平均評価(4.3 レビューを見る
モンキーターン (4)
  • 完結

運命の班別試験がついに開始する。だが、周囲の予想を裏切り、最下位班であるD班は全員絶好調のまま初日を終了する。そして、2日目。本栖生き残りをかけ、操縦試験に挑む憲二とともに走るのはライバル・洞口だった。

  • この作品の新刊を通知
    ONOFF
  • この著者の新刊を通知
    ONOFF
  • 新刊オート便(予約)
    ONOFF
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

多野憲二はちょっとそそっかしいが、負けん気の強い度胸のある17歳。幼いころからの夢であるプロ野球選手になることを断念した憲二の今の夢は、競艇選手になること…。競艇の世界を描いた珍しい作品。競艇を知らなくても楽しめます。終盤は、まさかのラブストーリー的展開へ…!
  • 参考になった 2

ユーザーのレビュー

(5.0)

投稿日:2016年12月20日

知らなかった競艇を好きにさせてくれた漫画

羽田競艇場の近くに住んでいた時期もあったのに競艇は全くしたことがなかったので、ギャンブルとしてもスポーツとしてもどのような物なのか全然知らなかったんだが、こんなにも激しく厳しい戦いの世界なのだということをこの漫画で知った。この漫画を読んだ後もギャンブルとしての競艇は全然やっていないのだが、たまに競艇チャンネルやYouTubeでの競艇名勝負集などを見るようになってしまった。
テレビで競艇を俯瞰で見ているとなかなか分からないが、競艇選手目線で見ると水の上を飛ぶように走る競艇のモーターボートの迫力をこれでもかと描いてくれている。そして、競艇に必要なペラ叩き・モーター整備・コース争い・戦略など、競艇の世界を良く取材していると思われるくらい描写が丁寧。単にレースを走っての勝ち負けだけでなく、背景にはこんなに大変な努力があるということを知って、見る目が変わった。
鋭く尖ったプロペラを使うため、転覆すると大怪我もあり得るという恐ろしい現実と、そこからの復活劇という、実際にあった例に基づいた競艇の厳しさのエピソードには衝撃を受けた。
少々恋愛要素もあるが、正直あの部分は蛇足だったんじゃないかな~。
  • 参考になった 0

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。