トップ > 屋根の上のマンガ読み
屋根の上のマンガ読み
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の上のマンガ読み


 自分の物書きとしての土台は、あだち充さんと高橋留美子さんです。『タッチ』と『めぞん一刻』には、どんな小説や映画よりも影響を受けていると思いますね。
 朝ドラの『ちゅらさん』に出てくる一風館というアパートは確実に『めぞん一刻』の一刻館からいただいているし、ヒロインが出会う兄弟の名前は和也と文也。これは『タッチ』からですね。あだちさんの映画的な絵とか、オフな笑い、間の笑いにはかなり影響受けていますし、あの男ふたり女ひとりの三角関係も強く残ってるし。あと『めぞん一刻』における、家族でないものが狭い空間に集まって他人と共生していく感じが好きで。その2作品が自分のなかでは大きい気がしますね。


『うきわ』©野村宗弘/小学館
 最近の作品では、野村宗弘さんの『満月エンドロール』『うきわ』が素晴らしいなと思ってます。『満月エンドロール』は人が死ぬ直前の走馬灯の中の話なんですけど、独特な切なさがあって、いちばん映像化してみたい作品だと思ってます。『うきわ』は「浮気」っていう言葉とかけてると思うんですけど、社宅の隣同士に住んでいる、それぞれ相方に浮気されているであろう男女がだんだん近づいていくという話なんですけど、ベランダにあるべらべらの仕切り越しに会話をするシーンがすごいなと思って、続きを心待ちにしてる状態です。
 それと小坂俊史さんのモノローグシリーズ。中央線サブカル的な人が、いったん遠野に行って、戻ってくるという三部作になっているのですが、全部気が利いていて素晴らしい。『中央モノローグ線』は、沿線に住んでる人の話が各駅それぞれ出てるんですけど、「あるある感」があって面白い。自分が中央線三鷹育ちなもんですから。
 山川直人さんの版画みたいな絵も好きなんですよね。ガロ的というか、でも難解なわけでもなく、基本けっこう小さい話が多いんですけど。昭和SFというか。昔、薄暗いジャズ喫茶なんかによく置いてあったなーっていう。なんか喫茶店とマンガって昔から同じゾーンのカルチャーだった感じがあって、そこを頑固に続けられてるところが好きですね。『口笛小曲集』もいいのですが、『コーヒーもう一杯』がおすすめです。

 映像をつくるとき、「マンガ原作」っていうのは若干低く見られるんですけど、「小説原作」と何が違うんだろうっていうのが正直なところですね。むしろ脚本家としては、マンガ原作のほうが実はやりにくい。マンガにはすでにビジュアルがあるから、当然みなさんがイメージを持っていて難しいんです。カット割りみたいに描く漫画家さんもいますからね。
 マンガ作品を映像化する場合、意識するのはセリフです。セリフって基本「キャラクター」から出てくるから、その登場人物のキャラクター性と同化できたらセリフは書ける。この人ならこう言うだろうなと。だから僕が、マンガの世界観とキャラクターに愛情を持って同化できたら、たとえ話が変わっててもその人なりのセリフが書けるんじゃないかなと思ってます。マンガの世界を利用して自分のやりたいことやってやろうみたいな空気はあんまり好きじゃないし、やはりそこには愛情がないと、マンガを作られた方に対して失礼だなっていう想いもありますね。
ポイント10倍(セットは20倍)にて販売中!!(1/13〜1/26)
めぞん一刻 新装版
詳細
満月エンドロール
詳細
うきわ
詳細
コーヒーもう一杯
詳細
中央モノローグ線
詳細
こんな作品もおすすめしていました! 追加でポイント10倍!!
坂道のアポロン
詳細




岡田惠和(おかだよしかず)
1959年生まれ、脚本家。連続テレビ小説「ちゅらさん」「おひさま」、連続ドラマ「南くんの恋人」「最後から二番目の恋」「泣くな、はらちゃん」などで知られる。1月12日より、自身初戯曲となる「スタンド・バイ・ユー 〜家庭内再婚〜」が公演。



バックナンバー
>> 第66回 岡田惠和『うきわ』ほか  (1/13)

>> 第65回 吉松徹郎『め組の大吾』ほか  (12/12)

>> 第64回 ラサール石井『チェイサー』ほか  (11/25)

>> 第63回 武田双雲『伝染るんです。』ほか  (11/11)

>> 第62回 高島宏平『サンクチュアリ』ほか  (10/28)

>> 第61回 宮沢章夫『リバーズ・エッジ』ほか  (10/10)

>> 第60回 野田秀樹『半神』ほか  (9/26)

>> 第59回 渡辺いっけい『がんばれ元気』ほか  (9/12)

>> 第58回 宮田和弥『俺の空』ほか  (8/26)

>> 第57回 オクイシュージ『かむろば村へ』ほか  (8/12)

>> 第56回 宮崎哲弥『ラッキー Are you LUCKY?』ほか  (7/25)

>> 第55回 加藤登紀子『はだしのゲン』ほか  (7/11)

>> 第54回 赤江珠緒『銀のロマンティック…わはは』ほか  (6/27)

>> 第53回 望月理恵『寄生獣』ほか  (6/10)

>> 第52回 泉谷しげる『サラリーマン拝!』ほか  (5/27)

>> 第51回 細野晴臣『アイアムアヒーロー』ほか  (5/13)

>> 第50回 堀江貴文『ルサンチマン』ほか  (4/25)

>> 第49回 片桐仁『伝染るんです。』ほか  (4/11)

>> 第48回 藤井秀悟『キングダム』ほか  (3/25)

>> 第47回 杉井ギサブロー『タッチ』ほか  (3/11)

>> 第46回 里崎智也『名門!第三野球部』ほか  (2/25)

>> 第45回 清水ミチコ『潔く柔く』ほか  (2/12)

>> 第44回 辻真先『魍魎の揺りかご』ほか  (1/28)

>> 第43回 中田敦彦『ママはテンパリスト』ほか  (1/10)

>> 第42回 秋山具義『よつばと!』ほか  (12/27)

>> 第41回 吉木りさ『愛すべき娘たち』ほか  (12/10)

ビッグコミック作品
売上ランキング
1位

ゴルゴ13

さいとう・たかを
4位

総務部総務課 山口六平太

作:林律雄 画:高井研一郎
5位

Sエスー最後の警官ー

画:藤堂裕 作:小森陽一


各雑誌ジャンルへ
取材・構成:根本和佳 撮影:松原康之
 
 


本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから