書籍の詳細

天才科学者1太郎少年が、堕落した大人の世界を懲らしめる…と言いたいところですが、少年ならではの純粋な本能が暴走し、奇妙奇天烈な事態を巻き起こす、痛快至極な漫画。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

二十一世紀科学小僧のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 多作で知られる唐沢なをき。最近ではNHKとのトラブルがニュースになってしまいましたが、本当のところ、トラブルの元凶であるインタビュアーは著作をちゃんと読んだことがあるのか、今でも疑問に思います。特撮をテーマにした近作しか読んでないのでしょうね。ちょっと近いSFというテーマでも、この作品のように、ユーモアが詰まっている作品が、それこそ山のようにあるのですから。主人公は1(ピン)太郎という少年で近所でも有名な天才科学者。でも彼は相当マセてます。こんな顔してしょっぱなから「虚構と欺瞞に満ちた社會に鉄槌を」とか「若い女性を肉奴隷として調教する」などなんとも勇ましい。そんな高尚?な心意気で数々の名発明をするものの、やはりろくでもない結末に。この適度に気の抜けた感が著者の持ち味。ここがわからないようなら、そもそも唐沢を語る資格などないでしょう。そんな、オバカなお話をオールカラーでお楽しみください。
    • 参考になった 0
    投稿日:2009年12月11日