このエントリーをはてなブックマークに追加
『僕のヒーローアカデミア』放送開始直前スペシャルステージ レポート in AnimeJapan 2016
3月27日(日)AnimeJapan 2016 REDステージにて、「『僕のヒーローアカデミア』放送開始直前スペシャルステージ」が開催されました。当日は、緑谷出久役の山下大輝さん、爆豪勝己役の岡本信彦さん、麗日お茶子役の佐倉綾音さん、飯田天哉役の石川界人さん、轟焦凍役の梶裕貴さん、オールマイト役の三宅健太さん、相澤消太役の諏訪部順一さんが登壇。アフレコ現場の様子や本作の見どころについてご紹介いただきました。
『僕のヒーローアカデミア』
放送開始直前スペシャルステージ レポート
in AnimeJapan 2016
アフレコを通して築かれるキャスト同士の関係性

『僕のヒーローアカデミア』は世界の総人口の約8割が超常的な力“個性”を持つ世界を舞台としており、“個性”を生かして事件や事故、災害から人を救けるヒーローと“個性”を悪用する敵(ヴィラン)との戦いを描いた作品です。


写真左下から麗日お茶子役の佐倉綾音さん、緑谷出久役の山下大輝さん、爆豪勝己役の岡本信彦さん、写真左上から相澤消太役の諏訪部順一さん、飯田天哉役の石川界人さん、轟焦凍役の梶裕貴さん、オールマイト役の三宅健太さん、オールマイトくん。


「(アフレコの)最初のうちはすごく緊張して、バクバクだったのですが、だんだん(出演者が多くなり)にぎやかになり、いまはすごくチーム感のある現場になってきています。本作は、制作スタッフも含め全員原作が大好きなメンバーが100%の力を出し切って作っている作品です。ぼくは毎回がクライマックスで、ときどきプッツンっていっちゃうんじゃないかと思うくらい叫んでいますが(笑)、キャラクターひとりひとりの表情もすごく細かく、丁寧に作られています。どうぞアニメの方も期待していただけるとうれしいです」(山下大輝)

「キャラクターの表情からも分かると思いますが、性格が悪いですし、オラオラ系というか、全員に対してアタリが強いです。緑谷と同じく爆豪も台詞が基本的に「!!」で終わるものが多いので、叫ぶことが多いです。よく緑谷を罵倒しているので、台詞に嫌なことをぶつけているときもあります(笑)。 「週刊少年ジャンプ」で第一話を読んだときから面白い、キャッチーな作品だと思っていて、毎週追いかけていくうちに「これ、もうテレビアニメになるな」と思っていました。原作を知らないままアニメを観てもすごく楽しめると思いますし、内容も、絵も、音もすごくて、いろいろな楽しみ方のできる作品だと思います。webラジオも山下君とともに放送していますので、そちらも楽しんでいただけたらなと思います」(岡本信彦)


緑谷出久(デク)。世界の総人口の約8割が超常的な力“個性”を持つ世界にあって、生まれつき何の“個性”も持たない“無個性”でありながらヒーローになることを夢見る少年。爆豪とは幼馴染みながら、仲は決してよくない。

爆豪勝己。知力、体力、戦闘センス抜群の自信家で「自分がNO.1のヒーローになる」という確固たる信念を持ち、上昇志向が強い。“個性”はその性格さながらに掌の汗腺からニトロのような汗を出し爆破させる「爆破」。


「私が演じる麗日お茶子は重力をゼロにできる“個性”を持っているのですが、使いすぎるとその反動でゲロを吐くという設定があります。裏表のない性格とも聞いていたので、リアルにえずく演技をしていました。でも、音響監督の三間(雅文)さんからはもっとかわいく吐いてください、とリクエストされて(笑)。いろんな吐き方を試しているので、そこは自分自身、楽しみにしているところです。どんなにハードルを上げても余裕でそのハードルを飛び越えていくような、そんな作品に仕上がっていると思います。ぜひ、みなさんにもその感動を早く味わってほしいです」(佐倉綾音)

「叫ぶとは少し違うのですが、声を張りながら相手に伝える必要があり、いろいろと自分のなかでの課題が見えてきた気がして、楽しみながらアフレコに臨んでいます。このメンバーでの初めてのステージだったので、かなりワチャワチャとしてしまいましたが、本作にはさまざまなキャラクターが登場します。彼ら、彼女たちとの関係性がどのように築かれていくのかに注目してご覧いただければと思います」(石川界人)


麗日お茶子。明るく裏表のない性格で、デクの良き理解者。雄英高校に通うため一人で上京してきた。“個性”は指先にある肉球で触れたものを無重力状態にする「無重力(ゼログラビティ)」

飯田天哉。デクの同級生となる品行方正な少年。ヒーロー一家に生まれ育った、いわばエリート。“個性”はふくらはぎに備わった器官によって驚異的なスピードで走ることができる「エンジン」。


「演じる轟焦凍の“個性”は半冷半燃と、体や名前から想像できるかもしれませんが、冷気を操る力と熱気を操る力を持っています。非常にクールで、淡々とした台詞が多い役回りですが、家族構成を含めていろいろな秘密があり、全力で演じています。原作を読ませていただいたときに本当に楽しい、面白い作品だと感じました。その思いをアニメにものせてみなさんにお届けできると思いますので、ぜひ放送を楽しんでいただければと思います」(梶裕貴)

「群雄割拠する世界において、平和の象徴と言われる“Mr.ヒーロー”がオールマイトで、ほかのキャラクターに比べて一人だけ作画が違って線が多いです(笑)。アフレコでは若者にもまれながら頑張っていますが、作品自体はすごく熱い作品なので、応援していただけるとありがたいです」(三宅健太)

「本作の原作は友情、努力、勝利といった「週刊少年ジャンプ」の王道中の王道といえる作品で、女性も男性も、老いも若きも楽しめること間違いなしだと思います。第1話を拝見しましたが、ワクワク感が高まっていく、そんな仕上がりでした。世代交代感が半端ないアフレコ現場ではありますが(笑)、先生役がしっくりきていて、作中同様、若いみなさんをビシビシ鍛えていけたらな、と思っています」(諏訪部順一)


オールマイト。ヒーロー界において、人気・実力ともにNo.1のヒーロー。“平和の象徴”とも称され、生み出す伝説は数知れず。陽気な性格と、パンチの風圧だけで雲を吹き飛ばすほどのスーパーパワーを持つ。しかし“個性”の詳細に関しては、現在のところ不明。

本作では小気味よく展開される物語に、原作コミックさながらのアメコミ風効果音が表示され、作品に独特の個性を与えている。その一方で、観る者の胸を打つようなシリアスな場面もあり、アクションとしてもコメディとしても楽しめる娯楽作品となっている。


『僕のヒーローアカデミア』絶賛放映中!!
毎週日曜、17時〜
MBS/TBS系列全国28局ネット

原作コミック好評配信中!
僕のヒーローアカデミア
僕のヒーローアカデミア
多くの人間が“個性”という力を持つ。だが、それは必ずしも正義の為の力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる!ん?私が誰かって?HA―HA―HA―HA―HA!さぁ、始まるぞ少年!君だけの夢に突き進め!“PlusUltra”!!
購入・詳細はこちら
ページトップへページトップへ

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan