このエントリーをはてなブックマークに追加

■横山隆一(よこやま・りゅういち) 
1905年、高知県高知市生まれ。1936年、「東京朝日新聞」東京版に『江戸ッ子健ちゃん』を連載開始。脇役のフクちゃんが人気を博し、改題して主人公となる。その後、「朝日新聞」全国版を中心に連載。1956年、「毎日新聞」に「フクちゃん」を連載開始、1971年の連載終了まで、15年間・5534回の長寿連載となる。他の代表作に『デンスケ』『百馬鹿』など。2001年死去。
西暦 作品名 概要 世相
1936年
(昭和11年)
江戸ッ子健ちゃん 1月25日〜9月30日。「東京朝日新聞」東京版に横山隆一初の新聞連載4コマ漫画開始。フクちゃんは脇役で14回めに登場。無鉄砲なキャラが人気を集めた。 2月26日、2.26事件が勃発。東京市に戒厳令布告(〜7月16日)
養子のフクちゃん 10月1日〜1937年7月31日。「朝日新聞」全国版にフクちゃんが主人公として連載開始。当初、フクちゃんは裕福な家の養子の設定だったが、やがて長屋暮らしとなった。
1937年
(昭和12年)
末っ子
ゴロちゃん
「朝日新聞」8月1日〜12月31日。一時、友だちのゴロちゃんが主役になるが、フクちゃんの人気は衰えず。 6月4日、第一次近衛内閣成立
1938年
(昭和13年)
フクチャン部隊 「朝日新聞」1月1日〜1939年7月6日。作中にも戦争の影が見え始める。日本文化協会より第1回児童文学賞受賞。 5月5日、国家総動員法施行
1939年
(昭和14年)
コドモ指南
アラクマ道場
「朝日新聞」7月7日〜12月31日。日中戦争2年目を機に改題。アラクマの道場にフクちゃんたちが通う。 9月1日、ナチス・ドイツ軍とスロバキア軍によるポーランド侵攻、第二次世界大戦勃発
1940年
(昭和15年)
ススメ!
フクチャン
「朝日新聞」1月1日〜12月31日。神武天皇即位紀元2600年を機に改題。 9月27日 、日独伊三国軍事同盟成立
1941年
(昭和16年)
フクチャン実践 「朝日新聞」1月1日〜12月18日。掲載面を縮小して改題。12月に横山隆一はジャワ島へ従軍として派遣される。 12月8日、日本軍の真珠湾攻撃で太平洋戦争が開戦
1942年
(昭和17年) 
ジャバのフクチャン 「朝日新聞」6月23日〜8月23日。ジャワ島で横山が現地の風土を伝える内容で、フクちゃんを描く。 6月5日、ミッドウェー海戦
フクチャン 「朝日新聞」9月22日〜1943年12月31日。手旗信号など戦時中の題材が多く描かれる。
1944年
(昭和19年)
フクチャンノ
大東亜
コドモカイギ
「朝日新聞」1月1〜2日、11コマで描かれた特別編。当時の日本のアジア支配を正当化する「大東亜共栄圏」の影響がみられる。 11月24日、サイパン米軍基地から飛来したB-29によって東京が初空襲
1949年
(昭和24年)
デンスケ 「毎日新聞」12月1日〜1955年12月31日。サラリーマン漫画の先駆け。フクちゃんの特別出演あり。 10月、湯川秀樹、ノーベル物理学賞を受賞。日本人初のノーベル賞受賞者
1950年
(昭和25年)
デンスケ★
フクちゃん
「サンデー毎日」9月〜1951年9月。ファンからの要望で、デンスケとフクちゃんのコラボ作品が実現。この時期に、六大学野球の早慶戦の際に、「ふくちゃん」を早稲田大学のマスコットとして使用することを横山が承諾。 6月25日、朝鮮戦争勃発
1956年
(昭和31年)
フクちゃん 「毎日新聞」1月1日〜1971年5月31日。フクちゃんとおじいさんによる四季折々の日常が描かれる。時代の移り変りが感じられる。 10月17日、日本シリーズで西鉄が巨人を下し、球団創設以来の初日本一
1971年
(昭和46年)
フクちゃん 「毎日新聞」1971年5月31日、5534回にて連載終了。横山が最終回を描いたペンとメッセージ漫画を長谷川町子に贈る。 5月14日、第48代横綱・大鵬が引退表明
©横山隆一
ページトップへページトップへ

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
新刊オート便
>>発売日に自動で本棚に届く! 新刊オート便はこちらから
今週の無料の本
>> 無料で読める本はこちらから
今週のお得な本
>>割引&ポイントUP作品はこちらから
紙の本と同時発売コーナー
>> 紙の本と同時発売コーナーはこちらから
話題の映像化特集
>> ドラマ化、アニメ化、映画化作品の原作コミック・小説を一挙ご紹介!
このエントリーをはてなブックマークに追加