電子書籍はeBookJapan

愛されすぎる横山『三国志』 よく見かけるあのコマは・・・?

愛されすぎる横山『三国志』
よく見かけるあのコマは・・・?
完結から35年あまりが経つにもかかわらず、今ますます注目が高まっている漫画、横山光輝『三国志』。テレビCMや駅の広告、LINEスタンプなどなど、いたるところで『三国志』のキャラを目にします。
そういえば、よく見るあのコマって作中ではどんなシーンなのでしょう? 有名なコマやセリフの背景を、eBookJapanが調べてみました!

天才VS天才! 孔明との壮絶な知恵比べの果てに…

司馬懿仲達 (第55巻「陣払い」より)
司馬懿仲達 (第55巻「陣払い」より)

何度も孔明に裏をかかれ、疑心暗鬼に陥った魏の最高司令官・司馬懿仲達。有名な故事「死せる孔明、生ける仲達を走らす」の布石となる一場面です。

官僚の操り人形として生きた悲しき帝

霊帝 (第3巻「乱兆」より)
霊帝 (第3巻「乱兆」より)

朝廷の高官・十常侍たちに、政治の道具として利用され続けた霊帝の晩年。真実を何も知らないまま死んでいく様子が、憐れみに満ちた筆致で描かれています。

天下無双の武を誇った呂布の苦悩とは?

呂布奉先 (第7巻「亀裂」より)
呂布奉先 (第7巻「亀裂」より)

一目惚れした貂蝉が董卓のもとにいることを知り、苦しむ呂布。画策した王允の思惑通り、呂布は董卓に対して怒りをつのらせていきます。

曹操を倒したのはミカンだった!?

名も無き使用人 (第37巻「奇妙な老人」より)
名も無き使用人 (第37巻「奇妙な老人」より)

魏王に即位した曹操が、各地に美味を募り献上させた中の一品。なんとこの温州蜜柑には、仙人・左慈によって驚くべき術がかけられていて…!?

死んでも従う気はありません!

孫韶 (第45巻「浮かぶ長城」より)
孫韶 (第45巻「浮かぶ長城」より)

迫りくる魏の脅威にどう対処するか。自分の考えに絶対の自信を持つ孫韶は、総司令官の命令を拒否! 打首直前で孫権に救われるも、まだ納得はいかないようで…。


横山光輝『三国志』

群雄割拠の中国・三国時代を舞台に活躍する英雄たちや国の興亡を全60巻にわたり描いた大長編漫画。
数ある三国志漫画の先駆けであり、今なお多くのファンに愛される国民的コミックです。
1971年〜1986年 潮出版社『希望の友』『少年ワールド』『コミックトム』に連載。