書籍の詳細

はるか昔、鬼のしかばねより少年の姿をした鬼が生まれた。彼は純血の鬼でありながら同族殺しを天命とし、名前はなく、頭にはえない角のかわりに、鬼の角から削りだした神器名剣の太刀で鬼を殺す。人はそれを鬼切丸と呼んだ――。そして、黒い学生服に身を包んだ彼は、老いることなく、相棒・鬼切丸と共に現世にうごめく鬼を捜し続ける。すべての鬼を切り殺せば、人間になれると信じて、今日もさすらう!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

鬼切丸のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • すべての鬼を切り殺せば、人間になれる──名前を持たない少年=鬼が伝説の太刀・鬼切丸を手に、世に巣食う鬼に立ち向かう! 秀麗なタッチで描かれる伝奇アクションです。ホラー部分が、おまけでなく、意外にも本気で怖かったりします。…果たして物語の結末は!?
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年11月30日
  • 「ご当地漫画家列島」企画の愛知県編その2はちょっとズルをしまして、その1で取り上げた大橋薫の双子の妹・楠桂を。姉とは違い「サンデー」系での活躍が印象深く、その中から選んだのがこの作品。鬼の屍から生まれた純血の鬼が鬼を斬れば人間になれると信じ、唯一鬼を斬ることのできる刀・鬼切丸を手に人の世にはびこる鬼を斬るまくる、ハードな伝奇アクションです。描かれた当時は小説でも漫画でも伝奇作品が流行っていたころで、骨太な作品が多い中、女性漫画家の少年誌連載作品ということで気に入って読んでいたと記憶しています。鬼に憑かれた人間の救いのない結末、人間になるため鬼が同族の鬼を斬る終わらない矛盾。これらをうまく使って哀しい人間ドラマを作る、女性ならではの目線が当時印象的でした。『八神くんの家庭の事情』をはじめ、コメディーも得意とする著者ですが、私としては伝奇的な作品のほうが好み。漫画家としての本質も絶対こっち側にある、という想いもこめてこの作品を推したいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年08月06日