1. 電子書籍TOP
  2. ライトノベルコラム ラノベ漂流20年!「前島賢の本棚晒し」
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/11/20更新
万国の非モテ団結せよ!
いでおろーぐ!
著者:椎田十三 イラスト:憂姫はぐれ
 諸君!
 万国の非モテ同志諸君!!
 今日、12月に臨む我々は、決戦の日を約一ヶ月後に備え、一層の革命的連帯を強化すべき時局に至った。決戦とは何か。言うまでもなく、恋愛原理主義者によって仕組まれた集団催眠的反動繁殖活動の極地たる12・24クリスマス・イヴであり、これを粉砕せんとする我々非モテ非リア大連帯による武装蜂起である。
 今日までの生物の歴史は、繁殖行動の歴史であった。
 しかし、この単なる生物学的な必然を、「愛」や「恋」といった言葉によって飾り立てた結果、今や人類社会そのものがこの実体なき共同幻想の奴隷と化し、際限なき繁殖活動の暴走を引き起こし、よって人類は六十億にまで膨れあがり、今や、地球環境に甚大なる被害を及ぼすまでに至った。
 かかる事態に及んで、地球生態系を救うには、「恋愛」ひいては「繁殖活動」を徹底的に粉砕し、全世界同時繁殖放棄を達成し、全人類の主体的滅亡を完遂する以外ない!
 よって前衛たる我々は、世界の非モテ同志との階級的連帯を達成し、反動的繁殖活動の根源たるクリスマスに革命的鉄槌を下さねばならない!!

 この情け容赦なき殲滅戦を完遂するにあたって、我々に理論的基盤を与えてくれるのが、偉大なる我らが指導者同志・椎田十三君によって書かれた、21世紀の『共産主義者宣言』たる、

椎田十三『いでおろーぐ!』(電撃文庫)

 である。

 諸君らは、携帯容易なる電子版でこれを即刻購入し、常時熟読して革命戦士として研鑽し、階級的勝利を確実なものとせねばならない! クリスマス粉砕! カップル殲滅! リア充爆発! 万国の非モテ、団結せよ! HI-MOTE of all world, UNITE!!
 
 ……というわけで諸君!
 クリスマスに一緒にすごす相手がいない同志ライトノベル読者諸君! 今日はそんな我々が、これから襲いかかるクリスマス、バレンタイン、そしてホワイトデーという非モテ三段殺しを乗り切るための必読作『いでおろーぐ!』を紹介する!

 物語の始まりは、憎むべきクリスマス・イヴの夜、渋谷ハチ公前を通りかかった独り身の主人公・高砂は、自分の通う学校の制服に身を包んだヘルメットに覆面の少女が拡声器をひっつかみ、高台の上から「リア充は爆発しろ」「繁殖を拒否しろ」「繁殖衝動を克服しろ」などと珍妙な演説を繰り広げる姿を見る。
 ――これが、彼・高砂と、反恋愛主義青年同盟部の革命家、領家薫の出会いであった。

 第21回電撃小説大賞銀賞を受賞した本書は、いわゆる部活モノである。
「平凡な高校生」の俺が、妙ちきりんな部活を立ち上げた美少女と一緒に活動することになり……というあれだ。この手の作品というのは、「弱みを握られて」とか「有無を言わせず強引に」とか、あるいはこともあろうに「部活には興味がないけどヒロインに惚れて」とか、とにかくそういった理由で「いやいや」「しぶしぶ」「やれやれ」部活を始めるのがテンプレである。
 しかし我らが同志・高砂は違う。そんな流されるままのノンポリプチブル野郎とは違う。彼は、何の強制もなく、ましてや色恋にそそのかされたわけでもなく、ただただ、演説のみによって、主体的に、決断的に、革命イデオロギーに目覚め、反恋愛主義の活動家となり、領家薫とともに、バレンタイン粉砕闘争を目指すのである! 革命無罪! 造反有理!


 領家の言葉に、俺もその気になってきてしまう。
「リア充どもを恐怖のどん底へと落としこんでやろう。奴らが小便を漏らして命乞いをしても、我々は決して鉄槌を振り下ろすことをやめない!」
「君も革命戦士姿が板についてきたな!」


 念のため捕捉するが、これ、冒頭も冒頭、第一章のセリフである。「主人公が紆余曲折の末、自分の意志で部活に打ち込むことにしたエピローグ」とかではないのだ。
 これはヒロインの暴走に主人公がツッコミいれつつ引きずられて……なんて話ではない。ツッコミ不在のままふたりの革命戦士がどこまでも闘争的に前進していく話だ。それどころか領家が弱気になろうもんなら、高砂は渇を入れて無理矢理立たせたりするのだ。同志・高砂のナチュラルボーン活動家っぷりを見よ。
 ……あ、あとこう、非リアの革命闘士であることを隠蔽すべく、あえて領家とリア充カップルを装わなければならないという若干うらやましい――もとい苦渋と屈辱に満ちた潜伏の日々の描写も良いです、はい。
 まあ、とにかく、マルクスにエンゲルスが、カストロにチェがいたように、このふたりの名コンビぶりはただごとではない。
 たとえば以下の通り。


「バレンタイン前の最後の週末、つまり最後のまとまった自由時間、恋愛の祭典を活用せんとする愚者どもは、どういう行動を取るだろうか。彼女らは想い人に贈与かるための商品を買うなり、自分で作るための材料を買いそろえたりするのでなかろうか」
『そうだな、今週末、街は阿鼻叫喚の地獄絵図と化すだろう。甘ったるい匂いに吐き気がしそうだ。一歩も外には出たくないな』
(……)
「領家同志、それではいけない。我々はその魑魅魍魎の跋扈する街に出かけ、恋愛狂信者たちの言動をしっかりと目に焼き付けるのでなくてはならない! 孫子の兵法にもこうある。『知彼知己者、百戦不殆』、敵の行動パターンと自分自身とを深く知ることによって我々の運動は初めて盤石なものとなるのだ!」
『なるほど、もっともだな!』
「そこで、今週末は戦略的視察を行おうと思う!」


 ずっとこの調子である。
 いやこの、作中の演説や檄文のマジっぷりが尋常ではないのだ。思わず音読したくなる。すると口調が感染ってくる。自分もアジビラのひとつも書きたくなる(なので思わず冒頭に書いた)。どこぞの現役活動家が資金調達のためにラノベを書いたのがこれ、と言われても信じますよ、マジで。

 それで、だ。
 革命反恋愛主義活動に邁進する彼らのもとには、やがて心強い同志たちが集まってくる。そのなかには一見すると恋愛至上主義の権化のようなイケメンや美少女たちもいる。
 やがて明らかになるのは、そんな彼らもまた、恋愛という幻想によって深く傷ついているということだ。なぜ、我々はこうまで苦しまねばならないか。その魂の叫びを聞くうちに知らず、読者の心にも反恋愛主義の熱き炎が宿るだろう。
 そうして第一巻のクライマックスにおいて、反恋愛主義完遂の為、高砂が行うあまりに尊い革命的決断を前にすれば、諸君は必ずや反恋愛主義の闘士として立ち上がらずにはいられないはずだ。
 というわけで諸君! 諸君らも『いでおろーぐ!』を読もう!
 読んで共に反恋愛主義者となろう! ともに革命に邁進しよう!
 クリスマス粉砕! リア充爆発! 繁殖拒否! 産むな増やすな絶滅しろ!!
購入・詳細はこちら
関連作品
共産党宣言
共産党宣言
マルクス 著/エンゲルス 著/大内兵衛 訳/向坂逸郎 訳
詳細
賃労働と資本/賃金・価格・利潤
賃労働と資本/賃金・価格・利潤
マルクス/森田成也(訳)
詳細
ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版]
ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版]
著:カール・マルクス 訳:植村邦彦
詳細
悪霊 1
悪霊 1
ドストエフスキー/亀山郁夫(訳)
詳細
イデオロギーの崇高な対象
イデオロギーの崇高な対象
スラヴォイ・ジジェク/鈴木晶
詳細
蟹工船・党生活者
蟹工船・党生活者
小林多喜二
詳細
ページトップへページトップへ

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan