うしおととら (26)

400円 (税別)

獲得ポイント 通常4pt(1%還元) → 120pt(30%還元)

突如、うしおたちの前に現れた、三体のとらによく似た妖、字伏。さらにひょうが追い続けていた仇、黒いとら“紅煉”が出現。ヤツらはとらの仲間なのか?ひょうが告げる衝撃の事実とは!?

無料立ち読み(13ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

突如、うしおたちの前に現れた、三体のとらによく似た妖、字伏。さらにひょうが追い続けていた仇、黒いとら“紅煉”が出現。ヤツらはとらの仲間なのか?ひょうが告げる衝撃の事実とは!?

  • ポイントUP
  • セットポイントUP
  • 完結
平均評価(4.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧33冊の書籍

1~33件/33件 を表示

  • 1
  • 1

書店員のレビュー

気さくにつきあえる友人。その存在は、慣れとともに、あって当然のもののように感じてしまいがちであるが、実際は、想像以上に有難いことだ。自分が窮地に立たされた時に、はじめてその大切さに気付くということも少なくない。生きていくうえでもっとも辛いことは、誰にも必要とされなくなることである。そんな状況になれば、人は生きる意味や目的を見失ってしまう。物語の後半、主人公の少年・潮の力を怖れた宿敵・白面は、日本中の人々から彼の記憶を消し去ってしまった。すべての人間に忘れられ孤立する潮。「しけた面(ツラ)してんなア…。うしお。」気力を失いかけた彼を救ったのは、たったひとりの相棒・とらの声だった。誰ひとり自分のことを覚えてはいない。それでも人々を守るため決死の戦いに挑まなくてはならない。独りからふたりになった彼らは、互いの存在から己の使命を果たすための力を得たのだ。
  • 参考になった 4

ユーザーのレビュー

匿名希望

(1.0)

投稿日:2017年01月03日

トリミング

作品の評価以前に、トリミングがひどすぎて書き文字がなんだかわからないことになってたり、構図が台無しになっているところが多すぎる。
  • 参考になった 2

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。