このエントリーをはてなブックマークに追加
『DimensionW』スペシャルステージ レポート in AnimeJapan 2016
3月27日(日)AnimeJapan 2016 BLUEステージにて、「『Dimension W』スペシャルステージ」が開催されました。当日は、マブチ・キョーマ役の小野大輔さん、百合崎ミラ役の上田麗奈さん、ハルカ・シーマイヤー役の梶裕貴さんが登壇し、アフレコ現場の模様や、本作への思いをお話しいただきました。まずは『Dimension W』のステージは初めてという梶裕貴さんにハルカ・シーマイヤー役を演じての感想を伺います。
『DimensionW』スペシャルステージ
レポート in AnimeJapan 2016
共演キャストを驚かせた純粋な悪役
梶裕貴
「声の雰囲気や高さなど余計なことは考えず、それこそもうクズに徹して役を楽しみながら演じられたと思っています」
上田麗奈
「原作と比べて「あっ、ここはこんな形に変わったんだ」という驚きもポイントだと思います」
小野大輔
「「役者として何て幸せなんだろう」と思えた、そんな現場でした」

梶裕貴(以下、梶) 「ディメラジ〜Dimension W Radio〜」では、上田(麗奈)さんに「クズだ」と言われているようですが、僕自身はそこまでクズではないと思って生きているので、シーマイヤーのようなキレたクズをいろんな手練手管で演じられたのは本当に楽しかったです。

上田麗奈(以下、上田) 違う、違うんです。普段の梶さんはすごく素敵な人なんですけど、マイク前だとクズで(笑)。そのギャップがすごかったんです。

小野大輔(以下、小野) ハルカ・シーマイヤーのような演技をしている梶君をぼくは見たことがなかったので、この現場に入って梶君の新たな一面に気付かされました。声の高低やひずませ方といった技術的なことを超えて、すごくパワフルに演じている姿に感動して。「すっごく感じ悪い〜」って(笑)。

 感じ悪いことに、そこまで感動してもらえてたんですね(笑)。(ハルカ・シーマイヤーは)かなりの狂気を持った悪でしたので、その役を演じるにあたっては、声の雰囲気や高さなど余計なことは考えず、それこそもうクズに徹して役を楽しみながら演じられたと思っています。


楽しみながらシーマイヤーの持つ「狂気」を演じたという梶さん。File.12でのシーマイヤーとキョーマの対決の行方が気になる。

最終話の見どころについても伺いました。

上田 キョーマとミラが自らの過去に対してどのように向き合っていくのかを楽しみにご覧いただければと思います。原作と比べて「あっ、ここはこんな形に変わったんだ」という驚きもポイントだと思います。

 ぼくは終盤からの参加でしたが、とても素敵な現場で、みんなと良い作品を作ろうという空気が満ちている現場でした。芝居に集中できましたし、何よりシーマイヤーを全力で頑張らせていただきましたのでぜひ最終話、お楽しみください。長台詞でしゃべってますし、ゼーゼーハーハーしながら、酸欠で前が見えなくなるくらい気合を入れて芝居させていただきました。原作はまだまだ続いておりますので、そちらも応援よろしくお願いいたします。

小野 キャスト、スタッフ、みんなの熱量が高く、本当に最終話を録っているときも「役者として何て幸せなんだろう」と思えた、そんな現場でした。
それはバディであるミラ、上田さんを見ていても思うことで、この作品を通して彼女はすごく成長したな、と思います。ラジオなどのトークでは、ちょっと昔の自分を見ているようで、同族嫌悪を抱くのですが(笑)、でも、このメンバーで一緒に演じられたことは本当に宝物になりましたし、すごく印象深い仕事でした。
 ぼくはこの作品の「コイル=可能性」だと思っていて、この作品を通して新しい可能性、新しい芝居、新しい熱量を出すことができたと思います。最終回なので、きちんとお話しは終わっていますが、良い意味で最終回らしくないというか、未来につながっていく、これこそが『Dimension W』だという最終回になっていると思いますので、みなさん期待して、そして安心して見届けてください。


写真左からAnimeJapan 2016『Dimension W』ステージ司会の鷲崎健さん、ハルカ・シーマイヤー役の梶裕貴さん、マブチ・キョーマ役の小野大輔さん、百合崎ミラ役の上田麗奈さん。絶妙なチームワークでステージを盛り上げてくれました。


原作コミック好評配信中!
ディメンション W
ディメンション W
次元間電磁誘導装置、通称“コイル”と呼ばれる発明品の誕生によりエネルギー問題が解決した2072年――。不正コイルの“回収屋”を生業とするマブチ・キョーマは、とある依頼の最中に謎の少女ミラと遭遇する。それはX・Y・Zに続く次元軸『W』の秘密へと近付く運命の出会い……?人類と科学の未来を示すプログレッシブSF、始動!!
購入・詳細はこちら
「Dimension W 特装限定版 2」 Blu-ray 2016年4月22日発売
Blu-ray特装限定版:¥7,000(税抜)
発売・販売元:バンダイビジュアル

Blu-ray[特装限定版] 第6巻には新作OVAを収録!! 8月26日発売
どんな作品になるかは決まっていませんが、「どんな物語を見てみたい?」の問いに、小野さんから下記のコメントがありました。
「コオロギの恋が見てみたいです。マリーのこといいと思っているみたいで、ふくよかな女性が好きみたいなんですよね。ミラの修理をするときに少しだけ触れられたところもありますが、あまり語られていないので。コオロギとマリーの話が見てみたいですね」(小野大輔)
ページトップへページトップへ

本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan