書籍の詳細

スーパーモデルのサビーナと目があった瞬間、世界的な芸術家ブライス・マカリスターはその美しさに魅了されていた。彼は、傲慢な金持ちの実業家に「いくらでも金は出す、婚約者の肖像画を描いてくれ」と押しきられ、期待もせずにサビーナに会ったのだが、なんとしても彼女を描きたい、と思いは変わった。しかし、実際に描こうとすると、美しいサビーナは怯えた瞳でブライスを避けつづけた。まるで彼にデッサンを許すことが、罪であるかのように――…。

総合評価
3.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

奪われた唇のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順