このエントリーをはてなブックマークに追加
目指せ!てっペン!「全国小・中学校作文コンクール」
eBookJapanは、本年度行われる、第64回全国小・中学校作文コンクール(主催:読売新聞社)に協賛いたします。その主な内容は、「イーブックジャパン賞」の新設と全国都道府県で選ばれた最優秀作品の電子書籍化・独占リリースです。eBookJapanの活動が「子どもたちの国語教育」と「活字文化の振興」の一助となることを心から願っています。
第64回全国小中学校作文コンクール
電子書籍と紙書籍を販売開始しました!!
eBookJapanが協賛する、第64回全国小・中学校作文コンクール作品集の電子書籍版の配信とオンデマンド出版による紙書籍の独占販売を開始いたしました。昨年までは「優秀作品集」のみを紙書籍版で販売してましたが、今年より全国のブロック別「都道府県代表作品集」と合わせて、計7冊を電子書籍版と紙書籍でお届けいたします。詳しい内容は下記の通りです。
(※)紙書籍の購入は外部サイトとなります。
第64回 全国小・中学校作文コンクール
作文優秀作品集
第64回 全国小・中学校作文コンクール 作文優秀作品集
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に全国から選ばれた作文の中から文部科学大臣賞、読売新聞社賞、JR賞、イーブックジャパン賞、入選に受賞した合計30作品を収録。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回 全国小・中学校作文コンクール
都道府県別作品集 北海道・東北版
第64回 全国小・中学校作文コンクール 都道府県別作品集 北海道・東北版
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島の1道6県の代表作品、計21作品を収録。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回 全国小・中学校作文コンクール
都道府県別作品集 関東版
第64回 全国小・中学校作文コンクール 都道府県別作品集 関東版
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都6県の代表作品、計21作品を収録。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回 全国小・中学校作文コンクール
都道府県別作品集 中部版
第64回 全国小・中学校作文コンクール 都道府県別作品集 中部版
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知の9県の代表作品、計25作品を収録。
※応募作の関係上、小学校部門に長野県の作品は収録していません。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回 全国小・中学校作文コンクール
都道府県別作品集 近畿版
第64回 全国小・中学校作文コンクール 都道府県別作品集 近畿版
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の2府5県の代表作品、計21作品を収録。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回 全国小・中学校作文コンクール
都道府県別作品集 中国・四国版
第64回 全国小・中学校作文コンクール 都道府県別作品集 中国・四国版
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に鳥取、島根、岡山、広島、山口・徳島、香川、愛媛、高知の9県の代表作品、計27作品を収録。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回 全国小・中学校作文コンクール
都道府県別作品集 九州・沖縄版
第64回 全国小・中学校作文コンクール 都道府県別作品集 九州・沖縄版
小学校低学年・高学年、中学校の3部門別に福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の8県と海外の代表作品、計27作品を収録。
電子書籍をダウンロード
無料
紙書籍購入(※)
第64回全国小中学校作文コンクール
イーブックジャパン賞・受賞者3名が決定!!
eBookJapanが協賛する、第64回全国小・中学校作文コンクールには、国内外から3万1193編の応募があり、文部科学大臣賞・JR賞に加えて新設されたイーブックジャパン賞の各賞の受賞者が決まりました。
この受賞作も含めた「作文優秀作品集」は、2015年3月に電子書籍としてリリースします。

授賞式にて。イーブックイニシアティブジャパン社長・小出斉から記念品を贈呈される藤戸さん。
◆今回のイーブックジャパン賞の受賞者 ※敬称略
※それぞれの受賞者への質問内容は下記の通り。
@作文コンクールに参加しようと思ったきっかけ
A作文を書く上で、苦心したこと
B受賞した喜びを最初に伝えた人
C将来の目標やなりたい職業
★小学校低学年の部
インコとのきずなとかぞく
新潟県・青葉台小学校2年 宮下月希(みやした るい)
@私にとって、5年間も一緒にいたインコのキイと離れてすごく悲しかったから、作文に書こうと思いました。
A自分が過去に思ったことや思っていることを文章にするのが難しかった。
Bやっぱり家族です。学校から聞いて、お父さんとお母さんに教えました。
C保育園の時から、学校の先生になりたいと思っていた。国語か算数の先生になれたらいいなと思います。
■作品の内容■
「インコとのきずなとかぞく」には家族同然で一緒に暮らしていた2羽のインコが
行方不明になったてん末を通して、家族の結びつきと動物に対する深い愛情が
しっかりとした文章でまとめられています 。
★小学校高学年の部
桜色のなみだ
山口県・小郡南小学校4年 小海茉由(こうみ まゆ)
@お兄ちゃんも以前この作文コンクールで受賞したので、中央審査を目指しました。
A私は終わり方と題名にこだわりますので、そこは結構考えました。作文の中から一番言いたいことを題名にしたので、良かったなと思います。
B家族です。みんな応援してくれていたので。学校でもみんなが祝ってくれてとてもうれしかったです。
C私は英語も得意なので、翻訳家になりたいです。
■作品の内容■
作者が得意の「人間観察」によって兄の挫折と挑戦をじっと見守る温かい眼差しと
兄妹の心の成長過程が感じられます。
★中学校の部
岐路
高知県・高知大学教育学部附属中学校 藤戸美有(ふじと みゆ)
@夏休みに作文の宿題が出て、このコンクールへの応募につながると聞いたからです。
A伝わりにくいこと、もともと見えない心の動きとかを文章で表現できるように苦心しました。母の病気は大変なので私にできることはないかなと、作文を書いたことでさらに考えるようになりました。
B本当は母親に知らせたかったのですが、受賞の知らせを受けたのが母でした(笑)。親しい友達に知らせたら、自分のことのように喜んでくれて、それがうれしかったです。
C獣医です。捨て猫が死ぬのを何度も見て、命の尊さを感じるようになりました。
■作品の内容■
母が腎臓移植を受けて自分で選んだ生き方をそばで直視しながら、
母に対しての心の寄り添いが丁寧に描かれていて、読者の心に深く沁みこむようです。
第64回全国小中学校作文コンクール
電子書籍版のお知らせ
◆第64回全国小中学校作文コンクールの各賞受賞作品と入選作合わせて30作品の「作文優秀作品集」を電子書籍として独占リリースします。昨年までは、紙の書籍版のみでしたが、今年は電子書籍版も制作します。

◆都道府県で選ばれた141作品を「全国小・中学校作文コンクール 最終選考作品集」として小学校低学年編、小学校高学年編、中学校編別に合計3冊を電子書籍として独占リリース。昨年までは書籍として収録していませんでした。また、紙書籍としてオンデマンド版を作成いたします。

◆上記、合計4冊の電子書籍は、2015年3月までにリリースする予定です。
華恵が語る作文を書くコツ
 2002年の第52回全国小・中学校作文コンクールで文部科学大臣賞を受賞し、現在は、エッセイストとして活躍する華恵さんに、作文を書くコツを聞きました。夏休みの課題などで作文を書こうとしている小中学生の皆さん、ぜひとも参考にしてください。

 ――華恵さんは、小学5年生の時に「ポテトサラダにさよなら」で文科大臣賞を受賞しました。「現在―過去―現在」という構成がとても優れた作品ですが、どのように構成を考えたのですか。

 「母にアドバイスしてもらって、まず、誰に会ったか、何が起きたかといったメモを作り、それをはさみで切って、横長のカードにします。それらを並べてみて、何が先に来るかとか、これはいらないなと省いたり、新しいカードが必要になって作ったり、それらを組み立てて、文章にしていきました。面倒くさい作業だけど、それをしないとどんな順番で書けばいいか分からなくなるのです」

 ――3年生、4年生と同コンクールの東京都で入選していますが、初めからそうやって構成していたのですか。

 「3年生のときは、書いたものを母にパソコンで打ち込んでもらいました。それを移動したり、コピペしたりして構成しました。それでメモをすることの重要性が分かったのです」  ――文科大臣賞の「ポテトサラダにさよなら」は原稿用紙で34枚という大作です。この作品を書くのにどれくらい時間がかかったのですか。

 「夏休みいっぱいかかりました。3年生では夏休みに入ってからテーマを考えたのですが、4年生、5年生では夏休みに入る前からこれを書こうかなということは決めていました」

 ――テーマはどうやって決めるのですか。

 「自分が一番思うこと、一番気になることを書きます。書きやすさ、書きにくさに関係なく、本当に一番思っていること、心を占めていることを書いた方がいい。読書感想文なら、何でもかんでも良かった本を選ぶのではなく、あの本の最後(結末)は本当に許せないという、自分が強い気持ちを持っている本を選ぶ。そのラストがいかに嫌だったか、では、どうだったら良かったのか、その分析を書いた方がいい。十代は初めての感情がたくさん出てきます。初めての感情に、今まで知っている言葉を当てはめても何か物足りなさを感じる時、自分で考えるというのが結構楽しいと思うんです」

 ――テーマに迷ったときは。

 「迷っているときは、二つのテーマでメモを作ってみて、こっちは今じゃなくちゃ書けないなと思ったり、周りの大人の反応を見て決めたりします。子供の世界は学校がすべてですから、内輪ネタなのか、そうじゃないのかよく分からない。私の母はすごく反応が正直な人で、夕飯作っているときに話しかけると、それほど関心がなければ、ふーん、ふーんと言いながらどんどん料理を作ってしまうけど、笑い出したり、その人大丈夫?なんて反応があると、あっ食いついたと、うれしくなります」

 ――華恵さんは6歳のときに米国から日本に移住しました。日本語のハンデを感じなかったですか。

 「母には作文の書き方を教えてもらったというより、日本語を教えてもらいました。ひらがなのカードや数字の数え方を小学校に入るまでに教えてもらいました。小学校の授業でひらがなが出てきたときは、もうやっているのにと思いました。交換日記もしました。帰りの遅い母に、その日起きたことをA4の紙いっぱいに書いて見せていました。誕生日にも2枚、3枚と手紙をたくさん書いて贈りました。作文など、書いたものを母に見せるのは自然な流れでした」

 ――作文コンクール応募を勧めたのもお母さんですか。

 「そうです。私は米国では目立つのが大好きだったのに、日本に来たら引っ込み思案になってしまったので、書くことで自分を表現させたかったのだと思います。それが私自身の救いになると考えたのでしょう。2年生のときの自由研究は夏休みの思い出を絵本にしたのですが、友達はだれも読んでくれなくて。コンクールを勧められて、ほかの人が読んでくれるならうれしいなと思いました」
プロフィール
華恵(はなえ)
エッセイスト。
1991年、米国生まれ。6歳で来日し、2002年の全国小・中学校作文コンクールで文部科学大臣賞に輝く。2014年に東京芸術大学音楽学部を卒業。「小学生日記」「本を読むわたし」など著書多数。
児童文学おすすめ25冊!!
青い鳥文庫 赤毛のアン
青い鳥文庫 赤毛のアン
L・M・モンゴメリ/村岡花子/HACCAN
詳細
一年四組の窓から
一年四組の窓から
あさのあつこ
詳細
宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクション
宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクション
作:星新一 カバー絵:あらゐけいいち 挿絵:片山若子
詳細
大きな森の小さな家
大きな森の小さな家
作:ローラ・インガルス・ワイルダー 訳:中村凪子 絵:椎名優
詳細
思い出のマーニー
思い出のマーニー
ジョーン・G.ロビンソン著/松野正子訳
詳細
学校の怪談
学校の怪談
著:常光徹 絵:楢喜八
詳細
霧のむこうのふしぎな町
霧のむこうのふしぎな町
作:柏葉幸子 絵:杉田比呂美
詳細
宮沢賢治童話集
宮沢賢治童話集
作:宮沢賢治 絵:ヤスダスズヒト
詳細
クレヨン王国
クレヨン王国
作:福永令三 絵:三木由記子
詳細
ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾
ゲゲゲの鬼太郎おばけ塾
原作:水木しげる 文:東亮太 絵:水木しげる
詳細
こばと。
こばと。
原作:CLAMP 文:後藤リウ 監修:こばと。を守る会
詳細
「こわいもの係」シリーズ
「こわいもの係」シリーズ
作:床丸迷人 絵:浜弓場双
詳細
ごんぎつね (小学館文庫)
ごんぎつね (小学館文庫)
著:新美南吉
詳細
サクラ咲く
サクラ咲く
辻村深月
詳細
新訳 ドリトル先生
新訳 ドリトル先生
作:ヒュー・ロフティング 訳:河合祥一郎 絵:patty
詳細
DIVE!!
DIVE!!
森絵都
詳細
長ぐつをはいた猫
長ぐつをはいた猫
作:伊豆平成 原作:シャルル・ペロー 絵:結川カズノ
詳細
「ぼくら」シリーズ
「ぼくら」シリーズ
作:宗田理 絵:はしもとしん
詳細
星の王子さま
星の王子さま
著:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 訳:稲垣直樹
詳細
松井秀喜 あきらめない心 夢の頂点へ
松井秀喜 あきらめない心 夢の頂点へ
広岡勲
詳細
身代わり伯爵の冒険(角川つばさ文庫)
身代わり伯爵の冒険(角川つばさ文庫)
作:清家未森 絵:ねぎしきょうこ
詳細
ムーミンシリーズ
ムーミンシリーズ
トーベ・ヤンソン 訳:下村隆一
詳細
ラプンツェル
ラプンツェル
グリム童話/戸塚孝美
詳細
アンデルセン童話集
アンデルセン童話集
アンデルセン
詳細
ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと
ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと
編:吉永小百合 カバー絵・挿絵:男鹿和雄 挿絵:YUME
詳細
第64回 全国小・中学校作文コンクール
  • 主催:読売新聞社
  • 後援:文部科学省、各都道府県教育委員会
  • 協賛:イーブックイニシアティブジャパン、JR東日本、JR東海、JR西日本
  • 協力:三菱鉛筆、ベネフィット・ワン
  • 対象:国内外の小・中学校に在学する児童生徒
  • 締め切り:2014年9月19日(金)【必着】
  • 発表:2014年12月上旬 読売新聞紙上
  • 部門:小学校低学年・高学年・中学校
  • 賞:文部科学大臣賞 1編
    読売新聞社賞 3編
    JR賞 1編
    イーブックジャパン賞 1編 ※新設
    入選 4編
  • お問い合わせ:読売新聞
    http://info.yomiuri.co.jp/event/contest/
ページトップへページトップへ

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
新刊オート便
>>発売日に自動で本棚に届く! 新刊オート便はこちらから
今週の無料の本
>> 無料で読める本はこちらから
今週のお得な本
>>割引&ポイントUP作品はこちらから
紙の本と同時発売コーナー
>> 紙の本と同時発売コーナーはこちらから
話題の映像化特集
>> ドラマ化、アニメ化、映画化作品の原作コミック・小説を一挙ご紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加