書籍の詳細

愛らしく、ひょうきんなボタンインコ夫婦の生活を、独自の視点でつぶさに観察し、絶妙なテンポとタッチで描いた鳥マンガの最高傑作!笑いと癒しの鳥エッセイ漫画!

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

紅丸ぼたんのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 犬飼ってるよー猫飼ってるよーという人は多いですが、鳥飼ってるよーという人が少ないように、漫画界でも市場がないためか鳥モノはほとんど出てこないみたいですw 今週はそんな貴重な一冊に手を出してみました! 紅丸…(;´Д`)ハァハァ ぼたん…(;´Д`)ハァハァ かわいいなあw しゃべるのに一生懸命になると顔が膨らんできてなぜか体は反対に細くなってく様子などなど、思わずニヤリとしてしまうポイントが満載です。自宅で鳥(文鳥)を飼ってる友人から聞いたところでは、なんと「ほぼ放し飼い状態」だそうです。え~部屋で放し飼いってどんだけファンタジーなのよ?って最初は想像がつきませんでしたが、とある専門誌がありまして、誌面で飼い主のところにパタパタやってきて肩にちょこんと乗っかっている写真をみて、わぁ(゚∀゚)と納得し、それから鳥を飼いたいと企みはじめています…。ちょっと前まで、鳥は観るもの/触れてはいけないもの、という認識が前提にあったので、コンパニオンバードの世界は別次元の存在で、近いようでいてまったく視界に入りませんでした。身近にこんなかわいいものがいたのか……! インコがどれだけ愛らしいいきものなのか、この一冊がゆるりと、しかし熱く伝えてくれます。(2012/2/7)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年02月07日