書籍の詳細

桜の季節、厳格な祖父とふたり暮らしの梅宮姫子が明星学園に転校してきた。姫子は持ち前の明るさと行動力で、たちまちクラスの人気者になる。おなじみの仲間とともに、姫子の縦横無尽の大活躍が始まる!臨海学校で海に遊びにきていた姫子は、そこで若くて素敵な女性と出会う。ひょんなことから仲良くなった二人だったが、その女性は姫子が幼いときに別れた母親で……!?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

うわさの姫子のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • この作品と出会ったのは小学校の低学年でした。友人のお姉さんが単行本を持っていて、読ませてもらったのを懐かしく思い出します。小学館の「学年誌」で連載されていた本作、キラキラの大きな瞳、乙女髪型にドレスで登校する姫子に憧れたものでした。今読んでも面白い! 長い間絶版に近い状態だったこの作品は、オンデマンドと電子書籍という形で、復刻されました。書店では入手困難な作品や、なかなか全巻は揃っていないような懐かしい長編作品が、いつでも気軽に楽しめるところは、電子書籍の良いところです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2010年04月30日