トップ > 屋根の上のマンガ読み
屋根の上のマンガ読み
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の上のマンガ読み


  小学生のころから、とにかく手塚さんに関する雑誌はすべて買っていました。マンガはもちろん、いちばん楽しみだったのは加入していた『鉄腕アトムクラブ』の会報の、手塚先生のエッセイ。シールやワッペンも集めましたね。何かの名簿や表札に「手塚」って名前があるだけでドキドキするような感覚があって、神様みたいに思ってたんです。貸本屋で借りて何度も読んだのは『ロック冒険記』『0マン』ですね。今では全集を大人買いして、リビングにドーンと揃えてあります。
『チェイサー』©コージィ城倉/小学館
 ビッグコミックスペリオールで連載中の、手塚さんを追跡する漫画家が主人公の『チェイサー』が面白いですね。気持ちがとってもわかる。僕の子供のころのことを描いていて、そのリアリティが懐かしい。たしかに僕ら子供の目から見ても、手塚さんはなんでこんなにお話がいっぱい作れるのかって、思ってましたから。 アニメを作りながらマンガのペン入れもちゃんとしていたっていう、エネルギーがすごいですね。しかも教養があるし。資料を読んでインプットする時間も入れたら、これはとんでもないことだなと思って。だから自分がちょっとくらい寝てなくても、「そんなの手塚さんに比べれば…」みたいに思えるんですよね。知れば知るほど追いつけない。それも『チェイサー』の面白いところです。


 子供のころからの癖で、いまだにメシを食うときマンガを読まないといられないんですよ。学校の帰りに、たこ焼き屋さんに寄ってたんですね。そこには必ずサンデーやマガジンやキングがあって、それ読みながら食べてたんで、条件反射でマンガを読むと何かを食べたくなる。だから逆に、ダイエットしてるときはマンガの量が減るんですよ(笑)。雑誌が手元にないときは電子書籍で読んでますし。
 なかでも、食べ物マンガを読みながらメシを食うのがいちばん。ひとりで定食屋さんに入って、お盆の端にページを挟んで読んだり、お寿司屋さんではカウンターの下にマンガを隠して読んだり。ときどき自宅の食卓でも、嫁に「マンガ読んでいい?」なんて聞いて、ふたりで読んでることがあります(笑)。おすすめは『蒼太の包丁』ですかね。料理バトルものはやっぱり面白いんですけど、『蒼太の包丁』はまったくそういう場面がないのにすごくいいんです。それから『きのう何食べた?』(※1)は今まで読んでなかったんですが、ふと買ってみたら面白くて、嫁も気に入って。BLの要素もソフトに表現されていて、予想以上に楽しめました。
 影響を受けたといえば『がきデカ』ですね。ギャグの形を完全に変えてしまった。当時は大学生だったんですけど、喜劇が好きで、劇団でずっとコメディーやってました。すぐに『がきデカ』のギャグを取り入れて、舞台上で「死刑!!」ってやったら誰も笑わない(笑)。誰も知らなかった。早すぎたんですね。中川いさみさんにも笑いの影響を受けましたね。「この人、俺らがやってる演劇とかコントにすごく近い」って感じました。

 手塚さんの作品は『鉄腕アトム』でさえむなしい感じのラストシーンがすごく多いんですよ、ハッピーエンドよりも。物語には苦い終わり方もあって、そのほうがよかったりするんだっていうことを子供のころに教わりました。当時の自分には画期的でしたね。
 お台場とかの景色って、手塚さんが描いてた未来都市みたいなんですよ。いまだに長いエスカレーターを上るとき、高速道路がビルの中に入っていくのを見るとき、手塚マンガの中にいるみたいだって思います。それは手塚さんが予見してたんじゃなくて、手塚さんの描いたものに建築家が少なからず影響されてしまっているんじゃないかと。手塚マンガはほとんどの人に影響を与えてると思いますね。
ポイント10倍(セットは20倍)にて販売中!!(11/25〜12/11)
0マン
詳細
チェイサー
詳細
蒼太の包丁 銀座・板前修業日記
詳細
がきデカTHE BEST
詳細
こんな作品もおすすめしていました! 追加でポイント10倍!!
めしばな刑事タチバナ
詳細
将太の寿司
詳細
クマのプー太郎
詳細
火の鳥
詳細
(※1)『きのう何食べた?』 よしながふみ (モーニングKC1〜9集/講談社)




ラサール石井(らさーるいしい)
1955年生まれ、タレント・俳優・演出家。「コント赤信号」でブレイクしたのち、数々のバラエティ番組出演のほか、舞台でも精力的に活動を続ける。演出・出演する舞台「吉良ですが、なにか?」が東京・本多劇場にて上演中。

■次回予告:第65回 吉松徹郎(実業家)
マンガの話をする、人にマンガを贈るときの気持ちは
ワインを好きな人の感覚と似ているというアイスタイル吉松社長。
『め組の大吾』『MOONLIGHT MILE』など!
12/12(金)更新予定


バックナンバー
>> 第66回 岡田惠和『うきわ』ほか  (1/13)

>> 第65回 吉松徹郎『め組の大吾』ほか  (12/12)

>> 第64回 ラサール石井『チェイサー』ほか  (11/25)

>> 第63回 武田双雲『伝染るんです。』ほか  (11/11)

>> 第62回 高島宏平『サンクチュアリ』ほか  (10/28)

>> 第61回 宮沢章夫『リバーズ・エッジ』ほか  (10/10)

>> 第60回 野田秀樹『半神』ほか  (9/26)

>> 第59回 渡辺いっけい『がんばれ元気』ほか  (9/12)

>> 第58回 宮田和弥『俺の空』ほか  (8/26)

>> 第57回 オクイシュージ『かむろば村へ』ほか  (8/12)

>> 第56回 宮崎哲弥『ラッキー Are you LUCKY?』ほか  (7/25)

>> 第55回 加藤登紀子『はだしのゲン』ほか  (7/11)

>> 第54回 赤江珠緒『銀のロマンティック…わはは』ほか  (6/27)

>> 第53回 望月理恵『寄生獣』ほか  (6/10)

>> 第52回 泉谷しげる『サラリーマン拝!』ほか  (5/27)

>> 第51回 細野晴臣『アイアムアヒーロー』ほか  (5/13)

>> 第50回 堀江貴文『ルサンチマン』ほか  (4/25)

>> 第49回 片桐仁『伝染るんです。』ほか  (4/11)

>> 第48回 藤井秀悟『キングダム』ほか  (3/25)

>> 第47回 杉井ギサブロー『タッチ』ほか  (3/11)

>> 第46回 里崎智也『名門!第三野球部』ほか  (2/25)

>> 第45回 清水ミチコ『潔く柔く』ほか  (2/12)

>> 第44回 辻真先『魍魎の揺りかご』ほか  (1/28)

>> 第43回 中田敦彦『ママはテンパリスト』ほか  (1/10)

>> 第42回 秋山具義『よつばと!』ほか  (12/27)

>> 第41回 吉木りさ『愛すべき娘たち』ほか  (12/10)

ビッグコミック作品
売上ランキング
1位

ゴルゴ13

さいとう・たかを
4位

総務部総務課 山口六平太

作:林律雄 画:高井研一郎
5位

Sエスー最後の警官ー

画:藤堂裕 作:小森陽一


各雑誌ジャンルへ
取材・構成:根本和佳 撮影:松原康之
 
 


本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから