書籍の詳細

園田なるみは高校3年生。陸上部でインターハイまで出た彼女は体育大学に推薦入学が決まっていたが、自分の進路について悩んでいた。彼女は考えた末に推薦入学を辞退し予備校の冬期講習に通い始める。ところが、彼女が間違って選んでしまったコースは国公立早慶受験クラスで、もちろん授業内容はちんぷんかんぷんで…。予備校で知り合った、なるみとその仲間たちが、青春の嵐の中、傷つき、いたわり合い、成長を続けていく、青春ラブストーリー!!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

あすなろ白書のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 柴門ふみの漫画、特にこの作品はとってもイタい。いや、悪い意味ではなくて、結構身につまされるというか、心当たりがあるというか。別にこんなドラマチックな人生を歩んではいないのですけどね。じゃあなぜそう思うのだろう、と私なりに考えると…。誰しもが、どこかで見たり聞いたり、そして体験したりした恋愛観を、キャラクターが少しずつ持っていて具現化しているからなのかな、と。だから、どこかで共感できるお話になっているのだと思います。欲望に任せ暴走する若者や金にモノを言わせる権力者、聞いたことないですか。優柔不断な男やずる賢い女、周りにいませんか。この作品の主要人物である、なるみや掛居、取手の特徴的な部分は、かなりの確率で世間一般の人にあてはまりそう。恋に一途になり、裏切りに傷つき成長し、別れと出会いがあって、また絆が深まる。そんな、人の分かりやすい行動を描写するのが、この漫画はめちゃくちゃうまいというのが結
    論。しかし、漫画とはいえ、人の恋愛を覗きみるのは楽しいな~、なんて事を思っちゃう自分も相当イタいな。
    • 参考になった 0
    投稿日:2010年03月05日