イヌサキ
【イヌサキ】さん
イヌサキさんのお気に入りレビュアー
イヌサキさんをお気に入り登録しているレビュアー
10人
参考になった総数
23

【イヌサキ】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 最初、表紙の雰囲気だけを見て「きっと超シリアスなストーリーに違いない…」と確信していたのですが、まったく違いました! エリート官僚(※ちなみに、職務内容は色仕掛けなど。なんか色々ぶっ飛んでいる※)のすれ違い、嫉妬(=おしおきエッチ)、和解(=仲直りエッチ)がこれでもかと繰り広げられており、おバカな溺愛系BLがツボの方に間違いなくおススメです。で、何がすばらしいって、言葉責め。単に卑猥なことを言う・言わせるのではなく、身体と心を追い詰めながら同時に逃げ道を与えることで、自分の望む方向に相手の言動を誘導していくという匠の技が光っているのです。さすがプロ(?)、と唸らざるを得ない。なお、2017年3月現在第3巻まで配信中ですが、基本読み切り形式なので安心して読み始められるのではないかと思います!
    • 参考になった 5
    投稿日:2017年03月10日
  • 【攻めが可愛い】勤め先の書店の常連さん(超好み)と、あるきっかけから仲良くなって、身体も重ねて相性バッチリじゃない⁇なんて思った矢先に発覚した一回りの年の差…! 攻めは大人びた風貌の高校生・知花くん。受けは童顔の書店員・柊さん(ゲイ)です。そして見た目とは異なり、お互い年相応のコドモっぽさ、オトナらしさを兼ね備えており、そのギャップに驚きつつも惹かれあってしまうふたりなのですが、柊さんがオトナの分別というやつで知花くんに一線を引いちゃうんですね。それでも諦めない知花くんに柊さんは…!? というお話。全体的に静かにお話が進行していく中で、ふとした表情から柊さん・知花くんの切なさや喜びが伝わってきて、すごくグッときました。粘り強い恋、そして可愛い攻め、愛すべき攻めがお好きな方におススメです!
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年03月03日
  • 【ほっこり感動】幼い頃の記憶から悪夢にうなされてしまい不眠症の一紫さん。表紙(左側です)をご覧いただいてもわかる通り、大変麗しいです。その一紫さんが長年の不眠により疲弊している姿、なんとも痛々しい……。で、そんなつらい状況から救い出してくれるのが同僚の和深(超いい声)なわけですが、この和深がまたいい。本当に親切心でスケベ心とかもなく、一紫さんの不眠症が治るまでの同居をサクッと切り出したり、一紫さんが申し訳なくなるくらい親切に…寝付くまでお腹ポンポンまでしてくれるという。懐が大きいなあという感じ。で、すごくすごく恐縮しながらその親切に甘えてしまう一紫さんの可愛さたるや。メインのふたり以外のキャラも思いやり溢れていて、救いに満ちた、胸温まる感動の一冊でした!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年03月03日
  • 攻めはドMがとりえの売れないお笑い芸人・阿久津君。受けは阿久津君の清掃バイト先に勤める、ドM心をくすぐるエリートリーマン・泉川さん。最初は泉川さんの見た目に惹かれて、オカズにしたりしていた阿久津君ですが、ある日ひょんなきっかけから泉川さんと“お知り合い”になり、だんだんと泉川さんに対する印象が変わっていきます。そう、泉川さんは阿久津君が妄想したようなSキャラではなく、めちゃくちゃいい人だったのです。新たな一面を新鮮に受け止めつつも、これでもう泉川さんに対してやましい考えを抱くこともなくなるはず――と思っていた阿久津君でしたが…!? とある事情から感情を表に出すことをこらえていた泉川さんが見せる、笑顔、ひそやかにウキウキした姿、可愛すぎてたまりません。阿久津君の“Dreams come true”な後日談も、超ラブラブで勝手にやってて欲しい!(満面の笑み!)っていう感じで◎!!! 阿久津君の相方・西君(コミュ力モンスター)や、お笑い仲間たちとの関係も良くて幸せな1冊でした。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月24日
  • モテるけど本命には弱い残念イケメンDK×家事も育児もそつなくこなすけど天然でオクテなDKの恋…最高でした…。イケメン颯斗が悶々と想いを募らせて、海誠の一挙一動に一喜一憂するところも、距離は確実に縮まっているのにもう一歩が踏み出せずに切なさが溢れちゃうところも、すごく愛しいです(モノローグが超いい…)。オクテな海誠の天然ゆえの無防備攻撃も…クラックラします…!! 海誠がまた、かわいいだけじゃなくて素直で、健気で、いざというときの男気もあるのが素敵。友達からはじまるDK×DKを思う存分楽しめること間違いなし! そしてじれじれした分、読後のムフフ感も半端ないな~ッ(´///`)おススメです!!
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月10日
  • 好みがわかれる絵柄かもしれませんが、まずは読んでいただきたい…! 『両想いなんて冗談じゃない!!』は、遊び人オヤジ×そのオヤジに高校時代から25年間片思いをしていた健気オヤジを描いた同級生親友ものでして、オヤジスキーにとりわけずっぽり刺さる1冊なのですが、何がいいって、切なさとおかしさとドキドキ展開のバランスが絶妙なのです! 読んでいる途中で、あれ、これ両想いなんじゃね……!? と思う描写があるのですが、オヤジならではの姑息さと健気さがあってすごくファーーーーッ!!!!っと来ます。タイトルや表紙から、実は両想いなんであろうことはわかっていたのに、大歓喜してしまいました。長年の想いが実ってよかったね……と胸がアツくなるエロも描かれていて、大満足の一冊です。
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月10日
  • オタ会長とヤンキー嫁…ということは、うぶいオタク君がオラオラなヤンキー嫁に振り回されて、あわわわわ…なお話かな? と思ったのですが、違いました!! まずオタ会長。まったく気弱ではありません。“ファッションオタじゃねえ、ガチオタのオタ様”であり、学校の頂点に君臨するお方です。そしてヤンキー嫁……見た目こそギャル男風ヤンキーですが、素直で心優しい超いい子です。オラついているどころか、物静かなくらいな印象。で、その見た目の印象とは異なる二人が織りなすラブ。これがいい! カオスなギャグあり、キュンあり、ホロリありでよい本を読んだな…と大満足です。エロもしっかりと描かれていて、かつ“好き”の気持ちが伝わってくるのが素晴らしいなと。
    • 参考になった 8
    投稿日:2017年01月27日
  • 好きなんです、雁須磨子先生。人間味あふれるけど生臭くなくて、色々あるけど全体的にはちょっとおとぼけな生活というか。で、なかでも一番好きなのがこちら、『のはらのはらの』なんです。暑い暑い夏の日、具合が悪くて動けなくなった西戸崎は、同じ高校の先輩・糸島に親切にされる。腰を傷めて野球をやめてしまった糸島。西戸崎は糸島が気になってしかたがない。ずきずきして、くらくらして――この気持ちはなんなのか? もう解説からしてキュンキュンくるわけなのですが、ほんの些細なきっかけで恋に落ちて、好きな人と仲良くなりたい…と思ってたら、いつの間にかその人の住む町にまで行ってしまって、これはもしやストーカーというやつなのでは…!? と落ち込んだり、色々悩むあまり「あがががが、やだもー!!!」みたいな感じになったりと、とにかく初々しい! すごく男子高生!! ほのぼの時々、ぷぷっと噴き出す、あたたかい気持ちになりたいときにおススメの1冊です!
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年01月27日
  • 1