トップ > 屋根の上のマンガ読み
屋根の上のマンガ読み
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根の上のマンガ読み


©あだち充/小学館
 僕は10年ぐらいアニメの仕事を抜けていた時期があるんですけど、戻ったきっかけは、あだち充さんのマンガなんです。たまたま旅しているときに読んで衝撃を受けたんですが、何が衝撃的だったかっていうと、言葉が少ないのに、なんでこんなに内面が伝わってくるんだっていうところです。あだちマンガは、登場人物たちの内面をセリフで読者に伝えるのではなくて、想像させるというスタイルですよね。たとえば達也が「南!」と呼びかけて、「なに?」と南が振り向く。達也は「なんでもない」としか言わないんだけど、そのとき達也が何を言いたかったか、読者にわかるのがすごいじゃないですか。
 僕は作家が持ってる作風、どこに作品を支えている美学があるのかということを徹底的に分析していくほうなんです。あだちさんの『ナイン』や『タッチ』(※1)をやらせてもらったときもそうでした。アニメーションというのは、情感を伝えるのがいちばん難しいんです。 アクションはいくらでも描けるし演出できるけど、人の内面を表現するっていうのは不得意な部分で。当時、アニメーションでそこを表現できれば、もう少し いろいろな作品ができるんじゃないかと考えていたんです。ちょうどそこにあだ ちマンガと出会って、チャレンジさせてもらったし勉強になりましたね。
 実は僕は『タッチ』と平行して『銀河鉄道の夜』という作品を作っているんですけど、宮沢賢治という作家も、ジョバンニやカムパネルラが何を考えていたかということをいっさい書かない作家なんです。だから、もしあだちさんの手法を表現できたなら、宮沢賢治も表現できるかもしれないという挑戦をしたんです。引き金はやっぱりあだちマンガなんですよ。


 マンガをアニメーション化する時は、作品が持っている骨格の、どこをポイントに映像にしたらいいかを考えます。マンガだと思うと無理にコミカルにしがちだけど、それよりドラマをしっかり作ったほうがいい。冬目景さんの『羊のうた』(※2)なんかでも、それを意識してました。
 『陽だまりの樹』は、やっぱり原作の目線がいいですよね。幕末を、町医者と下級武士で描くという組み合わせが絶妙。政治の大事な部分は、町医者のいる巷までは流れてこないですよね。下級武士も一緒で、大きい動きは見えないんだけれど、命令だけは下りてくる。そういう政変に巻き込まれた側から幕末を描こうという意図があったんだと思うんです。
 井上雄彦さんの『バガボンド』(※3)なんかは、できるなら映像化してみたいよね、あの空気感を。なんというのかな、時間が想念だという哲学を井上さんが持ってるんだと思うんだよね。そのへんは挑戦してみたい題材だなと思います。ただ、あれは普通にアニメ化したらつまんなくなっちゃうと思うんですよね。それこそあだちさんの話と同じになるけど、登場人物たちの言葉として言わない思いだとか、時間との付き合いだとか。

 なんてったって僕らの世代は手塚先生『新宝島』(※4)ですよね、新宝島ショック。これは面白さが違うと感じましたね。僕は当時7歳だったんですけど、平積みしてある風景や紙質まで覚えてますから。手塚マンガって、それまでのマンガと違って、全体の構成やドラマの立て方がすごく映画のシナリオっぽい。子供なりに別な意識で読んでましたね。
 そういう意味では僕のベースは手塚マンガですけど、あだち充さんのマンガはやっぱり大きいなあ。自分の映画、アニメーション技法を変えた人ですよね。『ナイン』『タッチ』と映像化したことで、あだちさんという作家が持ってるひとつのドラマ構成の仕方・伝達の仕方というものが、僕のアニメーションの考え方にものすごく影響を与えてますから。あだちマンガに出会ってなかったら僕はアニメに戻ってないかもしれないし、『銀河鉄道の夜』とか『あらしのよるに』といった作品も、違う発想になっていたでしょうね。

ポイント10倍(全巻セットは20倍)にて販売中!!(3/11〜3/24)
陽だまりの樹
詳細
新宝島
詳細
こんな作品もおすすめしていました! 追加でポイント10倍!!
ジャングル大帝
詳細
ライオンブックス
詳細
罪と罰
詳細

(※1)『タッチ 完全復刻版』あだち充(少年サンデーコミックス全26巻/小学館)
(※2)『羊のうた』冬目景(幻冬舎コミックス漫画文庫全4巻/幻冬舎)
(※3)『バガボンド』井上雄彦(モーニングKC1〜36集/講談社)
(※4)『新宝島』手塚治虫(手塚治虫文庫全集全1巻/講談社)
※同レーベルに『新寶島 オリジナル版』もあり。




杉井ギサブロー(すぎいぎさぶろー)
1940年生まれ、アニメーション監督。アニメーター、虫プロ創立を経て、多数の作品を手がける。主な監督作品に『ナイン』『タッチ』『銀河鉄道の夜』『あらしのよるに』など。2010年に文化庁映画功労賞受賞。

■次回予告:第48回 藤井秀悟(プロ野球選手)
漫画家やマンガ関係者に憧れているという藤井選手。
『名探偵コナン』好きとして知られているけど、
もっといろんな作品を語りたいんです!!
3/25(火)更新予定


バックナンバー
>> 第66回 岡田惠和『うきわ』ほか  (1/13)

>> 第65回 吉松徹郎『め組の大吾』ほか  (12/12)

>> 第64回 ラサール石井『チェイサー』ほか  (11/25)

>> 第63回 武田双雲『伝染るんです。』ほか  (11/11)

>> 第62回 高島宏平『サンクチュアリ』ほか  (10/28)

>> 第61回 宮沢章夫『リバーズ・エッジ』ほか  (10/10)

>> 第60回 野田秀樹『半神』ほか  (9/26)

>> 第59回 渡辺いっけい『がんばれ元気』ほか  (9/12)

>> 第58回 宮田和弥『俺の空』ほか  (8/26)

>> 第57回 オクイシュージ『かむろば村へ』ほか  (8/12)

>> 第56回 宮崎哲弥『ラッキー Are you LUCKY?』ほか  (7/25)

>> 第55回 加藤登紀子『はだしのゲン』ほか  (7/11)

>> 第54回 赤江珠緒『銀のロマンティック…わはは』ほか  (6/27)

>> 第53回 望月理恵『寄生獣』ほか  (6/10)

>> 第52回 泉谷しげる『サラリーマン拝!』ほか  (5/27)

>> 第51回 細野晴臣『アイアムアヒーロー』ほか  (5/13)

>> 第50回 堀江貴文『ルサンチマン』ほか  (4/25)

>> 第49回 片桐仁『伝染るんです。』ほか  (4/11)

>> 第48回 藤井秀悟『キングダム』ほか  (3/25)

>> 第47回 杉井ギサブロー『タッチ』ほか  (3/11)

>> 第46回 里崎智也『名門!第三野球部』ほか  (2/25)

>> 第45回 清水ミチコ『潔く柔く』ほか  (2/12)

>> 第44回 辻真先『魍魎の揺りかご』ほか  (1/28)

>> 第43回 中田敦彦『ママはテンパリスト』ほか  (1/10)

>> 第42回 秋山具義『よつばと!』ほか  (12/27)

>> 第41回 吉木りさ『愛すべき娘たち』ほか  (12/10)

ビッグコミック作品
売上ランキング
1位

ゴルゴ13

さいとう・たかを
4位

総務部総務課 山口六平太

作:林律雄 画:高井研一郎
5位

Sエスー最後の警官ー

画:藤堂裕 作:小森陽一


各雑誌ジャンルへ
取材・構成:根本和佳(DAN) 撮影:松原康之