書籍の詳細

城京高校の暴れ者・真島。友人のアツシが事故で死んだために、バイクをやめていたのだが、アツシのバイクを直して暴走族に戻った。連合集会で、たった9人のチーム「影暴師」と知り合い、集会に出てやることに。初めは根性なしのチームだと思ったのだが、幹部が連合を守るために、囮になって警察に捕まった諸事情がわかってきた。真島は「影暴師」の3代目頭を引き受け、チームを強化していく…。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

族根のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 映画『ROOKES』や『クローズZERO』がヒットしたり、独自の文化に着目した書籍が発売されたりと、最近話題の“不良・ヤンキー”。しかし最近のそうした作品に出てくる不良は、やけにオシャレでスタイリッシュ。どうにも違和感がある方も多いのでは? そこでこの作品。70年代を舞台に暴走族を描いており、なんともノスタルジック!! 長ランにボンタン、カバンには“ケンカ上等”赤テープ、もちろんみんなリーゼント!! 内容は絆や根性を前面に出した王道のヤンキーマンガで、この時代に中学~高校生だった人にとっては懐かしい空気を感じさせてくれるものであり、かつ現代の“ヤンキー文化”のルーツを見ることができる作品です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2009年08月25日