掲載期間:2017/11/15~2017/11/28

ネオンに咲け!夜の世界で生きる女特集

複数巻無料!

  • 女帝花舞 (1)

    倉科遼

    銀座の女帝・彩香の娘として育った明日香。名門の娘が多い私立校で水商売の娘と蔑まれ、鬱積した不満を抱えていた。女帝の母にも反抗。憧れは祇園の舞妓に…。そんな時、育ててくれた安西のお婆ちゃんが死に、明日香の心に穴が空いてしまう。相談した菱和会会長の伊達に「ママに反抗するなら、ママの手から離れてお前の力で生きろ」と言われて決心、十七歳で家出して京都へ出た。祇園甲部にある屋形を兼ねた茶屋の『よし野』に入ろうとするが、身元のしっかりした者でないと駄目だと断られ、母を頼れない明日香は、伊達のもとに…。名作『女帝』の、続編がリリース!彩香の娘・明日香の新たな女帝伝説が始まる!!

  • 女帝花舞 (2)

    倉科遼

    祇園の女帝になるという明日香に、伊達は保証人になることを承知する。伊達の元に泊まった明日香は、そこで修行している本城組組長の息子・武士に出逢い、好意を持った。『よし野』で芸妓修行に入った明日香は、かつての名妓・代志乃をおかあさん(女将)として、”仕込みさん”となる。屋形同士もライバルという同期の美佳に、明日香は必死について行った。そこへ、高校の時のBFだった康平が、明日香を追って京都にやってくる。会っていたことを叱られた明日香は、自分はまだ処女であることと、舞妓の間はそれを守り通すことを宣言した。手本や相談相手にしてもらおうと、代志乃は明日香を、売れっ子芸妓・雪乃の付け人にする。

  • 女帝花舞 (3)

    倉科遼

    京大受験で京都に来ていた、杉野謙司と出会う明日香。翌日京都案内をするが、悩んでいるらしい雪乃を見かけた明日香は謙司を美佳にまかせて、後を追った。雪乃の相手は、大御所歌舞伎俳優の吾妻征四郎。惚れた雪乃が自殺未遂まで引き起こした相手だと判る。美佳は謙司が外務大臣・杉野謙一の息子だと知った。電車でヤクザに絡まれた明日香は、武士に救われる。五条烏丸会系の石田組に不穏な動きが…。師岡組の者を撃って逃げた石田組の男と鉢合わせした明日香は、危うく撃たれかかった。祇園祭が終わったら、抗争に?相談に行った明日香は、抱こうとする武士を拒んだ。処女の舞妓は、高く売れる。私は極道の情婦にはならないと…。

  • 女優 (1)

    倉科遼

    幼い頃から女優になることを意識していた浅倉瞳。16歳になって連続ドラマ主演女優オーディションに応募した。合格者はすでに大手芸能プロが推す上原さやかに決まっていたが、最終選考に残った瞳は審査員を唸らせる演技を見せる。その才能に注目したプロデューサーの白石は、瞳をスカウト、独立して事務所を立ち上げた。スナックをやっている瞳の母は、高校を出ることと20歳まで処女でいることを条件に、芸能界入りを許可。高校を卒業するまでしっかりレッスンを受けた瞳は、スペシャルドラマ『春嵐』でデビューを果たす。その間に先の主演ドラマで演技の拙さを酷評されたさやかは、芸能界から消えていた。

  • 女優 (2)

    倉科遼

    ドラマ撮影で瞳の演技力が皆に認められる。『春嵐』が放送され、大人気になり仕事依頼が瞳に殺到した。瞳は『春嵐』で演じた清楚で控えめで健気な薫のイメージを守っていくことを決心する。プロデューサーの阿久津は、瞳を使って局内での出世を狙い、来年の春からの連ドラを用意した。その前に映画をやりたい瞳は、『青春の空』に出演の決まっている矢作に、映画の共演を頼む。演技派俳優であるがプレイボーイの矢作に抱かれかけるが、母との約束を盾に拒んだ。矢作も瞳が一人前になるまで待つと約束。阿久津は白石の願いに瞳が映画に出てから連ドラ出演をすることを承知するが、条件として瞳の処女をよこせと要求した。

  • 女優 (3)

    倉科遼

    映画プロデューサーの榎に会う白石と瞳。ヒロイン幸恵役が日向真紀に決まりかけていたことを知る。それは何と、さやかだった。本格女優として、演技を勉強し直してきたのだ。2人で演技テストを受けることに。榎たちからの課題は、『挫折』の表現。瞳は母の挫折を手本に決め過去を聞いた。大部屋女優だった母、脇役だった男と付き合い、その男から仕事を取るためにある脚本家に差し出され、強姦される。冷酷な世界に絶望して去った後に、妊娠を知った。どちらの男の子供か判らない。しかし産まれた瞳を、生きる希望としてきたのだ。瞳は母の挫折を演じた。しかし結果を待つ間に、瞳は榎と矢作がバイ・セクシュアルであることを知る。

  • Dreams (1)

    倉科遼

    有名歌手のバック・ダンサーを務めてきた真知子。芸能界で芽が出ないまま、22歳でプロダクションをクビになってしまった。生活のために、振り付け師の森山の仕事を手伝うことに。そこでキャバクラ『KINGS』のショーに出会い、レベルの高さに驚かされた。千葉のキャパクラ『エレーヌ』でダンスの振り付けをするが、4人しか使えず、真知子も一緒に踊ることに。客に注目されて、臨時にホステスもやる羽目になった。ホステスのイロハも知らなかった真知子は、別の店のママにホステス失格だと叱られ、本気で接客の勉強をする決心をする。『ラグーン』に勤め、真知子の振り付け師とホステスの、二重生活が始まった。

  • 順子 (1)

    倉科遼

    私、田村順子は、1941年東京の巣鴨に生まれました。信州の田舎に疎開中父が亡くなり、酷いいじめを受けたために、姉と共に池袋千早町の叔母の家に預けられたのです。高校生でOLになった姉と一緒に中野区のアパート暮らしを始めました。ちょっと不良していた17歳の時、モデルのスカウトを受け銀座へ行ったんだけど…。相手に会えず、帰りのお金もなくて途方に暮れていた時に、電車賃を貸してくださったのが、森崎達也さん。大手家電メーカーの社長さんだったんです。彼の紹介で、モデルの仕事をし、セレブの生活を堪能させて貰いました。そして卒業後、銀座の伝説になった『妃』のママ・洋子さんのもとでホステスに…。

  • 順子 (2)

    倉科遼

    『妃』三羽烏の貴子、ふみえ、樹里さん達は優しかったんだけど、年の近い加奈ちゃんは私に敵愾心を抱いてました。森崎さんのことを打ち明けて、了承して貰った私は、母と一緒に暮らすことに…。ホステスとして順調に伸びていた時、大学時代から銀座で遊んでいる小滝産業の二代目・栄一さんと知り合いました。森崎さんには援助を断り、これからは愛人じゃなくて恋人として付き合っていこうと約束したんです。栄一さんとは若いだけに楽しい付き合いを続け、とうとうヨットの上で抱かれてしまいました。私は森崎さんとの間で悩み、揺れる女心を持てあましていたのですが、その時、栄一さんの愛人だと名乗る女性が…。

  • 夜光華~聖女帝~ (1)

    倉科遼

    【フルカラー作品】ネオン街を舞台に『女帝』を始め、数々のヒットを飛ばした原作者・倉科遼が、超美麗タッチの女流作画家・東克美と組んだもうひとつの銀座純愛物語……。夜の銀座は身ひとつで己の才覚と努力次第でのし上がれる世界。銀座…昼は高級ショッピングの街として女たちが闊歩し、夜は、高級クラブに勤める女性たちに男が群がる欲望の街…。そして銀座は、昼も夜も“おんな”が主役の街――。銀座ナンバーワンホステスを目指し、北海道から上京した晴美は、銀座で、生きて、稼いで、貧乏から抜けだすことを誓った……。

セットが今だけ半額!

  • 【割引版】女帝花舞 (全巻)

    倉科遼

    銀座の女帝・彩香の娘として育った明日香。名門の娘が多い私立校で水商売の娘と蔑まれ、鬱積した不満を抱えていた。女帝の母にも反抗。憧れは祇園の舞妓に…。そんな時、育ててくれた安西のお婆ちゃんが死に、明日香の心に穴が空いてしまう。相談した菱和会会長の伊達に「ママに反抗するなら、ママの手から離れてお前の力で生きろ」と言われて決心、十七歳で家出して京都へ出た。祇園甲部にある屋形を兼ねた茶屋の『よし野』に入ろうとするが、身元のしっかりした者でないと駄目だと断られ、母を頼れない明日香は、伊達のもとに…。名作『女帝』の、続編がリリース!彩香の娘・明日香の新たな女帝伝説が始まる!!

    4200円(税別)  210pt

  • 【割引版】女優 (全巻)

    倉科遼

    幼い頃から女優になることを意識していた浅倉瞳。16歳になって連続ドラマ主演女優オーディションに応募した。合格者はすでに大手芸能プロが推す上原さやかに決まっていたが、最終選考に残った瞳は審査員を唸らせる演技を見せる。その才能に注目したプロデューサーの白石は、瞳をスカウト、独立して事務所を立ち上げた。スナックをやっている瞳の母は、高校を出ることと20歳まで処女でいることを条件に、芸能界入りを許可。高校を卒業するまでしっかりレッスンを受けた瞳は、スペシャルドラマ『春嵐』でデビューを果たす。その間に先の主演ドラマで演技の拙さを酷評されたさやかは、芸能界から消えていた。

    1500円(税別)  75pt

  • 【割引版】Dreams (全巻)

    倉科遼

    有名歌手のバック・ダンサーを務めてきた真知子。芸能界で芽が出ないまま、22歳でプロダクションをクビになってしまった。生活のために、振り付け師の森山の仕事を手伝うことに。そこでキャバクラ『KINGS』のショーに出会い、レベルの高さに驚かされた。千葉のキャパクラ『エレーヌ』でダンスの振り付けをするが、4人しか使えず、真知子も一緒に踊ることに。客に注目されて、臨時にホステスもやる羽目になった。ホステスのイロハも知らなかった真知子は、別の店のママにホステス失格だと叱られ、本気で接客の勉強をする決心をする。『ラグーン』に勤め、真知子の振り付け師とホステスの、二重生活が始まった。

    750円(税別)  38pt

  • 【割引版】順子 (全巻)

    倉科遼

    私、田村順子は、1941年東京の巣鴨に生まれました。信州の田舎に疎開中父が亡くなり、酷いいじめを受けたために、姉と共に池袋千早町の叔母の家に預けられたのです。高校生でOLになった姉と一緒に中野区のアパート暮らしを始めました。ちょっと不良していた17歳の時、モデルのスカウトを受け銀座へ行ったんだけど…。相手に会えず、帰りのお金もなくて途方に暮れていた時に、電車賃を貸してくださったのが、森崎達也さん。大手家電メーカーの社長さんだったんです。彼の紹介で、モデルの仕事をし、セレブの生活を堪能させて貰いました。そして卒業後、銀座の伝説になった『妃』のママ・洋子さんのもとでホステスに…。

    1200円(税別)  60pt

  • 【割引版】夜光華~聖女帝~ (1~5巻セット)

    倉科遼

    【フルカラー作品】ネオン街を舞台に『女帝』を始め、数々のヒットを飛ばした原作者・倉科遼が、超美麗タッチの女流作画家・東克美と組んだもうひとつの銀座純愛物語……。夜の銀座は身ひとつで己の才覚と努力次第でのし上がれる世界。銀座…昼は高級ショッピングの街として女たちが闊歩し、夜は、高級クラブに勤める女性たちに男が群がる欲望の街…。そして銀座は、昼も夜も“おんな”が主役の街――。銀座ナンバーワンホステスを目指し、北海道から上京した晴美は、銀座で、生きて、稼いで、貧乏から抜けだすことを誓った……。

    1000円(税別)  50pt