シダ
サイト運用チーム【シダ】さん
シダさんのお気に入りレビュアー
シダさんをお気に入り登録しているレビュアー
26人
参考になった総数
217

【シダ】さんのレビュー一覧

表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/212件 を表示

  • 矢吹丈。永遠のヒーローという代名詞がこれほど似合うキャラは他にないと思います。手のつけられない不良だったジョーが、ボクシングと出会い、力石というライバルと出会い、目標(=あした!)へと歩んでゆく物語!! タイトル天才すぎますよね…。『ジョー』といえば、ラストシーンがあまりに有名ですが、その最大の布石は、紀ちゃんとの公園の場面でした(※いちおう以下ネタバレ注意です)。「もうボクシングやめたら」という紀ちゃんに、めずらしく胸の内を吐露するジョー。「負い目や義理だけで拳闘やってる訳じゃないぜ」「後には真っ白な灰だけが残る……(中略)そんな充実感は拳闘をやる前にはなかったよ」。ここまで読んできて、初めてジョーの秘めた思いに触れた気がします。あんなセリフを聞いたら、ぐっときますよ。ところがなんと紀ちゃん、ここでジョーのもとを去っていってしまった……! 男と女の温度差を、これでもかと突き付けるシーンでございました。もうあれで僕は決定的にジョーの応援団になりましたよね。紀ちゃんがいなくても俺がいるよ、と。俺だけは分かってるよ、と。(きっとみんなそう。)こんな風に、想いをよせくれる人と別れ、パンチドランカーの恐怖を打ち払い、世界の頂点たる男・ホセとの戦いを目指すジョー。パチンコだけでもじゅうぶん食べていけるほどの腕前を持っているのに、なぜそんなにがんばるの…、もう十分じゃないですか…、と何度思ったことでしょう。やめることの許されない戦いをつづけるジョーの姿。苦しみもがき、また次に挑む。果てしない繰り返し…。はたからみると破滅的だけど、そこにヒーロー像を見てしまうのが男子というもの。ジョーの生き方には、揺るぎない情熱と信念が表現されています。やっぱりジョーは永遠のヒーローです。 …以上、あしたはどっち?なシダがお送りしました(・∀・)  (2013/1/8)
    • 参考になった 1
    投稿日:2013年01月08日
  • アウターゾーン……それは現実世界の外側に存在する世界。謎の美女ミザリィが、あなたをこの奇妙な世界に誘います。一話完結タイプのオカルト、ホラー作品。少年ジャンプ連載当時は、他の連載作品とは趣が異なっていて、毎週楽しみにしていました。お色気シーンも意外と多いですしねw あんまり怖すぎないところがちょうどよい感じです。超能力や魔法、幽霊っぽいものや怪物などなど、毎回趣向を凝らしたものが出てきて飽きません。人の心の闇を描く毒のあるストーリーが多くて、そこがツボなのかも。 (2012/12/25)
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年12月25日
  • クレイモア=大剣。人間を捕食する「妖魔」を狩る女戦士たちが、一様に大剣を帯びているため、人々は彼女たちをいつしか「クレイモア」と呼ぶようになった。「妖魔」に対抗する力を得るため「妖魔」の血肉をその身に取り込んだ半人半妖である彼女たちは、人々を守る存在であり、同時に人々に忌み嫌われる者たちでもあった。さらに、力を使いすぎると彼女たちもまた妖魔になってしまう──。過酷な宿命を背負った「クレイモア」の戦いを描くファンタジーですが、そうとうえげつないストーリーです。絶望的な状況が絶え間なさすぎて、読む方もしんどいほど! クレアがんばれーって応援しながら読んでますよw 最後はハッピーエンドであってほしい、と願わずにいられない。。超読み応えあることはお約束しますが、気軽に読んでみてーとおススメできる作品ではありません! 重いです! 覚悟してお読みください! (2012/12/18)
    • 参考になった 6
    投稿日:2012年12月18日
  • この日が来るのを待っていました!! 空前絶後の大ヒット漫画『DRAGON BALL』がついに発売です!!! みなさん十分すぎるほどご存知ですよね。孫悟空の大冒険! 夢いっぱい! 感動いっぱい! そして、あの究極のバトルの数々! もう楽しすぎですよね。わたしは年末年始にとっておいてじっくり読みたいと思います!! みなさんはどうされますか!? (2012/12/11)
    • 参考になった 4
    投稿日:2012年12月11日
  • す、睡眠時間が……! どんどん「ジョジョ」が出てくるのです。そろそろ睡眠不足も限界に差しかかってまいりました。それなのに明け方になるまで読んでしまいます。もう今日の仕事どーでもいいわーとか思っちゃいます。そしてまた次の日、同じことを繰り返すのです。まさにバイツァ・ダスト…! 「ジョジョ」恐るべし。いまになって読み返すと、この漫画にはいろいろとトラウマを与えられていたことがよく分かります。「でも、あーゆートコの『会員』ってのは、どーなんだろうな? 一週間もフロに入ってないヤツが、チン●いじった手で同じダンベル持ち上げたり、プールに入ったりするのかな?」 潔癖症ぎみになってしまったのは、このセリフが原因なのを確信しました。ぼく人生変えられてます。「ジョジョ」恐るべし。それにしても第四部は、男気のあるかっこいいシーンがほんとに多いです。康一や川尻早人が覚悟決める瞬間とか、びしっと描かれます。好きなのがハイウェイ・スターの噴上裕也VSエニグマの場面。絶対自分は戦わないと言ってた噴上が、自分の信条のために命を張ってエニグマに挑み、仗助たちを助け出すシーンです。さらに、噴上に救われた仗助のセリフが「助かったぜー」とかじゃないんですよね。「おめえ……なんか ちょっぴりカッコイイんじゃあねーかよ」…………これですよ>ω< 荒木先生、シビれます…! いやー「ジョジョ」おもしろい…。次は第五部を読まねば! TO BE CONTINUED… (2012/12/4)
    • 参考になった 3
    投稿日:2012年12月04日
  • かつて日本中に大旋風を巻き起こした超人気作! 懐かしいですね。なんと25年前。四半世紀というやつです。この漫画の影響力はすさまじいものがありました。保育園児だってロビンマスクとかウォーズマンとかラーメンマンとかお絵描きしてましたからね。次々と登場してくる超人たちや、「キン肉バスター」とか「48の殺人技」とか多種多様な必殺技にワクワクさせられたものです。そして「キン肉マン」といえば、ギャグですよね。「ことばの意味はわからんがとにかくすごい自信だ!」とか「牛丼一筋300年~♪」とかね、もう学校中みんなやってましたねw 漫画はもちろん、アニメ、ファミコンソフト、そしてあの「キン消し」など、グッズに思い出のある人も多いのではないでしょうか。いやー、こうしてみると歴史的な超エンタテインメント作品ですね。「キン肉マン」のおかげで、日本中の子どもたちが、ほんとに楽しい思い出をいっぱいもらったんですよね~。しんみり。(2012/11/20)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年11月27日
  • 寝不足です。絶賛寝不足です。そうです。「ジョジョ第三部」のせいです。100年の時を経てあのDIOが復活。不死身の吸血鬼に立ち向かうのは、第二部の主人公であるジョセフの孫・空条承太郎!! DIOが復活したことによって、ジョースター家の血筋の者の身体に異変がおこり、ジョセフの娘・ホリィ(=承太郎の母)が危篤の身に。ホリィを救うには、DIO(≒ジョナサン・ジョースターの身体)に発現した新たな能力「スタンド(幽波紋)」を直接ぶっ叩くしかないッ! ということで、ジョジョ一行の長い旅がはじまります。「ジョジョ」はシリーズを通して、単純な肉弾戦だけでなく、トリッキーな頭脳戦がからんでくるところが魅力ですよね。第三部から登場した能力「スタンド」は、人間の精神の強さを具現化するのがテーマだったそうで、そういう着眼点にシビれます。いろんなスタンド、スタンド使いが次々と登場してきて、飽きさせないですよね~。この第三部で、ジョースター家とDIOの長き因縁の戦いは、ついに終局…! まさに大長編ロマン! 扉絵がカッコ良すぎる件など、すみずみまで見どころが盛りだくさん過ぎて、もう出社時間が日ごとにモゴモゴ…。いや、読むのも仕事なんです(`・ω・´)キリッ 扉絵飾りたい。(2012/11/20)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年11月20日
  • 寝不足です。絶賛寝不足です。そうです。「ジョジョ」が原因です…! 読めば「テンションあがる!」これがジャンプの漫画ですよね! やっぱり圧倒的におもしろいッ!! OMOSIROIYYY!!!!! 特集本が出たり、展示会が話題になったりと、連載開始から20年以上も経って、最近ますます人気に火がついていますよね。すごいなあ。最新シリーズ「ジョジョリオン」までばっちり発売予定(12月!)ですので、皆様ぜひお楽しみに!! 大長編、がっつり読みましょう!! ぶったおれるまでやめられない面白さ\(^o^)/ (2012/11/13)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年11月13日
  • お待たせいたしました! ついに、ついに、ジャンプコミックス発売となりました!!!!!! 私たちにとりましても、念願のリリースです! ここまで本当に長い道のりでした……! これから名作が続々続々出てきますので、どうぞお楽しみに!!!!! 最初の週にご紹介するのは、『ろくでなしBLUES』です! 「帝拳高校にとんでもない奴がやってきた! 泣く子も黙る超弩級のノーテンキ喧嘩ヤロウ、その名も前田太尊!! 入学早々、反目しあう応援団とボクシング部の抗争に巻き込まれてしまった太尊、勝嗣、米示の3人。停学中のボクシング部主将の畑中が戻り、事態は混迷を極める!」 ああ、懐かしい! 連載開始当時は“ツッパリ”ブームだんたんですよねー^^ 私は当時小学生。大っきいお兄ちゃんたちおっかないよ~><と思いながら読んだものです…。そして月日がたち、気がついたら、いつの間にか太尊たちと同い年になってしまっていた…! さらには追い抜いてしまっていた! あのときはショックでしたね。。。それだけ人気で長期連載だったということですね。やっぱり四天王編が抜群に面白かったですよね! 鬼塚、薬師寺、葛西(コミックスで確認しなくてもソラで書けるw)と名前をあげるだけでもあの興奮がよみがえってきます! ちなみに田舎者の私は、東京の地名は、怖いイメージとともにこの漫画で覚えたんですよね~(笑) 思い出が尽きないなあ~^^ もう、がっつり読みかえしたくてしょうがなくなってまいりましたので、この辺で失礼します~(*´ω`*) (2012/11/6)
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年11月06日
  • 転校初日、虫が苦手なちろちゃんが出会ったのは、虫大好き少女のまとちゃんだった…! 数奇な運命に導かれ、相反する嗜好をもったふたりが、ほほえましくも壮絶な戦いをまったり繰り広げる4コマギャグです。虫と女の子という組み合わせ、新鮮ですよね。まとちゃんのマニアックな発言にご注目くださいませ。順番が逆になってしまいましたが、前編にあたる『まとちゃん』も、もうすぐ発売になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。どちらから読み始めてもOKな内容ですよー^^ (2012/10/30)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年10月30日
  • おお~、これはおもしろそう! 『孤独のグルメ』を世に送り出した黄金コンビによるエッセイ風コミックだそうです。あの淡々とした空気感がいいですよね! では読んでみましょう。……うむ、やはり超淡々です\(^o^)/ 都内に暮らす、ごく普通のサラリーマンを主人公に、彼が散歩中に見たもの、思ったことが、特にがーっと盛り上げられたりすることもなく飄々と描かれていきます。あとがきによると、この漫画は「通販生活」という雑誌で連載されていたのだそうで、そのため、漫画雑誌に掲載されるものとは趣が異なります。漫画家さんにとっては、特殊なお仕事の部類に入るものではないでしょうか。この作品の雰囲気、ぜひお楽しみください。 (2012/10/23)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年10月23日
  • 人気急上昇中の注目作! 「私の隣の席の関くんは、授業中いつも何かして遊んでいる」 ドミノ、折り紙、避難訓練、そしてネコ(?)と、謎の男子生徒・関くんが授業中に繰り広げる多種多様な遊び。隣の席のマジメ女子・横井さんは、迷惑こうむりながらも関くんがいつ先生に見つかって怒られてしまうのか心配でいつもハラハラしています。これは確かにじわじわ笑いがきます! 関くんが今度はなにを机の上に出してくるのか、動向に目が離せません>< (2012/10/9)
    • 参考になった 4
    投稿日:2012年10月09日
  • よい子は見ちゃダメな下ネタ満載ほのぼのコメディ\(^o^)/ バイオテクノロジーによってつくられたバイオ犬カイザーが巻頭から巻末までず~と下ネタを発し続けるという、とってもお下品な漫画ですw 絵が劇画だったら発禁かも!? 問題にならないうちに読みましょう!!\大げさ/ (2012/10/2)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年10月02日
  • わ~、すごく懐かしい漫画が発売になりました! 「コミックボンボン」連載のこの漫画、大好きでした。毎月楽しみにしてましたね~。主人公の絵をマネして自作漫画を描いてみたりもしていました。いやー懐かしい。懐かしいなあ…。「コミックボンボン」は今では休刊になってしまいましたが、当時は楽しさがいっぱい詰まってました。ファミコンとかプラモとかラジコンとかプロレスとか、それはもう夢が詰まりまくってましたねえ…。読み返し、当時の思い出に浸ってみたいと思います^^ (2012/9/25)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年09月25日
  • 鳥漫画界にあらたな仲間が加わりました。主人公のアヒル(家禽)が野生の世界でがんばります! 舞台は、とある「島」。スズメやハトなど身近な野鳥のほかに、熱帯の鳥や寒帯の鳥たちがボーダレスで棲んでいる夢の島。。。空に国境はないからいいんです(ゝω・) ほんわか漫画に見えますが、予想を超え中身けっこうパンチきいてて、本格的な笑い要素が! これはオススメです~(*゚θ゚)ピヨピヨ (2012/9/18)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年09月18日
  • 「鳩よ、お前はおれの生き甲斐、青春──」 こんなマンガがあったなんて…! 伝書鳩のレースを描く超マニアックな作品なのですが、連載時は鳩レースのブームの発端になったとのこと。鳩の飼育や生態などすごく本格的に描かれています。途中から鳩たちにセリフがつくようになるのですが、そうすると一層おもしろくなりますね~。そこは『銀牙』と一緒です! レースのシーンでは、海を渡ったり、ワシやフクロウなどといった猛禽類に襲われたりと、なかなかハードな内容でございます。あまりに珍しい漫画だったので、ご紹介させていただきました! (2012/9/11)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年09月11日
  • 修羅に生きる最強の野球チームとして、純粋培養された少年たちがいた…! そう、これは少年版『あずみ』なのです。衝撃なんだぜ(゚∀゚) 1979年から少年誌で連載された、巨匠・小山ゆう先生の伝説の野球コミックです。物心つかない頃からボールを与えられ、山中で祖父の特訓を受けながら育った少年・武蔵三郎。そんな彼の前に若狭潮という少女が現れ、三郎と同じように史上最強のナインとなるべく育てられた少年たちが日本各地に散らばっていることを知らされ…!? いわゆる一昔前の、少年向けの「魔球モノ」ですが、小山先生です。やっぱり一気読みしてしまいました^^ 「魔球モノ」については、こちらでもご案内しておりますのでご覧ください~→「野球漫画特集」  (2012/9/4)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年09月04日
  • 惣領冬実さんは少女漫画誌でヒット作がたくさんありますが、『ES』とか『チェーザレ 破壊の創造者』などなど、「モーニング」を読んでいる方にはお馴染みですよね。この華麗な絵。記憶力のまったくない私ですが、この短編集に収録されている作品、どれも読んだ記憶があります。どれもトラウマティックな部分をはらんでいるからでしょうか。美しいものとドス黒いものがちらほら見え隠れするような。はたから見ればごく普通の日常風景でありながら、当事者はサイコな中にいる・・・っていう世界観でしょうか。好きな方はすごくハマると思います。 (2012/08/28)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年08月28日
  • 世界のあちこちに突如出現した迷宮(ダンジョン)。そこに眠る究極の秘宝を求めて、2人の少年アラジンとアリババが冒険へと旅立つ──。アラビアンナイトの世界をモチーフに描くファンタジー巨編が登場です! 迷宮ではいったいなにが待ち受けているのか? そして、アラジンがいまだ知らぬ、その身に課せられた使命とは!? 息つく間もない冒険、そして、謎、また謎…! アニメ化も決定し今秋放送開始予定という、今いちばんの注目作です! (2012/08/21)
    • 参考になった 3
    投稿日:2012年08月21日
  • 夏休みシーズン真っ盛りです! 昔はよく虫とりやりましたよね~。子供たちに負けてないで、久しぶりにやってみましょうかね、昆虫採集。お、早速そこに……おおお!? なにこの虫!? デカすぎて…デカすぎてカゴに入らんよ! いや、むしろ逆に採集されてしまいそうな雰囲気! これはやばい!!! このたび全4巻発売となりました『インセクツ』です。あるウイルスの実験で被験体の昆虫に異常が発生。そして巨大化した虫たちが、人々に襲い掛かります! ご覧ください、この表紙。秀逸です。虫どんどん巨大化してる!! 1巻ではカラス大。2巻では自動車大。3巻ではビルを踏んづけるほど大きくなり、4巻に至っては、もはや第10使徒レベル\(^o^)/ 5巻以降がもしあったらどうなってたんだろう~^^ それにしても、グロいです。おぞましいです。見たくもないけど、見てしまうんだよね! はい、またまたツボな漫画がきましたので、やっぱりとり上げさせていただきましたm(_ _)m (2012/08/14)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年08月14日
  • 祝・金メダル!!! あの内村航平選手が、子供の頃に愛読していた漫画として話題になっている『ガンバ!Fly high』。いま、すごく売れてます!! 『ガンバ!Fly high』は、体操を扱っているかなり珍しい漫画で、熱血、そして超本格派! 原作は、ロサンゼルスオリンピック体操の金メダリスト・森末慎二さんで、内容は、そのまま教本になりそうなぐらいです。みなさん逆立ちってできます? やっぱり、知る人ぞ知るコツがあるそうなんです。漫画の中でとっても詳細に教えてくれますよ! ちょっと練習すれば自分にもできるような気がしてくる…! はじめは何もできない藤巻駿が、練習を重ねて少しずつ少しずつ色んな技を体得していく姿に、読んでいるほうも「できた!」って感動しちゃいます。連載終了から12年ひと回りして、いま再び注目を集める旬の漫画です!! (2012/08/07)
    • 参考になった 2
    投稿日:2012年08月07日
  • 所十三さんといえば、あの『特攻の拓』などバキバキの硬派漫画の印象が強いですが、実は大の恐竜好きとして知られる漫画家さんでもあります。ギャップ萌え\(^o^)/ 実は私もそっち系が好きで、ネットで生き物系のイベントレポートとかを探してうろうろしていると、先生の名前が出てきたり、ご本人がレポートをアップしていたりします。そんな所先生が描く恐竜漫画ですからそれはもう。専門家顔負けの知識と、硬派漫画で培われた(?)バトル演出が合体!! 最強です^^ 先生の恐竜愛がビシビシ伝わってくる熱い漫画です!! (2012/7/31)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年07月31日
  • あああああああああああああ またまた夜中にラーメンビールをやってしまいましたorz 夜が深まるにつれ、美味さが比例して上がっていく気がします。。。ラーメンとは、なぜあんなにも人を惑わし、魅了してしまうものなのか。一体どれだけの人間を狂わせてきたのだー!? ということで、今週は、ラーメン王・土山先生が贈る『邪道』です! この漫画は、ラーメンそのものではなく、なんと人気ラーメン店の裏側で繰り広げられる権力闘争に焦点があてられています! いわば、ラーメン・サスペンス! ……これは土山先生じゃなきゃ描けない! 異色の作品、ぜひご一読ください。 (2012/7/17)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年07月17日
  • 今年も少しずつ蒸し暑くなってきました。もうすぐ本格的な夏ですね。暑いの大歓迎なのって、ゴマちゃんぐらいかな~と思ったんですが、逆でした。ゴマちゃん、寒いところの生き物でした。アイス食ったり楽しくプールで水遊びしているイメージが強かったもので。。。それにしても『少年アシベ』はほんとにおもしろい&深い! もう20年以上も前に連載が始まった漫画でありながら、現在でも余裕で通用する笑いがあります。笑いながら、そのまま読んでいくこともできるんですが、たまにすごいブラックユーモアが入ってて、「うーん…」て別のこと考えさせられたり。結構哲学的な面があるんですよね~。森下裕美さんの漫画って、「そばに置いておきたい」という評価されることが多いように思うんですが、『少年アシベ』はまさに同感! ずっと大事にしたい宝物のように思えてくる漫画です。 (2012/7/3)
    • 参考になった 1
    投稿日:2012年07月03日
  • おおおおおおおお、これは匂う…匂います! なになに、ツチノコ、UMA…………きてます! 確実にきている!! こりゃーオカルト・パニックファンにはたまらん漫画だ! ツチノコ捕獲に、とある無人島へと乗り込んだハンターたちを待ち受けるものとは…!? ぜひ本編をご覧ください。この手のパニック系の漫画ほんと好きですねー。ホラーはまったくだめなんですけどね。幽霊とかキョンシーとかだと、とても自分の手にはおえなさそうなのですごく怖いのですが、実態がある生物だったら、少なくとも対象との物理的な距離が測れますから、なんとかなりそうな気がしてきませんか? それに、未知の生物ほんとにいるかもしれないですから、それ考え始めたら楽しいですよね!  それにしても、webを通しての情報が、今ものすごいことになってきていて、この頃つくづく世の中にある謎が減っていってるんじゃないかという気がします。だからこそ、こういう漫画が楽しくてしょうがないのかな~? (2012/6/26)
    • 参考になった 0
    投稿日:2012年06月26日