掲載期間:2018/02/14~2018/02/25

スポーツが盛り上がる今、読みたい!

今大会注目の羽生選手!無料本が配信中!

  • 【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~

    高山真

    【電子版限定】38年間フィギュアスケートを見続けてきた生粋のスケートファンである著者が、フィギュアスケート界で人気実力ともにナンバーワンを誇る羽生結弦をはじめ、平昌オリンピックに出場するスケーターや、歴代のスケーターたちの名プログラムに関して愛情たっぷりに語りつくした『羽生結弦は助走をしない』(大好評配信中)。平昌オリンピックに、書籍の刊行を間に合わせるため「語り足りなかった」12月下旬の全日本選手権フィギュアスケート選手権観戦記含む、集英社新書HP上で連載中のエッセイ「『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~」第1回~第3回に加え、「青春と読書」2018年2月号に掲載された特別エッセイを収録した特別無料ガイド! 【目次】『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~(第1回) 全日本フィギュアスケート選手権から感じた、スケーターの「意志」/(第2回)エッセイストから言葉を奪う、羽生結弦の『ノッテ・ステラータ』をあえて言葉にしてみた/(第3回)羽生結弦の「絶対に勝ってやる!」という言葉に、カタリナ・ヴィットからのエールを思い出す/ジャンプ以外に目を向けるとフィギュアはもっと楽しい(「青春と読書」2018年2月号掲載)/「羽生結弦は助走をしない」試し読み

    0円(税別)  0pt

更に関連本はこちら!

  • 羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

    高山真

    フィギュアスケート界で人気実力ともにナンバーワンを誇る羽生結弦。しかし羽生のスケーティングを語るとき、たいていの人は「美しい」「観客を引き込む」という曖昧な表現に終始するか、「何回ジャンプを跳べたか」という点をクローズアップするばかりだ。著者は、38年間この競技を見続けてきた生粋のスケートファン。マニアックな視点で、「羽生の演技の何がどう素晴らしいか」を、表現、技術の両面から徹底的に分析する。羽生以外の現役男子・女子スケーターはもちろん、歴代スケーターたちの名プログラムもフィギュア愛炸裂で語りつくす!【目次】まえがき/用語解説/第1章 フィギュアスケートの「本当の魅力」とは/第2章 「表現力」「芸術性」とは何か/第3章 羽生結弦の名プログラム ここがすごい/第4章 平昌オリンピックのシングルスケーターはここがすごい/第5章 歴史から学ぶ――選手が望むもの、私が望むもの/あとがき

    680円(税別)  7pt

  • Sportiva 羽生結弦 いざ、決戦のシーズン 日本フィギュアスケート2017-2018シーズン展望号

    Sportiva編集部

    2018年2月の平昌五輪を控え、例年以上に注目が集まる「フィギュアスケート」。主役を張るのは、もちろん五輪連覇の偉業に挑む羽生結弦!50ページ以上のボリュームでお届けします!先日行なわれた今季初戦のオータムクラシックをはじめ、夏場のアイスショー、練習拠点のトロントでの写真を多数掲載しています。また、臨場感あふれる競技写真だけではなく、気さくな表情のオフショットも。その羽生を追いかけて、急成長を遂げた宇野昌磨やシニアデビュー戦をいきなり優勝で飾った本田真凜にも注目。さらに宮原知子、三原舞依、樋口新葉、坂本花織、無良崇人ら期待の日本人選手たちの近況も伝えます。その他、解説者・本田武史氏のコラム、現役引退した浅田真央のルポ、日本男子フィギュアの盛衰を綴ったノンフィクション『挑戦の歴史』など、盛りだくさんの内容です。■CONTENTS■羽生結弦 いざ、決戦のシーズン日本フィギュアスケート2017-2018シーズン展望号羽生結弦 オータムクラシック詳報羽生結弦 トロント公開練習フォトギャラリー羽生結弦 インタビュー本田武史が解説「今季の羽生結弦」宇野昌磨 本田真凜フォトギャラリー宮原知子、三原舞依、樋口新葉、田中刑事、無良崇人ほか浅田真央ルポ好評連載 ノンフィクション『日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史』※内容は変更になる場合がございます

    1296円(税別)  13pt

  • Sportiva 羽生結弦 五輪V2への挑戦 日本フィギュアスケート2018平昌五輪展望号

    Sportiva編集部

    五輪イヤーということで、例年以上の盛り上がりを見せる日本フィギュアスケート。全日本選手権が終わり、みなの興味は平昌五輪へ。まずは、五輪連覇へ大きな期待がかかる羽生結弦をクローズアップします。前回の金メダルから4年、ここまでどのような道のりを歩んできたか、豊富な写真で振り返り、全公式戦に同行した番記者の解説で振り返ります。さらに10月に出場したロシア杯、11月に地元・仙台で行なわれた「写真とポスター展」の模様も収録しました。また、羽生の背中を追う宇野昌磨、田中刑事、全日本フィギュアで激闘を繰り広げた宮原知子、坂本花織、樋口新葉、三原舞依、本田真凜も大きく取り上げます。その他、好評連載『日本男子フィギュアスケート 挑戦の歴史』、『荒川静香 トリノ五輪への道』と読み物も充実。平昌五輪に向けて、気分が高まる1冊です。■CONTENTS■羽生結弦 五輪V2への挑戦日本フィギュアスケート2018平昌五輪展望号特別寄稿 宇都宮直子エッセイ羽生結弦 ロシア杯フォトギャラリープレイバック羽生結弦2014~2017 番記者・折山淑美が語った「羽生結弦 4年間の成長と苦悩」羽田結弦 写真とポスター展 in 仙台「初めての五輪」宇野昌磨/田中刑事「平昌五輪サバイバル、ついに決着!」宮原知子/坂本花織/樋口新葉/三原舞依/本田真凜荒川静香 トリノ五輪への道好評連載 ノンフィクション『日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史』※表紙、内容は変更になる場合がございます

    1296円(税別)  13pt

更に熱くなるスポーツ本が20%OFF!