【完結済み】F(エフ) 1巻

六田登

小学館

ジャンル:青年マンガ

500円 (税別)

5ポイント獲得(1%)
250ポイント獲得(50%)

eBookJapan発売日:2008年03月21日

  • ポイントUP
  • セットポイントUP
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る
  • ポイントUP
  • セットポイントUP
  • 完結
ユーザー評価なし レビューを見る

F(エフ) 1巻の内容

シリーズ書籍一覧 28冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

F(エフ) 1巻の詳細

書店員のレビュー

一覧を見る

ことしは、ミハエル・シューマッハーがサーキットに復帰! ホンダに続きトヨタも撤退と暗い話題の多かったF1に、華のあるドライバーが帰ってくる、ということだけで開幕が待ち遠しい限り。そのわくわく感を増強するために久しぶりにこの作品を読み返して見ました。連載時はF1ブーム真っ盛りのころで、表紙を眺めていても懐かしい。ジャッドエンジンにキャメルイエローのロータスなど、当時のF1の印象的な写真が1巻から散りばめられています。にもかかわらず、本編ではF1のくだりが核ではないんですよね。求道的ストーリーだと最終的には頂点を目指す、となるはず。確かに主人公の赤木軍馬は「何人たりとも俺の前は走らせねェ!」と言ってます。しかしその究極のスピードの先に見ているものは…若者ならではの試練。乗り越えていかなければならない壁。そんなことを訴えかけられます。F1ブームを思い出そうとしたら、以外にも約20年のときの流れを感じ、受け取り方も逆になった気がします。。ラストシーンも40歳をすぎた身には少々切ないなあ。。。
  • 参考になった 1

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。