レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/7770件 を表示

  • ネタバレあり
    現代日本と中世(くらいの)異世界帝国の興亡
    ゲートは異世界への門が東京銀座に開き、戦争状態となった日本と異世界帝国のお話です。
    個人的に、火器のない中世くらいの科学力の異世界帝国と対峙する自衛隊の生々しい内輪話とか装備、圧倒的に見せつける戦闘力が軍事に興味がある私には当初とても鮮烈に映りました。
    一人一人のキャラ設定も個性的で、異世界を繋ぐ人間関係がとても魅力的に描かれています。
    純粋に現代日本の科学技術力に驚嘆しその中でも政治的な駆け引きを忘れない異世界の権力者達、異質な世界との関わり方を現代人的な視点で探り続ける自衛隊や外務省の人々の、違和感のない反応が非常にリアルに感じられます。(異世界という時点でリアルではないのですが(笑))
    作者は現代日本の政治にも関心があるのか、実在する政治家のモデルとわかる人達が今の国会のようなやり取りをしています。どちらかというと保守よりの中道といった左右にブレない感覚で描いていますが、立憲民主や社民党の支持者には憤慨する人がいるかもしれません(笑)
    ここ最近は異世界側のキャラの個人的な生き様や魔法、文化政争にスポットが当てられているので当初のような鮮烈さはありませんが、うまいバランスを取ってストーリーもなかなか面白いと思います。
    この漫画はとりあえず、1〜4巻くらいまで読んでその後読み続けるか判断できると思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月21日
  • ネタバレあり
    最高にエロい
    エロ切ない
    この人の漫画なんでしょうか…
    エロを描いてるのに男っぽいエロさはないのです
    切なくてちょっとだけえぐりにかかってるエロさなのです
    大好きです
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月19日
  • ネタバレあり
    i would recommend this
    for me, this story is not difficult to follow, although most of the characters have an unknown background. There seems to be much to be told by the author of the two main characters. I hope they both stay together and find happiness. The game is not finished yet, although the female lead acknowledges that she is in love with the male lead.
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月18日
  • ムキムキ
    エロ濃いめ。しずる感あり。ムキムキ受。猫擬人化モノ。局部白抜き。しっぽ萌。ご近所の猫事情。名前の由来が可愛い。猫の年齢差が面白い。年下攻。ちょっと居なくなってた間に耳切れて帰ってきたボス猫に町猫計画の疑惑。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月18日
  • ネタバレあり
    ラブラブ
    エロ濃いめ。しずる感強め。部活の先輩と後輩。冷たい態度の先輩が実は自分を好きだったと分かった特別感で、色々いけないイタズラをはじめますが、健気にすべてを受け入れて「いいなり」になる姿に、次第に別の感情が発露します。
    だんだん先輩が特別に思えてきて好きだと気付いてから、もうラブラブな状態に突入。まだ後ろめたい感情に苛まれる先輩の葛藤。でも結局最後にラブが勝つ。2巻でもラブラブもだもだします。お互いの親友にもバラしちゃったりして…。
    いや。世の中そんなにいい人ばかりじゃないと思うよファンタジア。魔法ありがとう。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月18日
  • 運命
    エロ濃いめ。しずる感足りなめ。局部シルエットと白ぼかし。修正で気分が萎えるパターンは避けられる安心設計。絵柄うまいんだけど動きがぎこちない作家さん。よってしずる感低め。
    珍しい運命の番じゃないオメガバース。そうだと思うよ。うん。誰もがみんな運命の番だったら苦労しないだろ?っていう疑問を解消してくれる作品。じわじわ幸せを自力で掴む感じが好き。
    あと襲い受。男は胃袋を掴むのが1番だなっていう話の二本立て。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月18日
  • 絶叫学級の続編
    短編ホラーなので続編といっても特に前作を読んでおいた方がいいというのは無いです
    面白いのでこちらから読み始めた方は前作も読みたくなると思います(^-^)
    内容は変わらずで前作『絶叫学級』のレビューとかぶるので割愛しますね。
    ちなみに表紙を常に飾っている少女はストーリーテラーです。
    世にも奇妙な物語でいうところのタモリさんです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月18日
  • おもしろい!
    ・世にも奇妙な物語
    ・アウターゾーン
    ・笑ゥせぇるすまん
    ・地獄少女
    などのような短編のホラーマンガです。
    一話完結なので読み進めやすいです、全巻読んでないのでもしかしたら後半は長編などあるかもしれません(^^;
    絵もりぼんっぽくて可愛いですね
    表紙詐欺でもなく中身の絵も可愛くて見やすいと思います
    話はほとんどが因果応報な感じで怖いめに合うのですが
    たまに巻き添えに合ったり、大したことしてないのに恐ろしい目にあったり死んじゃったりするのでいたたまれない時もあります。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月18日
  • ネタバレあり
    この作者さん本当にいい
    そんなにエロが激しいわけじゃないけど
    切なくて本当にどの作品も好みでした。
    線が薄くて鉛筆で描いたみたいだけど あの好みは分かれるかも
    でも大好きです
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月18日
  • 匿名希望
    良い
    カラーになることで、戦闘シーンがすごくカッコイイ!
    続きの発売を心待ちにしてます
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月17日
  • 匿名希望
    話の内容より・・・
    どうしたんですか?河原さん。絵が雑になってる・・・。そこが気になって気になって・・・。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月17日
  • 匿名希望
    20年も続く超大作!
    「春を抱いていた(全14巻)」の続編となる「春を抱いていたALIVE」の最新刊5巻。最初から重い展開でした。しかし、今までもどんな困難でも力を合わせ乗り越えてきた二人。今回も二人の深い夫婦愛を実感させられた。カバーイラストでわかる通り今回は香藤くんが頑張った巻!香藤くんの叫びに何度も涙し、岩城さんの愛と優しさに胸が熱くなりました。今までで一番心に残るそんな1冊になりました。
    -補足-
    今回は翔くんの実家がある宮城県が舞台。ちょっと行ってみたくなるくらいラストの風景がとても綺麗でした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月17日
  • ネタバレあり
    適当仲間
    エロ濃厚。汁気足りなめ。局部ダイレクト。大学生。下半身だらし無いクズ。勢いでやってからセフレ関係に持ち込むクズ同士だから、妙にウマが合うっていう話。付き合ってるくらい一緒にいるし、口悪い同士なのに仲が良い無自覚で、たまに周囲をムカ付かせる。
    幼馴染。失恋すると慰めてもらいに来るか歳下受。何年もかけて車中に収めようとする年上攻。合鍵で揉めてもだもだするやつ。ギャグとテンポが独特。絵柄も濃いめで他にいないタッチを持ってる作家さんです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月17日
  • ネタバレあり
    12巻!オウニVSオルカ
    11巻に引き続き、オウニVSオルカの戦いが中心です。その中でオウニ、チャクロ、スオウの絆を感じ涙腺が緩みました。書ききれませんでしたが他のキャラクター達の戦いもまた必見です。この作品はキャラクターの心情が丁寧に描かれていて感情移入がしやすいです。敵キャラも出てきますが彼らもまた気高く、強さや弱さがあってとても魅力的です。この巻でとうとうオウニが…!次巻も心から楽しみにしております。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月16日
  • 匿名希望
    ラノベちっく
    ハーレクインにしては、ラノベちっくなヴァンパイアがでてるくラブストーリー。ヴァンパイア好きな人は歓喜するかも?
    羽生先生の描く男の人が好きで追いかけてますが、今回のヒーローも麗しいですよ!好みの問題で星4つ。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月15日
  • 匿名希望
    続きが気になる
    1巻の段階で。
    さすが芦原妃名子さんとういか…続きが気になって仕方ない。属性の違う二人の友情も気になるし、何処と何処がラブに発展するのかどうかも気になるし。
    それでやっぱり芦原さんの描く女性って好感持ってしまうなぁ。実生活では絶対友達にならなそうなタイプでも、嫌な人が出てこないよね。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月15日
  • おもしろくて、ためになる。
    タイトルに「経理」とありますが、お読みになると分かるように、広く経済について書かれています。主人公の女騎士の誠実さもたまらなく魅力的で、明るい気持ちにさせてくれます。確かに今まで聞いたことのない言葉が出てきて最初は抵抗を感じましたが、それ以上に新しいことを知るのは楽しいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月15日
  • 幕末を大胆にアレンジした侍物語
    現代的でパンクロックっぽい表紙ですが、幕末の史実をベースにオリジナル要素を大胆に絡めたストーリーです。特殊能力や決め技的なものは一切無く、時代に翻弄されながらも必死に生き抜く兄弟をメインに描かれています。
    割とテンポ早めにサクサク進むのでバトルシーンを中心に楽しみたい方におすすめだと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月14日
  • ネタバレあり
    私の中の神ギャグ漫画家
    出会いは衝撃でした
    美人を悲惨に面白く描くなんて…
    美人が幸せになっていく話しならきいたことありますが
    美人が悲惨な人生を送る上に
    それがとても面白く
    時にシュールに時にサブカルに 心が高鳴るほど楽しいギャグ漫画に昇華した 私の中の初感覚でした 新刊が出るたびお菓子と飲み物を買って幸せタイムに浸ってたなあ
    最終巻は 少し意外でしたが 最後の手前までずっとドキドキ楽しく見れました
    美しい人大好きです!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月14日
  • 匿名希望
    興味深いお話でしたが
    今まで韓国兵の生活について触れる話を読んだことがなかったので興味深く読めたし、面白かったです。ただ、これから面白くなりそうなのに!というとこでブッツリ不自然に終わった感があります。ここで完結とは言わずに、ぜひ続編パート2を読ませて欲しいです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月14日
  • 匿名希望
    かわいい
    キュートでエッチな萌え漫画。
    キャラクターたちがとても可愛らしいので萌えが好きな方にはおすすめです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月13日
  • 今の時代をときめく異世界系作品が豊富
    「村人ですが何か?」とか「デスマーチから~」「このすば」といった異世界系人気作品や
    ちょっとHな「トリアージX」「トリニティセブン」などなどこの手のジャンルが好きなら買って損はない雑誌だと思います。
    個人的には「エクスタス・オンライン」が結構好きですね。これも異世界作品なんですが、
    主人公は異世界の魔王になってしまい強力なパワーとカリスマ性で勇者たちを蹂躙します。
    でも臆病で小心者なので無理して強がっているというギャップが面白いですね。
    雑誌は大きくて分厚いけど、電子だと大きさ皆無。やっとマンガ雑誌を気軽に楽しめる時代がやってきました。
    今後もドラゴンエイジは買い続けようと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年06月13日
  • 最高に面白美味しそう・・・
    クレヨンしんちゃんのキャラ(みさえとかしんのすけとか)はほぼほぼ出てこず、
    パパの野原ひろしが仕事中どこで昼食を取るかってだけのお話です。
    調子に乗って唐揚げを最大個数注文したらあまりにも大きなからあげが山盛り来て絶句。
    でも完食することが礼儀だ、と言わんばかりにかぶりつくシーンはとにかく美味しそう。
    他にも、蕎麦屋に入って丼のセットを注文したら、想像以上に山盛りのお蕎麦が出てきて完食、、、
    というのを見てすぐさまそばを食べに行きました。
    また、お昼ご飯の描写だけでなく、ちゃんと上司やってるなぁってお話もあるので結構読み応えがあります。
    クレヨンしんちゃんとは違ったお話ですがおすすめです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年06月13日
  • 匿名希望
    お約束設定の謎解き
    名探偵が主人公のマンガは非常に多い。探偵と銘打ってはいなくとも、様々な謎解き名人を冠したものを含めればタイトル数は数百はあろうか。そして、それらのほとんどが、「変わり者の名探偵」に「一般人の相棒」という登場人物設定であることには多くの方がお気づきであろうし、また安心して楽しめる設定であるのも事実である。本書はこのお約束な設定の生みの親として名高いホームズとワトソンのコンビ自体がどのようして生まれ、その後の推理小説に影響を与えてきたかを紹介している。著者のコナンドイルは実はホームズ小説の続行には乗り気ではなかったのはなぜか?ホームズとワトソンにもさらに生みの親がいたのだが、それは誰か?興味の尽きない内容が次々と繰り出される構成が心地よい一冊である。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年06月12日
  • ネタバレあり
    静かに好きになって行く
    エロ濃いめ。しずる感強め。大学生。バル店員。同級生。素直で真面目な主人公が、道端で酔っ払った元同級生を拾い世話をするところからはじまる。その晩にパクッてされちゃったのに、失恋して行くところがなくなった相手を、しばらく置いてやるお人好し。そんな子を好きにならない訳無いと思う。
    失恋を慰めているうちに、流れではじめて身体を繋げる二人。好きだと想い始める瞬間。好きだからこそ、その先を想像して距離を置こうとするけど、素直な気持ちは止められない。
    リバの煽り文句で読むか悩んでいたけど、好きな作家さんだったので読んでみたら、切なくて応援したくなる主人公にきゅんきゅん。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年06月12日