レビュアー種別
  • レビュアー種別
絞込み条件
  • ジャンル
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順

1~25件/11515件 を表示

  • 単体電子単行本待ってました!
    chee先生の描くマンガが大好きで、ガンマでずっと配信追ってるファンの1人です。完結してしまった大好きなツイラブは単体でも手元にあったらいいなぁと願っていたのでとっても嬉しいです!!入口ツインズ大好き!!全巻紙版も希望してます!!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月17日
  • 自然な会話と遣り取り
    エロあっさり。しずる感足りな目。ノンケリーマンxゲイバー勤めの小悪魔。あんまりアンアンしないので、絵柄の淡白さも手伝ってすんなり読めた。湊(受)の素っ気ない態度に、樹(攻)は余計に食い下がったんだと思う。だから湊の作戦勝ち。普通のリーマン。ゲイバー。ナチュラル関西弁。
    湊視点のパートが切なくて可愛かった。誰かの代わりじゃない。本当の自分を好きになって貰いたい。自分の事だけ見て欲しい。両想いへの憧れ。27歳まで大事にしていた純潔。盛り上がりは特になく、サラーっと終わった感は否めない。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年11月16日
  • ネタバレあり
    これはヤバイ!!
    率直戦の嵐! これはイイ!!
    1、2巻を丸ごと無料試し読みCPするのもうなづける♪
    続きを読まずにはいられないよ、これは。
    日奈々の幼馴染が楓を牽制するんですよ、
    遊びで日奈々を振り回さないでくれ、って。
    楓は言い返しますよ! 勝負に出ない奴は黙ってろ、ってね♪
    幼馴染あーちゃんもなかなか負けません、
    こっちはもう勝負に出てる、長期戦なんだよ! ってね!
    曖昧なやりとりが基本なくて、
    みんな率直に自分の気持ちを打ち明けるんだよね~。
    だからね~、もやもやっとしたストレスが少なくて、
    超GOOD♪
    続きが読みたくてたまらん!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月16日
  • 匿名希望
    とても残念。
    子供の頃に読んでいる作品で書籍も持っているのですが、電子書籍で、と思い購入。
    しかし、電子書籍にはちょっと残念な欠点がありました。
    カラーページ1枚と巻末付録(メカデザインのノートやキャラクター設定資料など)が入ってません。
    表紙が変わってるので、再販した際になくなったんですかね?
    それだけがとても残念です。
    作品自体は、最近の重厚な設定を持つ作品と比べるべくもありませんが、今からもう30年近く前の作品なので、それはそれでご愛嬌。古代遺跡に立ち向かう「イ▼ディ・ジШーンズ」的なものですが、破天荒な内容ですので、そういうのが好きな人は手にとって見るとよいかと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月16日
  • 良い
    義兄弟の恋愛ものです。
    ストーリー自体はしっかりしていて、ちょっとシリアスで重たいなぁと思いましたが画力もあり読みづらいところもなく、最後までスラスラと読み進めることが出来ました。
    今後この作者さんの作品をチェックしようと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年11月15日
  • この作者さんは間違いない
    完全に作者買いですが、今回も大正解でした。
    メインのカップル以外にも、受けの兄カップルの話もあり、全然違うタイプのカップルなので全く飽きることなく読めます。
    エロもありながら、くすりと笑えるようなラブコメ要素もあり、山あり谷ありでとってもおススメです。
    連載が永遠に続いたとしても読みたいです笑
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月15日
  • ネタバレあり
    良かった!
    ストーリーがしっかりしていて読み応えがありました。
    読み始めは受けと攻めが逆の方がいいんじゃないかな?と思いましたが、読み進めるとこれはこれで全然あり。むしろ逆じゃない方が良かったと思いました。
    最近読んだBLのなかではかなり上位に来る作品でした。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月15日
  • 匿名希望
    最高
    いよいよ大詰め!いつも手に汗握りながら見てます!
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月15日
  • 社畜が
    少女と出会って変わっていくところが素敵です
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月15日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    特別編としての読み切りで良かったのでは…
    金田一少年シリーズは大好きで全て読んでいますが、これはちょっと…
    ギャグに走り過ぎていて、謎解きシーンまでコメディたっぷりなので緊張感や怖さが全くありませんでした。
    正義感たっぷりで危険な事件に飛び込んで行く金田一少年の魅力はどこへ…
    お馴染みのメンバーの20年後を見られるのは、ファンとしては嬉しいのですが、それなら読み切りで良かったな…と。。
    次は買わないと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年11月15日
  • エロい。
    うん、エロい。白抜きでちょっと萎えるけどアングルがエロい。攻め受けともに個人的に最高に好みのカラダしてて萌え過ぎて鼻血出そう笑
    エロもまぁ満足だけど、さり気なくそれぞれがお互いに惹かれていくところもサラっとあって良かったかな。
    たどるゆびのキャラもサラっと出てます。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年11月15日
  • 匿名希望
    大幅改訂+加筆ありがとうございます!
    旧版電子版、新版紙版を購入し、あまりにも好きなのでこちらの電子も購入です!
    旧版から大幅に改訂されており、描き下ろしもたっぷりなので、初めて買う方も、旧版をお持ちの方も楽しめると思いますよー!
    ぜひ続編に期待したい作品ですが、ぼすこ先生の他の連載再開も待ち遠しい……! 大好きな作家さんの一人です。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年11月14日
  • 匿名希望
    旧版から大幅加筆されています
    販売元が変わっており、加筆変更版なので
    前回の同タイトルと厳密には同じではありません。
    コマ割りやストーリー軸はほぼ同じですが、
    セリフやトーン、作画などは今の絵柄にかなり修正されているので
    (むしろ修正かかってないページのほうが少ないかも…)
    旧作をお持ちの方は見比べて楽しむのもありかもしれません。
    具体的にざっと見た感じですが
    本編のえっちシーンの追加、おねだりする羊(11ページ)と
    描き下ろし(8ページ)+電子特典付きです。
    それはこの新刊にしかありません。
    昔も綺麗でしたが今の作者さんの
    絵柄や作風か好きな方はこちらの方が良いかも。
    口調やセリフも変わっているところもありますが、
    本筋は変わっていないので特に違和感はなくスルッと読めました。
    また、旧版は結構清らかなイメージのカップルでしたが
    こちらではこのカップルもエッチ面で熟されたのね…と思いました。
    新装版というには加筆が多く、新刊と呼ぶにはストーリーは変わらないので難しいですが
    販売元が違うこともあり大幅加筆+描き下ろしで新刊となったのではないかな?と推測しています。
    旧版を元々買って読んでいましたが
    久しぶりにこの二人に会えて嬉しかったです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2018年11月14日
  • 面白い
    ストーリーも絵も好み過ぎて早く続きが読みたい作品です。
    双子はそういうことなわけですね。
    オチが怖すぎる。。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • 匿名希望
    児童書向き?
    他の方も書かれてますが、最初は面白い。
    ただ途中から妖怪はあんまり関係なく、学校生活のイジメ?無関心?とか精神的な話ばかりになっていきます。
    小学校の図書室に置いてある児童書のような内容ですね。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • ホラーM本誌で読みrentaで読み
    100円になってたのを機に結局買っちゃいました。最近こういう勢いのあるギャグ系の殺戮系が少なくて寂しいです。ゾンビ屋も一緒に買いましたがこの漫画家さん大好きです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • 匿名希望
    もぅ~キュンキュンです♪
    久々にキュンキュンするなんてマンガに出会えました!
    ちょいエロを爽やかな絵が嫌みなく読ませてくれます。
    早く続きが読みたい、一週間が待ち遠しく感じちゃいます。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    【エリザベート】ネタバレ注意!
    エリザベート視点で書かれている印象。
    感情抜きの冷たいしきたりや厳しく細かいマナー、
    産んだ赤ちゃんすら育てる事を禁じられた悲しさ。
    予想外の子供の病死に対する、エリザベートへの周囲の罵り。
    (エリザベートが精神療養のため、子供を連れて旅に出たのが原因。)
    そんな冷たい環境にいたら、美しさに対するこだわりや浪費に走っても無理もありません。
    晩年は旅先?で、恨んだ民衆に刺されて死にますが、
    因果となった、その民衆の苦しい生活の内容も
    もう少し描かれててても良かったかなと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    これも一つの答えかも。
    自己犠牲の愛は契約か呪縛か。
    そこに純粋な恋愛はあるのかというテーマかな?って思ってます。
    真実を知った時の草介の気持ちも手に取るようにわかるし、全てを無くしても離せないと思う白羽の気持ちもよくわかる。
    二人の間に今までとは違った覚悟的なもの、あるいは抱えた荷物の重さの自覚が出来て、草介は「ありがとう」と言えたのは良かったなぁって思ったわけです。
    最初はかるい感じで進んで行きますが、思っていた以上に重いテーマです。思わず泣いてしまった後半。二人が幾久しく幸せであってほしいと願っています。
    一つだけ。
    霊力を失った白羽はどうして人の姿をしてるのか?だってお父様は鹿の姿で人型になれなくなったんでしょ?
    まぁ、BLはファンタジーだからいいのかと(笑)
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • 匿名希望
    恐怖の大魔王だね・・・・。
    試し読みは面白かったのですが・・・・買って読んだら・・だんだんね・・ 。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • あまり胸キュンすることなく
    設定は良いのですが、展開が堅くて時間軸がよく分からず、という感じでした。
    受けさんの生い立ちのせいかもしれませんが、あまりにも人間味が感じられませんでしたし、引き込まれるような文章ではないので斜め読みしてしまいました。小説が好きなので辛口かもしれません。
    でも設定は好きです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月13日
  • これはオススメ。もしスピンオフとか出たら買う。
    主人公が呉服屋の若旦那ということもあり、着物が非常〜〜〜に綺麗です。特にカラー。着物のデザインや柄を見ているだけでも楽しいです。
    話の方は、謎が色々と出てきますが最終話に向けて綺麗に収束させていて、最後まで飽きることなく読めました。ハガレンが好きな人は結構はまるんではないかな〜と思います。
    人によっては展開がすぐ読めるという人もいると思いますが、それも含めてもうちょっと読みたいなぁと思える良作だと思います。
    個人的には咲ちゃんがもうちょっと活躍すると思ってたらあまり活躍しなかったこと、役割や立ち位置がイマイチはっきりしなかったことが少しだけ残念でした。
    あと、出てくるおじさんがゴツくて渋くて厳しくてかっこいいところが大変良かったです。個人の意見ですが、かっこいいおじさんが出てくる作品は、良い作品が多い気がします。
    大人が読んだほうがいろいろグッとくるところがあると思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月12日
  • ゆっくり進んでいく関係が素敵でした
    最初はありきたりなお話かなと思ったのですが、男の子達の気持ちがリアルでかわいく描かれていて、少しづつ歩み寄るところがとても素敵でした。 二人の、特に受けくんの心情がリアルで笑えます。 等身大の男の子達の両想いになるまでが心温まるお話。続きのラブラブが読みたくなります。 関西人なので、関西弁が出てくる話はあまり好きではないのですが、このお話はあまり気になりませんでした。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年11月12日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    今も色褪せない
    樹なつみ作品でナンバーワンと思います。この頃の絵はスッキリしてて見やすいし、樹なつみの書く男性が1番カッコよかった頃かなぁ。とにかくムトーがかっこいい!!
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年11月12日
  • 非常に興味深く面白い
    私がこの漫画に出会ったのはだいたい4巻が発売された頃で、最近発売された11巻に感銘を受けレビューを書くに至りました。
    世界観としては擬人化した獣達による学園青春サスペンスです。
    擬人化がきついと思う人は見ないほうがいいかもしれませんが、動物たちの住む社会の設定が結構深いのであまり気にならないと思います。
    良いところはたくさんあります。まずストーリーの出し惜しみがないです。どんどん話が進んでいき、ページを捲るごとに話に引き込まれていきます。
    それでも食傷気味にならないほどの独特な世界観がありますよ。すごいです。
    絵もいいです。筆で書いたとも万年筆で書いたとも言える独特なタッチは木造作品のような温かみと鋭さがあります。これがこの漫画の世界観を引き出してるように思えます。
    悪い点といえばところどころに出るポエム的な表現でしょうか、それでも全然気にならない程度ですよ。さすがマンガ大賞撮っただけあります。
    おすすめです。
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年11月12日