トップ > 屋根の上のマンガ読み
屋根の上のマンガ読み
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の上のマンガ読み


 子供のころ、マンガのセリフを朗読してカセットに録ってたんです。ラジオが大好きだったので真似をして。今はラジオパーソナリティになれたので、子供のころからの夢をかなえたように見えますけど、実はマンガの仕事や声優さんに憧れていたんです。
 私にとって、全マンガのなかのトップが『寄生獣』です。マンガのことを改まってお話しするのは初めてなんですけど、このインタビューが決まったとき、『寄生獣』を最初から読み直そうと思った瞬間がとても幸せでした(笑)。
 『寄生獣』はSFというより、すごくリアルなお話だと感じています。人間とは何かっていう観点で、今の私たちが気づかなきゃいけないことが描かれてる気がして。寄生生物のミギーは本をいっぱい読むんですけど、「僕は別に受験のために勉強してるわけじゃない、生きる知識を得るためなんだ」って言うんです。何かのためにじゃなくて、生きるためなんだっていうところで、たくさんの気づきがあって。ラストもすごく印象的です。「寄り添う生き物」という落としどころがもうパーフェクトだなぁと。『寄生獣』には、命の尊さがギュッと詰まってると思ってます。
『寄生獣』© 岩明均/講談社
 お寺に嫁いでから、さらに『寄生獣』や『ブッダ』がより心のバイブルになってきたような気もします。『ブッダ』も仏教のことをちょっと学んでから読むと、「お経って、死んだ人に捧げる歌のようなものじゃなくて、生きてる人に必要なことが書かれているんだな」って実感できるんです。それをわかりやすく説明してくれていて。私は、「何のために生きてるんだろう」ってちょっと悩むタイプなので、『寄生獣』と『ブッダ』は何回読んでも気づきがあります。


 今いちばん共感できるのは、会社に勤めていてがんばっている女性の恋愛です。『いつかティファニーで朝食を』(※1)がすごく好きなんですけど、やっぱり働いてる、がんばってるがベースにあって、そこにちょっとラブがあるという。食べ物が主体の話ですが、食べる姿が生き生きしていて、ちょっとほろっとさせるんです。『にがくてあまい』も、たくさん働いててやさぐれていた主人公に、オーガニックな野菜男子が現れて、それに救われるというような話です。私は食べ物も料理も好きなので、どちらも何か作ろうとか、どこかへ食べに行こうって、動かされるマンガでもありますね。
 要素のバランスは、『のだめカンタービレ』が私の黄金比です。クラシック音楽の要素もありつつ、ギャグな部分もありつつ、ちょっと恋愛もある。でも、がんばってる「のだめ」がメイン。周りの人が彼女をほめるシーンがあると、同じように思っている自分がうれしくなるんです。セリフを覚えるくらい読んでます。

 『寄生獣』とかもそうなんですけど、私のマンガの読み方として、どこか自分が思っていることを肯定してほしい、共感を求める感覚ってあるんじゃないかなと思います。何十回も読んで、もう内容もわかってるし、読んだら自分がこんな感情になるっていうのがわかってるんですけど、なりたかった感情になれる安心感を求めてる。きゅんとするところもそうです。「この感覚が欲しかった!!」とか、こういうの好きだったよなーなんて思い出したくて。だから何度でも繰り返し読むんですね。

ポイント10倍(セットは20倍)にて販売中!!(6/10〜6/26)
寄生獣
詳細
寄生獣 フルカラー版
詳細
ブッダ
詳細
にがくてあまい
詳細
のだめカンタービレ
詳細
こんな作品もおすすめしていました! 追加でポイント10倍!!
サンクチュアリ
詳細
詳細
Heaven?〔新装版〕
詳細
テルマエ・ロマエ
詳細
サムライカアサン
詳細
(※1)『いつかティファニーで朝食を』マキヒロチ(バンチコミックス1〜5集/新潮社)




望月理恵(もちづきりえ)
1972年生まれ、フリーアナウンサー。日本テレビ「ズームイン!!サタデー」のMC、TOKYO FM「NOEVIR Color of Life」パーソナリティなどを務めている。フードコーディネーターの資格を持つ料理上手としても知られる。

■次回予告:第54回 赤江珠緒(アナウンサー)
ラジオパーソナリティとしてコメントするときの
指針になっているというマンガたち。
人と人との距離感が絶妙な、川原泉作品を中心に語る!!
6/27(金)更新予定


バックナンバー
>> 第66回 岡田惠和『うきわ』ほか  (1/13)

>> 第65回 吉松徹郎『め組の大吾』ほか  (12/12)

>> 第64回 ラサール石井『チェイサー』ほか  (11/25)

>> 第63回 武田双雲『伝染るんです。』ほか  (11/11)

>> 第62回 高島宏平『サンクチュアリ』ほか  (10/28)

>> 第61回 宮沢章夫『リバーズ・エッジ』ほか  (10/10)

>> 第60回 野田秀樹『半神』ほか  (9/26)

>> 第59回 渡辺いっけい『がんばれ元気』ほか  (9/12)

>> 第58回 宮田和弥『俺の空』ほか  (8/26)

>> 第57回 オクイシュージ『かむろば村へ』ほか  (8/12)

>> 第56回 宮崎哲弥『ラッキー Are you LUCKY?』ほか  (7/25)

>> 第55回 加藤登紀子『はだしのゲン』ほか  (7/11)

>> 第54回 赤江珠緒『銀のロマンティック…わはは』ほか  (6/27)

>> 第53回 望月理恵『寄生獣』ほか  (6/10)

>> 第52回 泉谷しげる『サラリーマン拝!』ほか  (5/27)

>> 第51回 細野晴臣『アイアムアヒーロー』ほか  (5/13)

>> 第50回 堀江貴文『ルサンチマン』ほか  (4/25)

>> 第49回 片桐仁『伝染るんです。』ほか  (4/11)

>> 第48回 藤井秀悟『キングダム』ほか  (3/25)

>> 第47回 杉井ギサブロー『タッチ』ほか  (3/11)

>> 第46回 里崎智也『名門!第三野球部』ほか  (2/25)

>> 第45回 清水ミチコ『潔く柔く』ほか  (2/12)

>> 第44回 辻真先『魍魎の揺りかご』ほか  (1/28)

>> 第43回 中田敦彦『ママはテンパリスト』ほか  (1/10)

>> 第42回 秋山具義『よつばと!』ほか  (12/27)

>> 第41回 吉木りさ『愛すべき娘たち』ほか  (12/10)

ビッグコミック作品
売上ランキング
1位

ゴルゴ13

さいとう・たかを
4位

総務部総務課 山口六平太

作:林律雄 画:高井研一郎
5位

Sエスー最後の警官ー

画:藤堂裕 作:小森陽一


各雑誌ジャンルへ
取材・構成:根本和佳(DAN) 撮影:松原康之
 
 


本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから