オススメ特集

一覧を見る



本日の★店長イチオシ★

少女マンガ大好き店長が
自信をもってオススメ!
今話題&これから流行るマンガ★

新刊 12/2~8発売! 77冊

新刊一覧

少女マンガ

女性マンガ

人気の連載誌・レーベル

  • 別冊マーガレット
  • sho-comi
  • 別フレ
  • 花とゆめ
  • マーガレット
  • cocohana
  • YOU
  • Cheese!
  • flowers
  • Kiss
  • デザート
  • FEEL YOUNG
  • ITAN
  • ARIA
  • Wings
  • プリンセス
  • ミステリーボニータ
  • なかよし
  • 週別日別

  • 高嶺と花
    庶民の女子高生が金持ちの御曹司に見初められる。その設定だけ取ってみれば何とも王道な年の差ラブコメ。しかし、一癖も二癖もあるキャラクターの魅力が加わった時、全く新しい驚きと笑い、トキメキに満ちた作品が生まれました。御曹司は高飛車なくせに壁ドンを仕掛けたはいいがその先に詰まってしまう残念な俺様。対するヒロインが、そんな俺様に全く怯まず、鋭く斬り返すからこそ余計に俺様が熱くなる。ひたすらお互いを屈服させようとしているかに見える笑える掛け合いから、しっかりとトキメキへと繋がっていく…王道の安心感と斬新な期待感を併せ持つ本作は、王道には飽きたという方にこそ是非読んで頂きたいです!
    投稿日:2015年08月28日
  • かつて、タモリが埼玉県のことを「○サイタマ」(○に入る文字、わかりますよね!?)と言ってからかった頃から、とかくネタにされがちな埼玉県。『埼玉最強伝説』…書名からして、なんだか期待してしまいますねぇ。その期待に違わぬ内容なのですが、犬木加奈子が描いた!という点にこの本の絶妙さが現れています。代表作『不思議のたたりちゃん』『不気田くん』で知られるホラー界の女王が、埼玉をどう描くのか! 恐る恐るページをめくるのですが、読み始めは違和感を拭えませんでした。描いている内容はギャグなのですが、登場人物の絵のタッチがあの背筋ゾクゾクの犬木ワールド! いつ目玉が飛び出たり、脳が割れるんだろう…この女は実は口裂け女なのか…てなことを頭の片隅に置きながら読み進めるんですが、ご安心あれ!? この本に恐怖シーンは登場しませんでした。埼玉在住の犬木が郷土自慢と卑下を繰り返すのですが、面白いのはライバル千葉や憧れの神奈川、東京との対比の場面です。また、埼玉県内の各市の擬人化にも笑わされます。読後、私も素敵な埼玉の虜になってしまった、と埼玉県まで徒歩1分以内の住人は感じたのでした。
    • 参考になった 12
    投稿日:2015年09月18日
  • 匿名希望
    こうの史代らしい戦中のごく普通の人々の生活の描き方
    「夕凪の街 桜の国」は以前に読んでいたのでこうの史代は知っていたが、この作品は映画化作品が大好評らしいというニュースを見て、作者がこうの史代だというのを知り、まだ映画は見ていない段階で原作を読んだ。
    いかにもこうの史代らしい、本当は時代背景としては貧しさ・悲惨さ・重苦しさがあるはずなのだが、それを感じさせないふんわりと柔らかい「普通の庶民の生活」を描いた作品。当時の社会風俗とか食生活とかが実に生き生きと描かれていて、そうだよなぁ、戦中と言っても人は人なんだよなぁとか、当時の暮らしや風習はこんなのだったんだとか、読まされる。
    それでいて、サラッと描かれているコマやシーンが実は後々の伏線になっているところが何箇所もあり、初めて読んだ時には気付かずにあれっ?そんな場面どこにあった?と何回も読み直すことになることもあり、思った以上に話が深い。
    各話で◯◯年◯月との表記がされ、淡々とそしてほのぼのと暮らしが進んでいくようで、でも読む側としては8月6日に広島に原爆が投下されるのは知っているわけで、作中ではそこまで凄惨な現場は描かれないが、深く考えさせられてしまう。
    この原作漫画を読んで、この漫画をどう映像作品にしたんだろうと、映画も見たくなってきた。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年12月02日