モンキーターン (10)

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

憲二はプロペラの打ち方で勝率を上げる「ペラ巧者」の和久井との戦いに勝ち、2度目の優勝を果たした。レース直後、憲二は和久井にお礼を述べる。憲二は和久井の戦い方から、今まで自分がいかに人に頼っていたかを教えてもらっていたかを思い知らされたからだ。

立ち読み(13ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

憲二はプロペラの打ち方で勝率を上げる「ペラ巧者」の和久井との戦いに勝ち、2度目の優勝を果たした。レース直後、憲二は和久井にお礼を述べる。憲二は和久井の戦い方から、今まで自分がいかに人に頼っていたかを教えてもらっていたかを思い知らされたからだ。

  • 完結
平均評価(4.5 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧30冊の書籍

1~30件/30件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

多野憲二はちょっとそそっかしいが、負けん気の強い度胸のある17歳。幼いころからの夢であるプロ野球選手になることを断念した憲二の今の夢は、競艇選手になること…。競艇の世界を描いた珍しい作品。競艇を知らなくても楽しめます。終盤は、まさかのラブストーリー的展開へ…!
  • 参考になった 2

ユーザーのレビュー

ギャンブルコンペを清々しくもスポーツとした作品

職場で置いていたのを読ませて貰いました。
基本的にギャンブルというのは私もそうですが潔癖な人には受け付けないモノです。
(競技場の環境や客層など・・・・(-_-;)近所にもあるからホントイヤなんです)
競馬漫画でもそう言う背景を濃く描いていたりするモノが多いですが、
この漫画はスポーツとして爽やかに描いています。
ギャンブルという要素は客層が厳しくごまかしが利かないという味付けに留め、登場するレーサーはF1やラリーのドライバーのような存在として描いています。
(しかも整備まで自分持ち)
また体育会・イヤ軍隊式にも近い縦割り構成に実力主義が絡むと言った人間関係を温かくも描いていて、
「選手生命」
と言うキーワードを貫いてます。
一方で上記したようなドロドロしたところはスッパリ割愛してるとこ、競艇という競技から地域性の偏りはありますが、レースという環境を描いた作品としては逸品です。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。