このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/09/25更新
武器をつくる者、売る者、使う者たちの物語
レンタル武器屋ショップアリーチェ
著者:田口仙年堂 イラスト:戸部淑
 先日、常総市の実家が鬼怒川の洪水に飲み込まれるという「まさか!」のイベントに遭遇した前島である。堤防決壊から二日経っても水が全然引かないわ、引いたら引いたで家んなかめちゃくちゃだわ、押し入れに入れておいた中学時代の思い出の愛読書たち(『ルナルサーガ』『ロードス島戦記』も『妖魔夜行』も……)は全滅だわ……でもまあ、落ち込んでてもしょうがないので戦闘態勢を整えるべく最寄りのワークマンに急行。ツナギだの安全靴だの長靴だのを買いそろえた次第。いや、ワークマンはいいよワークマン。店内狭しとズラ〜っとならぶ作業着や工具……なんつーかRPGの武器屋感満点。装備を選べば自然心もアガる!男の子はみんな武器屋が大好き! ……というわけで(この連載始まって以来、たぶん最も強引な前フリだ……)、今回、取り上げるのは「武器屋」のライトノベルである。

田口仙年堂『レンタル武器屋アリーチェ』(スニーカー文庫)

 田口仙年堂の新シリーズとなる本書、刊行は10月1日(ebookjapanでの電子版発売開始は11月1日)なのだけど、角川スニーカー文庫様から一足先に読む機会を頂いたため、今回は「前島賢の本棚晒し:特別編」と題し、発売に先駆けた先行レビューをお届けする次第である。

 本書の舞台はパーニッツ王国の首都レディナイトの城下町にオープンした「血の裁きを永遠に」……改め「レンタル武器屋アリーチェ」。見習い女神にして鍛冶の天才の金髪少女アリーチェが鍛えた業物を扱う貸し武器屋。100万ガッツ出せば新品が買えるロングソードが、この店のものは一泊二日で30万と高額だがその性能は折り紙付きである。
 が……いいものをつくれば自然に売れる……とはもちろんいかないのが商売の世界。おまけに店員は、極度の人見知りで普段は声すら出せない、筆談メインなアリーチェ、彼女の武器に惚れ込みすぎてもはや変態の域に達しつつある一番弟子で没落貴族の息子コテツ、そしてアリーチェが鍛えた作品であるしゃべる石像ガーゴイル(子供が見たら泣く。セリフがやたらと大仰)と、およそ客商売に向かない連中ばかり。それでもどうにか凄腕の冒険者に贔屓にしてもらったり、あるいは商売上手な協力者を得たりして、あれこれ奮闘。
 使い手のニーズに合わせた多様な武器を取りそろえ、あるいは武器の強さをわかりやすく表示したり(RPGの攻撃力とか守備力って誰がどうやって計ってるんだ? なんて一度でも疑問に思ったことのある人は必読)、イラスト付きの手書きポップで飾ってみたり、あるいはみんな大好き○○○アーマーを商品に加えたり、あの手この手でお店を切り盛りする様が、連作短編の形式でテンポよく描かれていく。
 けれども、商売というものにはライバルがつきものであった、たとえば街の伝統ある鍛冶屋集団である工匠ギルドの面々、あるいは近隣にオープンした大量生産による薄利多売を武器とする巨大ショッピングモールなど、アリーチェたちの前には次々と「商売敵」が現れることになる……。

 ところで、店員がガーゴイルと聞いて、田口仙年堂のデビュー作でありアニメ化もされたヒット作である『吉永さん家のガーゴイル』を思い出した人も多いかと思う。著者自身


 もし俺の昔の作品を知っており、かつこの本をすでに読まれていたら「あれ? なんかどっかで見たことあるキャラがいるぞ?」と思ったかもしれません。


 と述べるとおり、本作は「ご町内ハートフルコメディ」である『ガーゴイル』のファンタジー版とも言える内容にもなっている。著者の持ち味のひとつである暖かな雰囲気は、舞台を異世界に移しても健在で、「ライバル」はいても根っからの悪人はいない。レンタル武器屋にせよ、工匠ギルドの面々にせよ、ショッピングモールにせよ、鍛治士たちのもとめるものは「よい武器をつくること」である。
 では「よい武器」とは何か?
 それはもちろん攻撃力の高さだけでは決まらない。価格であったり使いやすさであったり……それこそ使う人と作る人と売る人の数だけ正解があるものであって、「商売敵」との交流を通じて、アリーチェやコテツがあらためて「武器をつくるとはどういうことか」を考えていく過程も読みどころだ。

 さて、しかしそもそも何故、アリーチェとコテツはレンタル武器屋を始めたのか?
 実はふたりにはとある強大な魔物に、それぞれ大切にしていたマジックアイテムを奪われ敗北したという過去がある。その魔物……「赤毛のガラティーン」に対抗できるための武器を鍛え、奪われた品を取り戻すことが、ふたり(とガーさん)の目的であり、だからこそ売って終わりの販売ではなく、使い手からのフィードバックを得られるレンタル武器屋を始めたわけ。
 この本書のラスボス(?)たるガラティーン、今巻でもちょこっと顔見せをするのだが、とにかく強いばかりでなく、ある種の風格と信念、そしてダークヒーロー然とした孤高のカッコよささえ備えた、最終目標にふさわしい相手であり(台詞のひとつもなしに、ここまで魅力的な敵キャラを描ける筆者の実力はすごい)……しかも、こいつ、これからどんどん強くなることが示唆されている。
 果たして、アリーチェの打つ剣が、ガラティーンに通用する日は来るのか。そしてもしもそんな剣が生まれるとしたら、とんでもなく派手な最終決戦にならざるを得ないわけで、続きも大変期待している。

 そうそう、それからもうひとつ。
 評者が気になっているのは、コテツという主人公の立ち位置である。「武器を作る側」「武器を売る側」「武器を使う側」様々な視点が交差する本書が一冊の物語としてまとまっているのは、鍛冶士アリーチェの一番弟子であり、レンタル武器屋アリーチェを発案した当人であり、そして実は結構、凄腕の冒険者でもある彼が視点人物となっているから、というのが大きい。
 が……それは悪く言えば器用貧乏で、立ち位置の定まらないヤツということでもある。実際、本文の中でも、一芸に秀でた他の面々に対し、そんな中途半端な我が身を嘆くコテツの姿が描かれる(その上で、本書のラストではちゃんと成長の一歩を刻むのだけど)。
 はたしてコテツは自分なりの何かを見つけられるのか……。何者かになれるのか……。あるいはそんな何者でもない自分こそを受け入れるのか……。そのあたりのテーマを描いてくれたらうれしいなあ、と個人的には思っている。

 そんな『レンタル武器屋アリーチェ』、ebookjapanでの販売開始は11月1日となる予定。なので、是非、読者諸兄におかれては、ポチッと予約ボタンを押しつつ、田口仙年堂の過去作……、特に、


 別のお話ではあるのですが、実はコイツが何かのきっかけで別の世界(現代)にワープしたところを錬金術師に目撃されてプロトタイプが作られた……なんて後付設定があってもいいですよね。


 と著者が語るもうひとり(?)のガーさんの物語『吉永さん家のガーゴイル』なんかを読みつつ、もう少しだけお待ちいただきたい。
 
※今回の「前島賢の本棚晒し 特別編」は、角川スニーカー文庫編集部と eBookJapanのタイアップ企画でお届けしています。
特集ページ10月1日オープン!
関連作品
吉永さん家のガーゴイル1
吉永さん家のガーゴイル1
著者:田口仙年堂 イラスト:日向悠二
詳細
コッペとBB団 その1
コッペとBB団 その1
著者:田口仙年堂 イラスト:はしもとしん
詳細
七星降霊学園のアクマ
七星降霊学園のアクマ
著者:田口仙年堂
詳細
七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!
七人の武器屋 レジェンド・オブ・ビギナーズ!
著者:大楽絢太 イラスト:今野隼史
詳細
迷宮都市のアンティークショップ
迷宮都市のアンティークショップ
著者:大場鳩太郎 イラスト:ぎん太
詳細
図説 武器だもの
図説 武器だもの
武器ドットコム
詳細
ページトップへページトップへ

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
新規購入者限定!ポイント50%還元キャンペーン
>>新規購入者限定! ポイント50%還元キャンペーンはこちらから
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから
Yahoo! JAPAN ID連携でこんなにお得!
>> Yahoo! JAPAN ID連携でこんなにお得!
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan