オススメ特集

一覧を見る

新刊 12/5~11発売! 163冊

新刊一覧

文芸

文芸の新刊一覧

ミステリー

ミステリーの新刊一覧

歴史・時代

歴史・時代の新刊一覧

エッセイ

エッセイの新刊一覧

ノンフィクション

ノンフィクションの新刊一覧

  • 週別日別

  • 鞄の中身
     たぶん吉行氏の著書は、小説、随筆、対談集、コラムの類いに至るまですべて読破してきたと思います。読み始めたのは‘60年代後半、大学入学後まもなくでした。作品の主題の多くは「大人の男女」のアレヤコレヤ、しかも「性」を取り扱ったもの。20歳前の若輩が、よくもまあ、これら大人びた本を読もうとしたものだ、と、65歳にもなった今の自分は、昔のことがとてつもなく恥ずかしい。がしかし、妙に懐かしいのです。

     そんな学生時代の読書歴を経て、講談社に入社して数年後に自社から刊行された短編集『鞄の中身』は、それを読了した時の自分の感懐までもよく覚えています。

     今は、同タイトルで講談社文芸文庫に収められていますが、実は最初の単行本とは内容が若干異なっています。『鞄の中身』より以前に出た別の短編集とシャッフルされて、ラインアップの違う作品集に。現在手に入るのは文芸文庫版だと思うので、そちらに沿って内容を紹介します。
    (電子書籍でも読めます。)

     表題作『鞄の中身』は、作中の“私”が、自分の死体を鞄に詰め込んで街中をさまよう、という悪夢を綴ったもの。また、『風呂焚く男』は、自分の“過去”を払拭しようと、下着の山を薪がわりにして苦闘する男の話。『子供の領分』では、仲のよい少年同士に潜む残酷な、しかし切ない“悪意”を描きだしています。

     そのほか、今は空き家になっている家に、飼っていた猫だけがひっそりと暮らしている話(『家屋について』)や、口説きそこなった女性のことを、十数年後に突然思い出し、あのとき分からなかったそのひとの心の傷に思い至る話(『廃墟の眺め』)、大人の秘め事に翻弄された子供時代が、口ずさんだ童謡とともに鮮やかによみがえる話(『白い半靴』)、等々。

     吉行氏は、20年ほど前に鬼籍に入られました。その文学については、我が社でかつて大活躍され、氏と親交も深かった先輩編集者の方々を差し置いて、偉そうに語る資格が私にあるとは到底思えません。

     しかしこのような、日常の些事を切り取った、しかも奇妙な味わいの小説に、20代の若造がどうして惹かれたのか。そのことなら、今の私は説明がつきます。だから、それについてのみ、書かせてもらいます。

     いわゆる団塊世代に属する私は、学生時代、荒れたキャンパスの中にいました。と言っても、積極的に“闘争”に参加する同輩には背を向けて、一貫して、頑なに“軟派学生”でした。(そういう意気込み自体が、実はほんものの“軟派”とは程遠い、ただのカッコツケなんですが。)大昔のことゆえ遠慮なく言わせてもらえば、とにかく、潤んだ目付きで遠くを見遣りながら、声高に、平和や愛や、タタカイについて語る彼らのことを、本気で嫌悪しました。「人々のために」と言いながら、その上目遣いの、ねっとりした眼差しに潜んでいる「自己愛」の強さに辟易しました。あくまで個人的な、偏った感情ですが。

     なぜ、そんな思いに駆られたのかは面映ゆいので省略します。しかし、吉行氏の作品に出会った時、「大きな声で語られることより、もっと大切なことは日常の小声の中にある」というようなことに思い至り、以来、片っぱしから、その作品の数々に耽溺しました。それらは騒々しい周りの大声を、完璧に遮断してくれました。社会人になってからも読み続け、今の私の、精神の(大袈裟ですね!)骨格部分を形成してくれたようにも思います。

     編集者生活を長年やってきましたが、偉そうに言わせてもらえば「読者の心の中の、芥子粒のようなディテールも見逃さないこと」は、実はとても大切なわけで、その意味でも、氏の作品群は、私の唯一絶対の、座右の書です。

    (2014.04.15)
    投稿日:2016年02月24日
  • 「私が述べたことをまったくご理解いただいてないようでは、こんな議論を何時間やっても同じですよ」
     苛立ちを隠そうともしない、安倍晋三首相の声に耳を疑いました。「年金改革法案」(「改革」といえる内容かどうかは議論が分かれるところであることに注意してください)を審議した衆院厚労委員会における発言ですが、首相が「問答無用」と言い放ったのですから発言後の成り行きがこうなるのは当然でしょう。首相答弁の数時間後に委員会で採決が強行され、衆議院を通過。続いて参議院でも審議入りして、延長された今国会会期末(2016年12月14日)までに法案が成立するのは確定的です。
     朝日新聞の天声人語は、この安倍首相発言を取り上げて〈いまから78年前、衆議院の委員会に「黙れ」の声が響いた。国家総動員法案を通そうとする陸軍の中佐が、議員のヤジを押さえつけた。軍部の専横、議会軽視を示す例としていまに語り継がれる。ときの実権を握った者が活発な議論を封じ込めようとすれば、国はたちまち傾く〉と指摘。国会審議を軽んじすぎる政権を、大ヒット漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の戦闘シーンで悪役ディオが連呼する叫び声を援用して、〈「無駄無駄無駄無駄」叫びはせずとも、首相の顔に書いてある〉と断じました(2016年11月30日朝刊)。まったく同感です。
     年金法案だけではありません。貿易協定TPPにしても、突如出して審議時間わずか5時間33分で衆院委員会採決を強行したカジノ解禁法案にしても、衆参で数の力を見せつけました。
     まさに“独裁体制”との評価もあながち言いすぎではないと思えるほどの振る舞いなのですが、安倍首相の驚くべき政治行動はもう一つあり、日本のこれからを考える時、“独裁化”も怖いが、このもう一つの政治行動も劣らず重大な問題を秘めているのです。大方の予想(と期待)を裏切って「トランプ大統領」誕生が決まった直後、安倍首相はニューヨーク5番街のトランプタワーに駆けつけました。世界中の政治指導者のなかで、真っ先に次期アメリカ大統領に面会し、世界中が「いったいどうなるのか」と先行きの不安と不信感で混乱の極みにある時に「信頼に値する指導者」と手放しで持ち上げて見せたのです。それにもかかわらず、安倍首相がAPEC首脳会議後の記者会見で「TPPはアメリカ抜きでは意味がない」と語った数時間後にトランプが「大統領就任の初日にTPP離脱の意向を通知する」と表明。安倍首相は赤っ恥をかかされた格好です。
     内では一強で揺るぎない立場にあって、野党の反対などどこ吹く風といった姿勢の目立つ安倍首相が外では、まるで王に朝貢する臣下のようにも見えてしまう状況は、いったいどこから生まれたのか。この対米従属は「敗戦」を受容せずにきた戦後日本社会の基本的な仕組みに根ざしたものだと分析した新進気鋭の政治学者がいます。先頃文庫化された『永続敗戦論 戦後日本の核心』(講談社+α文庫、電子版未配信)が注目を集めている白井聡氏です。
     いま世界を「反知性主義」「排外主義」「右傾化」といった妖怪が跋扈しています。「トランプの登場」は、その象徴です。そんな時代状況の中で日本はどこに向かうのでしょうか。白井氏の最新著作である『戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ』(NHK出版、2016年6月7日配信)を中心に見ていきましょう。
     白井聡氏は、1977年(昭和52年)9月生まれ。戦後32年たって東京で生まれ、今年39歳になった若手論客が唱える「永続敗戦論」の立脚点は、戦後の日本人の歴史意識の中核に「敗戦の否認」があること、そして根こそぎの「対米従属」の二つです。前者は、「敗戦」を「終戦」と言い換え、8月15日が「終戦記念日」と言われているところに端的に示されています。上述の安倍首相のトランプ詣では後者のわかりやすい例でしょう。
     どうしてこういうことになってきたのでしょうか。著者は本書『戦後政治を終わらせる』にこう書いています。

    〈戦後の日本は、敗戦という事実に真正面から向き合うことを避けたまま、経済復興を遂げ、世界有数の経済大国へと発展していくことになります。逆に見れば、この経済的な大成功が「敗戦の否認」という歴史意識を可能ならしめた、とも言えます。反対に敗戦を否認できない状態とは、長期にわたって「われわれは敗戦国の国民なのだ」という事実を日常的に噛(か)みしめなければならない状態を指すのであって、それは取りも直さず大変不幸な状況です。ですから、「敗戦の否認」ができるようになったことは、戦後日本国民がある時期まではかなりの程度幸福であったことを意味します。しかし、その幸福は大きな代償を伴うものであったことが、いま見えてきています。
     その代償とは何なのか。「敗戦の否認」は、国内およびアジア諸国に対しては敗戦の事実をできるだけ曖昧にしておく一方、戦後日本の庇護者であるアメリカに対しては敗戦の事実を無制限に認めるために対米従属を強めていくという二重性を生むことになります。この二面性はコインの表裏なのです。アメリカに対しては認めすぎるほどに敗戦を認めている分だけ、「俺たちは本当は負けてなんかいないんだ」という無意識の欲望は、アジア方面に対してぶちまけられることになる。その最もわかりやすい現れが歴史修正主義的な言動です。
     冷戦構造下、戦後日本の支配者層の権力は、このような二重性の中で維持されてきたと言えます。しかしながら冷戦終結によって、アメリカにとって日本はもはや無条件に庇護すべきパートナーではなくなります。つまり「戦後レジーム」は土台を失ったわけです。〉

     戦後の日米関係を支えてきた基盤が綻びを見せ始めたときに、登場してきたのがトランプというわけです。ここで「戦後レジームからの脱却」を声高に語ってきた安倍晋三首相の対応には注意が必要だという。再び本書から引用します。

    〈このような荒みきった政治状況を代表するキャラクターが安倍晋三総理大臣であり、彼の率いる政権です。安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を掲げています。安倍政治の問題点を挙げればキリがないので、ここではこのスローガンだけを取り上げます。
     私に言わせれば、「戦後レジーム」とは「永続敗戦レジーム」にほかならず、このレジームは耐用年数切れになっているので、そこから脱却するのだというのであれば、大いに賛成です。しかしながら、まさに永続敗戦レジームの申し子である安倍首相が本来的な意味でのそこからの脱却など、そもそもできるはずもない。安倍政権のやっていること、やろうとしていることは、実際には「脱却」ではなくて、「永続敗戦レジームとしての戦後レジーム」の「死守」にほかなりません。何しろ、ご本人が戦後レジームの出発点であるポツダム宣言を「つまびらかに読んでいない」そうですから、このような混乱が起こるのは必然的なことなのですが。
     多くの人々が危惧するように、安倍政権の危うさのひとつは軍事への急傾斜が見て取れることです。二〇一五年夏から秋にかけて新安保法制に対する大規模な反対運動が巻き起こったのは、日本が平和主義という戦後の国是をかなぐり捨てて、アメリカの軍事行動の下請けをして世界中に派兵するような国になってしまうのではないか、という不安からでした。政権側は、「そんなことはありえない」と繰り返し主張しましたが、信用を勝ち得ていない。なぜなら、アーミテージ・ナイ・レポートの丸写しの件に象徴されるように、この政権ほど対米従属を底なしに深めている政権は前代未聞であるからです。〉

    「アーミテージ・ナイ・レポート」が安倍政権の政策として丸写しされていたという問題については、そのことを指摘した山本太郎参院議員の国会質問に始まることの経緯が本書に詳述されています。

     とまれ、2016年8月の党・内閣の改造で豪腕・二階俊博を幹事長にすえた安倍晋三・自民党総裁は、党内の異論を見事に封印して総裁任期の延長に見通しをつけました。来年3月の定期党大会で党則を改訂して、2021年9月まで総裁の椅子に座り続けるつもりだという。在任期間歴代最長を目指すというわけですが、そうであればなおさら対米従属に傾斜するよりない安倍首相です。トランプ次期大統領の元に真っ先に駆けつけて「信頼できる指導者」とすり寄ってみせました。その危うさを徹底的に掘り下げ、日本がとるべき道を探究した必読の書です。

     あまり時間はないが、「永続敗戦論」の基本はおさえておきたいという人に特にオススメの本が2冊あります。
     1冊は『永続敗戦論』を原作に、そのエッセンスをわかりやすく解説した『マンガでわかる永続敗戦論』(朝日新聞出版、2016年1月20日配信)。W大学理工学部4年の男子学生と文学部4年の女子学生が「永続敗戦論」を学んでいくストーリー展開で、各章ごとに白井氏による解説文を加えたコンパクトな編集がうれしい。
     もう1冊は、白井聡氏が元週刊現代編集長の元木昌彦氏を対論の相手に「永続敗戦論」の考え方を語った『対米隷属の「永続敗戦」レジームから脱却せよ』(ゼロメガ、2015年1月30日配信)。元木昌彦責任編集のe-ノンフィクション文庫シリーズのひとつです。併せてお読みください。(2016/12/9)
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月09日
  • 今月のおすすめ
    ずっと想ってくれているなんて♡お兄ちゃんのような過保護な幼なじみ♡大好物です♡パイロットの彼というのも、女の子の憧れですよね。(パイロットと結婚した知人が二人いますが、収入はやはりよろしいようで。現実は、私が夢見たパイロットとは程遠かったですが。失礼)後半に山場もあり、私は感情移入でき幸せな気持ちにさせてもらいました。表紙で損をしていると思います。自分の理想のパイロットを思い描いて読みましょう。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年11月18日