書籍の詳細

大沢木家の小学2年生の次男・小鉄を中心に、その家族と仲間たちが千葉県浦安市を舞台に巻き起こすドタバタ不条理ギャグコミック!平和な朝食風景…と思いきや、大沢木家は一味違う!!オメーらとりあえずかーちゃんにあやまれ!

総合評価
4.0 レビュー総数:2件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

浦安鉄筋家族のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    作品評がほとんどの巻でない
    毎度や元祖と比べると初期はキャラクターやネタがハードです。
    巻末の作者の作品評がほとんどの巻でないのが残念でした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2015年05月01日
  • 浦安鉄筋家族
    今年連載20周年を迎えた「浦安」。笑わせ続けて愛されて、20年! 怪物的に元気な小学生たちの日常に、さらにその上をいく怪物的キャラクターたちが続々登場する超ハイテンション世界。そこに魅力とリアリティをタプタプに注ぐのは、「笑い」を追い求める浜岡賢次の恐るべき人間観察眼と、超絶画力です。あの子供のホッペの柔らかさと大嬌声、「アリエンがアリエル」爆笑アクションは誰も真似できない漫画の快感最高峰! 笑い過ぎて涙を拭いつつ、ああ、この作品のソバで漫画を作れて良かったと、何度も本気で思わされて来たのです。
    投稿日:2013年07月26日