トップ > 屋根の上のマンガ読み
屋根の上のマンガ読み

屋根の上のマンガ読み


 小学生の時は少女マンガ雑誌を買っていたんですが、「もっとマンガ読みたいな」と思った時に、家にあったので読み始めたのがビッグコミックオリジナルなんです(笑)。両親がいつも買ってきていて……それ以来、ずっと読んでますよ。
 その時好きになったのが『三丁目の夕日』でした。キャラクターのかわいさに惹かれたんだと思います。当時はわからなかった部分もあるけど、大人になってから読み返してみるとまた奥深さが伝わってきますね。いわゆる日本的な暮らしというか、人と人とのつながりがあって、「そんなにお金はないけれども幸せ」という気持ち。体験してないのにノスタルジーを感じるみたいな、不思議な感覚です。日本っていい国だなって思える、私の親世代とかおばあちゃん世代のルーツはここにあるんだなって。昭和30年代の東京タワーと現代のスカイツリー、同じように高いタワーが建つ時代なのに、こんなにも違うのかとも思います。『三丁目の夕日』は三度も映画化されていて、私の同世代の人たちにも認知されてますけど、「この世界を、もう一回マンガで体験してみて」って言いたいですね。



©村上もとか/小学館
 村上もとかさんの『龍-RON-』は、ヒロインの女優さんがきれいで、憧れていました。スタッフの方々がたくさんいて、機材がいっぱいあって“キャメラ”が回っている、という世界に自分がいるのを思い描いてました。ヒロインは、女優として人前にいる時は凛としているんですが、普段しゃべってる時は田舎のなまりが出ちゃったり。大スターになっても中身は素朴なままなんです。故郷をすごく大事にしていて、近所の子たちと遊んだりしているのもいいなって。私は岩手出身なんですけど、地元のことは大事にしたいと思ってるので、すごく重なる部分があると思います。きっと芸能界の仕事をするにあたって、影響を受けてますね。
 中学生のころは、『ベルサイユのばら』をいつも読んでました。女子は絶対にハマりますよね。貴族とかお姫様とか、そういうものを夢見たり。大学の時の旅行先にフランスを選んだくらい、印象的な作品でした。ベルサイユ宮殿を見て、「ああ、ここでマリー・アントワネットが寝てたんだ」と思ったり(笑)。おかげでちょっと世界史が好きになりました。でも、優雅な暮らしの一方で、民衆に恨まれたり、革命を起こされたり、いろんなことが表裏一体なんだなっていうことも学んだ気がします。
 それから『ブラック・ジャック』はガツンときました。自分の信じる道を進むことや、芯のある生き方のかっこよさを見せてくれました。マンガに教えてもらうことって、思春期の時はとくに多かったです。いちばんの教科書だったかもしれないですね。とっつきやすいけれど、奥深いところに教訓めいたことが込められていて。そういう経験をたくさんできてよかったと思います。


 大好きな作品といえば『タッチ』ですね。南ちゃんがいいんです。それまでに私が触れたマンガのヒロインって、ヒーローをただ見守るというか、側で元気づけたり、そういう感じだったんです。でも南ちゃんの場合は自分も新体操をやっていて、タッちゃんと切磋琢磨しつつ支えあっていくんですよ。私も学生時代は男の子に負けたくないって思ってたし、勉強も部活も頑張ってたし。そこで「恋もしてみたいな」って思った時に、タッちゃんと南ちゃんのああいう関係性が理想的に思えました。男の子を応援するサポーター的な役割だけじゃなくて、自分も何かをして輝ける。タッちゃんの大事な試合の時、南ちゃんは応援に行くんじゃなくて、自分も大きな大会に出てるんですよね。お互いに思いやりながらも、それぞれのステージで頑張ってる。それも、男の人にはできないことで戦ってる。その姿が素敵だなって思って。女の子でも仕事をしたり、自分が頑張るべきことに打ち込んだりした方が素敵だよ、っていうのを教えてくれた気がします。だから私も、大学に行って働きたいっていう目標を明確にできたし、今の仕事に繋がっているのかもしれないです。こういう女性観って、むしろ今の女性にこそ響く感じがします。10代の子とか同年代の子に読んでもらいたいですね。
eBookJapanにて販売中!!!
三丁目の夕日 夕焼けの詩
詳細
龍―RON―
詳細
ベルサイユのばら
詳細
ブラック・ジャック
詳細
こんな作品もおすすめしていました!
あじさいの唄 紫陽花
詳細
Paradise Kiss
詳細
(※1) 『タッチ 完全版』 あだち充 (少年サンデーコミックススペシャル全12巻/小学館)




福田 萌 (ふくだもえ)
●1985年生まれ。2006年度ミス横浜国立大学選出を経て、タレントとしてバラエティ番組を中心に活躍中。今年6月には結婚報道でも話題を呼んだ。
公式Blog http://ameblo.jp/fukuda-moe/

■次回予告: 第8回 竹原慎二(元プロボクサー・タレント)
日本人初のWBA世界ミドル級元王者にして 心やさしき番長が、
高森朝雄・ちばてつや『あしたのジョー』、弘兼憲史『黄昏流星群』、
そして自身の体験を織り交ぜながら原案を務めた
タナトス〜むしけらの拳〜』を熱く語る!!
7/27(金)更新予定


バックナンバー
>> 第66回 岡田惠和『うきわ』ほか  (1/13)

>> 第65回 吉松徹郎『め組の大吾』ほか  (12/12)

>> 第64回 ラサール石井『チェイサー』ほか  (11/25)

>> 第63回 武田双雲『伝染るんです。』ほか  (11/11)

>> 第62回 高島宏平『サンクチュアリ』ほか  (10/28)

>> 第61回 宮沢章夫『リバーズ・エッジ』ほか  (10/10)

>> 第60回 野田秀樹『半神』ほか  (9/26)

>> 第59回 渡辺いっけい『がんばれ元気』ほか  (9/12)

>> 第58回 宮田和弥『俺の空』ほか  (8/26)

>> 第57回 オクイシュージ『かむろば村へ』ほか  (8/12)

>> 第56回 宮崎哲弥『ラッキー Are you LUCKY?』ほか  (7/25)

>> 第55回 加藤登紀子『はだしのゲン』ほか  (7/11)

>> 第54回 赤江珠緒『銀のロマンティック…わはは』ほか  (6/27)

>> 第53回 望月理恵『寄生獣』ほか  (6/10)

>> 第52回 泉谷しげる『サラリーマン拝!』ほか  (5/27)

>> 第51回 細野晴臣『アイアムアヒーロー』ほか  (5/13)

>> 第50回 堀江貴文『ルサンチマン』ほか  (4/25)

>> 第49回 片桐仁『伝染るんです。』ほか  (4/11)

>> 第48回 藤井秀悟『キングダム』ほか  (3/25)

>> 第47回 杉井ギサブロー『タッチ』ほか  (3/11)

>> 第46回 里崎智也『名門!第三野球部』ほか  (2/25)

>> 第45回 清水ミチコ『潔く柔く』ほか  (2/12)

>> 第44回 辻真先『魍魎の揺りかご』ほか  (1/28)

>> 第43回 中田敦彦『ママはテンパリスト』ほか  (1/10)

>> 第42回 秋山具義『よつばと!』ほか  (12/27)

>> 第41回 吉木りさ『愛すべき娘たち』ほか  (12/10)

ビッグコミック作品
売上ランキング
1位

ゴルゴ13

さいとう・たかを
4位

総務部総務課 山口六平太

作:林律雄 画:高井研一郎
5位

Sエスー最後の警官ー

画:藤堂裕 作:小森陽一


各雑誌ジャンルへ
取材・構成:根本和佳・油井一道(DAN) 撮影:五十嵐美弥(小学館)