてなくオススメできる歴史的名作! 「ヒロインが不潔」という前代未聞(たぶん)の設定。この作品をもって少女漫画はまた、新たな歴史を刻んだ、と言えるかもしれません。
    • 参考になった 1
    投稿日:2009年06月12日