mixiチェック このエントリーをはてなブックマークに追加
──デビューしてからしばらくの間は、サスペンスやホラー作品を多く描かれていますが、もともとそういうジャンルがお好きだったのでしょうか?
 嫌いではありませんでしたが、とくに好きなジャンルというわけではありませんでした。デビュー直後担当氏からはプロットなら3本以上持ってこいと言われていたので、とにかく思いつくストーリーを書いて持って行きました。かなり多岐なジャンルを描いたと思います。
 サスペンスを描き始めた発端は、次の担当氏が、ちょうど夏だったので「ホラーが描けるんだったら40枚あげる。本誌に載せるよ」といわれ、それまで増刊・31ページしかもらったことないわたしは「本誌・40ページ」につられて(笑)必死に勉強しました。…といっても、ヒッチコックの映画を見まくり、小説だとウィリアム・アイリュッシュあたりを読みまくる程度ではありますが。その時描いた『真夜中の訪問者』が、最初にだしていただいたコミックスのタイトルロールになりました。その後2年くらいは同様なサスペンスやホラーの短編を描いたでしょうか。望んで始めたわけではありませんが、けっこう性にあっていたみたいです。
──その後、初の連載作品『闇のパープル・アイ』が始まりますね。
 デビューから3年目にいただいたお話でした。3年たってこの仕事で自立できなかったら、別の仕事を探そうと思っていて、転職も考えていた時に連載のお話をいただいたので有り難かったです。
──漫画以外にもお仕事をされていたのですか?
 はい。当時は十代でデビューする方が多かったので、二十歳をすぎた頃にいったんプロをあきらめて就職したのですが、やはり性に合わなかったようで(笑)ふたたび持ち込みをはじめました。こちらも3年真剣に持ちこんでデビューできなかったら今度こそ真面目に働こうと思っていたのですが、ありがたいことに3年目でデビューが決まりました。
 わたしが続けてこられたのはサスペンスを描いてこられたおかげかなと思っています。確認していないので真偽不明ですが、初単行本が連載作品ではなく短編集なのはあなたが初めてだ、と当時の担当氏に言われました。サスペンスは固定ファンが多いので短編集でも買ってもらえる可能性があると。
 初連載の「闇パ」は当初単行本1冊分という予定でスタートしました。読者の方の反応をみながら、まず1回延ばしてと言っていただき、12回(単行本2冊分)になり、18回(3冊分)に…と結局単行本12巻まで延ばしました。とてもありがたいことですが、冷静に考えると恐いことですね。いろいろ綱渡り(笑)。でも長期連載はみなさんそんなものじゃないかな。
──『闇のパープル・アイ』はテレビドラマも話題になりましたね
 連載終了後、かなり経ってからのお話でした。漫画を知らない方でも、テレビドラマは観たよと言っていただいて、たいへん嬉しいことでした。
──大ヒット作となった『天は赤い河のほとり』についても、ぜひ連載当時のお話をお聞かせください。
 『天は赤い河のほとり』は、長く描きたいと思いつつなかなか具現化できなかった話でした。トルコというより中近東にはデビュー前から興味はありました。「篠原」はペンネームでして、いきなりデビューが決まりペンネームをつけなければならなくなったとき、そのとき描いていた短編の主人公の名字をとっさにつけてしまったのですが、その作品(単行本未収録)もトルコが題材でした。現在、連載をさせていただいている作品もトルコの話ですし、結局トルコが思い入れの深い国になってしまったのが、自分でもびっくりです(笑)。
──その興味の源泉は、なんだったのですか?
 もともとはNHK特集の「シルクロード」だったと思います。そのシリーズを視てシルクロードの日本とは逆の端というのが魅力的に思え、西域の国々や中近東に興味をもちました。一番興味があったのはイランだったのですが、その地域は当時政情不安定で簡単に入ることができませんでした。そこで、比較的行きやすくて近いのはどこだと探すとトルコだったわけです。「シルクロード」にハマったのは十代でしたが初めてトルコに訪れることができたのは二十代になりデビューしてからです。上記のペンネームの元になった作品はまだ行ってないころに描いたものです。その頃から興味ある場所はイランとの国境近い東トルコだったようですね。今、読み返してみるとその地域が描かれていて我ながら感慨深いです。ずっと行きたいと願いつつまだ行けずにいるワンを含む東トルコが大きな震災にあわれたのは心に痛いです。
 ハットゥサに行ったのは偶然そのとき参加したツアーのコースだったというだけです。ですが、その短い滞在時間で魅せられてしまって、それ以来ずっと描きたいと思っていました。
──ということは、デビュー以来ずっと胸に思いを抱え続けていらっしゃったのですね。
 8年目ぐらいにやっと当時の担当氏からOKがでて実現しました。それまでは担当さんが変わるたびに「描きたい」とジャブをかましてみていたのですけど却下され続け…。そのときの担当氏にはさらにしつこく言いつづけたので相手が根負けしたカタチでしょうか(笑)。とりあえず1年やって、それで波に乗らなかったら連載終了、という条件付きで始めさせてもらいました。でも、連載は上記したようにたいていそういうものなので、描かせていただけるだけで嬉しかったです。
 他にも掲載誌「週刊少女コミック」の読者の年齢層にわかりやすいスタート、展開などいくつか条件はだされたのですが結果としてそれは良かったと思います。そのような描き方にしたからこそ長期連載できたのだと思います。でも当初の条件をクリアし、好きなように展開させるまでに1年以上かかったので、一年で連載終了していたら泣いていたでしょうね(笑)。
──『天は赤い河のほとり』は、篠原先生にとっては、もっとも思い入れのある作品になりますか?
 基本的には「進行形の作品に気持ちを集中」と思っていますので『夢の雫、黄金の鳥籠』(小学館「姉系プチコミック」で連載中)という現在連載中の作品がもっぱらの思い入れです。ですが、わたし自身の最長連載となり、気持ちよく燃焼したという意味で『天河』はしあわせな作品でした。この作品を最後に20年描かせていただいた「少コミ」も卒業しましたし、わたしにとってターニングポイントになった作品でしょうか。
常に“いま”に全力の篠原先生。これからの作品も楽しみにしています。どうもありがとうございました。
胸キュン、恋心☆ sho-comi
■『赤い伝説』(デビュー作)
初出:「コロネット」1981年冬の号
傑作集2に収録
■クリスタル・ドール
初出:「コロネット」1982年秋の号
傑作集2に収録
■冬の花は鎮魂歌
初出:「コロネット」1982年冬の号
傑作集2
に収録
■訪問者は真夜中に
初出:「週刊少女コミック」1983年16号
■眠る街
初出:「コロネット」1983年夏の号
傑作集2に収録
■目撃者にさようなら
初出:「コロネット」1983年秋の号
傑作集2に収録
■なにかが闇で見ている
初出:「少女コミック」1983年10号
■午前0時の逃亡者
初出:「少女コミック」1983年21・22号
傑作集3に収録
■ウィークエンドの招待状
初出:「コロネット」1983年春の号
傑作集3に収録
■そして5回の鈴が鳴る
初出:「週刊少女コミック」1984年1・2号
傑作集1に収録
■優しい殺人者
初出:「コロネット」1984年4月号
傑作集1に収録
■闇のパープル・アイ(全12巻)
連載:「少女コミック」1984年〜1986年
■自殺室 ルームナンバー404
初出:「女性セブン増刊 Wink」1985年12月29日号
傑作集3に収録
■空の消失点
初出:「少女コミック増刊」1986年10月15日号
『闇のパープル・アイ』(11)に収録
■殺意には蒼いリボンをかけて
初出:「少女コミック」1987年20号
傑作集4に収録
■さよなら わたしの黒い影
初出:「ちゃお」1987年2月号
『闇のパープル・アイ』(12)に収録
■陵子の心霊事件簿(全4巻)
連載:「ちゃお」1987年〜1991年
■海の闇、月の影(全18巻)
連載:「少女コミック」1987年〜1991年
■凍った夏の日
初出:「週刊少女コミック」1988年17号
傑作集4に収録
■3人目が消えた
初出:「少女コミック」1991年18・19号
傑作集4に収録
■蒼の封印(全11巻)
連載:「少女コミック」1991年〜1994年
■天は赤い河のほとり(全28巻)
連載:「少女コミック」1995年〜2002年
■逃亡急行
初出:「プチコミック」1995年4月号
■失踪都市
初出:「プチコミック」1996年1月号
『逃亡急行』に収録
■死刑台の72時間
初出:「プチコミック」1997年11月号
『海に墜ちるツバメ』に収録
■暁に立つライオン
初出:「Betsucomi」2003年5月号〜7月号
■水に棲む花
連載:「Betsucomi」2004年〜2005年
■記憶の足音
初出:「プチコミック」2005年9月号
『海に墜ちるツバメ』に収録
■海に墜ちるツバメ
初出:「プチコミック」2006年4月号・5月号
■霧の森ホテル
連載:「プチコミック」2006年8月号〜
■刻だまりの姫
連載:「プチコミック」2008年4月号〜
■夢の雫、黄金の鳥籠
連載:「プチコミック」2010年7月号増刊(「姉系プチコミック」)〜
>> ページトップへ
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan