電子書籍はeBookJapan

『きまぐれオレンジロード』登場人物紹介

『きまぐれオレンジロード』の魅力的な登場人物をご紹介します。

春日恭介(かすがきょうすけ)

春日恭介(かすがきょうすけ)

超能力一家・春日家の長男で本作の主人公。優柔不断で冴えない男だが、なぜか女の子にモテモテ。まどかに好意を持つが、ひかるの積極的なアプローチを断れず、結果、微妙な三角関係が形成される。
超能力が使えることは春日家だけの秘密。

鮎川まどか(あゆかわまどか)

鮎川まどか(あゆかわまどか)

恭介とはクラスメイトで学園一の不良少女。頭脳明晰、スポーツ万能、料理などもうまく、さらに音楽の天才的な才能を持つ、顔もスタイルも抜群のミラクル美少女。
喫茶店「abcb(アバカブ)」でアルバイトをしている。

檜山ひかる(ひやまひかる)

檜山ひかる(ひやまひかる)

栗色のショートヘアが特徴の不良っぽい少女で、学年は恭介とまどかの2学年下。
恭介に好意を抱き、アプローチも強引で積極的なため、周囲には2人が付き合っていると誤解されている。恭介とまどかが惹かれあっていることには全く気付いていない。音痴で歌が下手な面も。

春日まなみ

春日まなみ

恭介の妹で双子の姉の方。超能力者だが常識人でしっかりもの。母親がいない春日家で母親代わりに家事をすべてこなす。

春日くるみ

春日くるみ

恭介の妹で双子の妹の方。性格は姉のまなみと正反対で、おてんばで子供っぽい。もちろん超能力者で催眠術も使う。料理の腕は壊滅的。

一弥

一弥

恭介のいとこであかねの弟。外見は小さいときの恭介そっくり。超能力は恭介よりも能力が高く、他人の考えていることを読み取る能力を持つ。さらに、恭介と頭をぶつけると、人格が入れ替わる能力(?)がある。

あかね

あかね

恭介のいとこで一弥の姉。超能力者で変身能力を持つ。性格は男勝りでまどかに好意を持ち、恭介とひかるをくっつけようとするトラブルメーカー。

マスター

マスター

まどかのバイト先である喫茶店「abkb(アバカブ)」のマスター。恭介とまどかの気持ちを理解し、応援している。

広瀬さゆり

広瀬さゆり

恭介の同級生でツインテールの美少女。自分をかわいいと思っていて、趣味は美男子に告白させて振ること。腹黒い性格だが、男の前ではぶりっ子を演じる。

火野勇作

火野勇作

まどかとひかるの幼馴染でひかるの同級生。ひかるに好意を持ち、恭介をライバル視する。

おじいちゃん

おじいちゃん

恭介の母型の祖父。ほぼすべての能力を使える強力な超能力者。田舎で暮らしているため、超能力を普段から使用することに慣れてしまっていて、街中ではたびたびトラブルを起こす。

©まつもと泉


ページトップへページトップへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan