1. 電子書籍TOP
  2. おすすめまんが・電子書籍まとめ
  3. まんが家まとめ
  4. どおくまん特集 SPECALインタビュー1
このエントリーをはてなブックマークに追加

どおくまん特集 SPECALインタビュー1

超肉食系猛爆ギャグマンガ『嗚呼!!花の応援団』が連載開始してから、今年は40周年のメモリアルイヤー。プロフィールは非公開・インタ ビュー取材も稀な、どおくまんの素顔に迫りました!!  取材中にはどおくまんプロの小池たかしや、みわみわも参戦しての貴重なマル秘レポートをお楽しみください。(敬称略)
※取材は2015年11月・大阪で行われました。

SPECALインタビュー その1

◆漫画家になったいきさつを教えてください

いきさつも何も、たまたまですわ(笑)。
 漫画家になろうと思ったこと自体、ほんま偶然の産物みたいなもんです。他の先生方のように子供の頃から漫画家になりたかった訳やなかったから。
 漫画は読みましたよ。子供の頃に夢中になったのは、横山光輝先生の『伊賀の影丸』とか『鉄人28号』やね。『鉄人28号』は『鉄腕アトム』より好きやったなあ。あと貸本やったら、さいとう・たかを先生の作品やね。その中でも『台風五郎』がめちゃめちゃ面白くて。毎回楽しみやったなあ。
 けど、それからしばらく漫画から離れて、高校時代まではスポーツ一辺倒でした。そない考えたら、特別漫画が好きと言うほどでもなかったね。
 ブランクがあって、再び読み始めたのはつげ義春先生やみやわき心太郎先生の作品でした。それでも、あくまでもファンとして楽しんでいただけですね。ただ唯一、悪い意味ではなく「よぉ、こんな漫画描くなあ」とびっくりしたのは、山上たつひこ先生の『喜劇新思想体系』かな。
 大学にも科目名に“思想体系”ってつく授業はありましたけど、そういうものとは全く次元が違うというか超越していて(笑)。あんなにぶっ飛んだ内容の漫画を読んだことがなかったので、読者として一度も感じたことがなかった衝撃をガツンと喰らいましたねえ。
 そんな僕がなんで漫画家になろうと思ったのか。実は18歳の時に「サンデー毎日」を読んでいたら、突然“賞金1000万円”の文字が目に飛び込んできたからなんです。
 どういうことかとよく読んでみたら、「サンデー毎日」が何を思ったのか漫画を募集していて、その大賞賞金が1000万円だったんです。こんな太っ腹な漫画賞、今の漫画誌でもなかなかないでしょ。今のお金にしたら1億円くらいの値打ちがあったんじゃないですかね。
 こらもう、何としても自分が獲らなアカンと(笑)。プロ・アマ問わずって書いてあったのも、ハートに火を点けてくれました。「よっしゃ、相手にとって不足はない。負けへんでえ」てなもんですわ。けど、いざ描いてみようと思ったものの、描き方がさっぱりわからない(笑)。そりゃそうですよね。とりあえず紙が要るので画用紙を買ってきて、何で描こうかと考えた末に墨汁と筆を用意したんです。
 描き上げましたよ、枠線もセリフも全て墨汁と筆で(笑)。処女作は『人形の疑惑』というタイトルで、内容は完全犯罪を描いたサスペンスです。コピー機がまだ一般的ではなかった時代なので、原稿は写真に撮っておきました。今でもどおくまんプロのどこかに、ネガが残ってるんとちゃいますかね。
 原稿はええとこまで、いくんちゃうかなっていう自信は結構ありましたね。ただ、あの頃はまだ漫画家というとマイナーなイメージが強かったこともあって、投稿したことは周りの誰にも言いませんでしたけど。
 審査員の先生はビッグネームが揃ってましたよ。たしか、さいとう・たかを先生や石ノ森章太郎先生など、そうそうたるメンバーでした。それは、ものすごい数の応募作があったのですが僕はなぜか「一次選考くらいは残って当たり前」なんて思っていたものの、二次にも三次にも名前が載っていた時は「ほんまに一千万円獲れるんちゃうか」と、もらう気満々でいましたね(笑)。
 最終的に僕の描いた『人形の疑惑』はベスト20ぐらいの評価やったんかなあ。夢見たものの結局、大賞は該当者なし。1000万円は誰ももらえなかったんで、まあええんですけどね(笑)。
 それでも賞は逃したとはいえ、手応えは感じましたね。軽いジャブみたいなもんがここまで評価されるんやったら、本腰を入れてやってみようと。ただ「1000万円」の漫画賞はその年だけで終わり(笑)。
 その後2作目を大手出版社某少年漫画誌の懸賞漫画に投稿したんです。そしたらなんと佳作を受賞。受賞作は何ページか、本誌に掲載されました。ついに賞金も、もらいましたよ。

◆いよいよ漫画家デビューを目指すわけですね。

 僕はその気でおったけど、思っていたよりラクやなかったね(笑)。
 編集者からも「担当になります」と連絡をもらい、これはもう「本気でやらなアカン」と。2か月ぐらい寝る間を惜しんで、50ページの漫画を仕上げたんです。
 ところが待てど暮らせど担当からはなしのつぶて。「どないなってんねん」って話ですよ(笑)。仕方なしに、こっちから「原稿を送ったのに、どうして連絡してくれないんですか」と聞いてみたら、担当から「長すぎる」と怒られて。
 「知らんがな。それやったら、先に言わんかい」って感じでしたけど、その頃の僕は大学生で、漫画に集中するために下宿を借りました。即席ラーメンを山ほど買い込んで部屋にこもり、1年間一心不乱に10本(約300ページ)たった1人で漫画を描きましたね。
 原稿を目いっぱい詰め込んだトランクを持って、意気揚々と(担当者のいる)編集部に向かいました。受付から編集部に連絡してもらい、担当さんに「ここで待ってますから」って言ったら「上まで来い」と怒鳴られて。
 どうして怒られたのか、よぉわからんままトランクを開けて、担当さんに「よろしくお願いします」と原稿を渡しました。そやのに、その担当さんはパパッと目を通すだけで、まったく読まないで、他の編集さんと喋ってばかり。
 「なんかイヤな感じやなあ」って思ってたら、急に「こんなもん使えるか」って原稿を床に投げられて。あの時はさすがにムカつきましたよ。でも「ここでキレたら終わりやぞ。怒ったら負けや」と、ぐっと我慢して原稿を拾い集めました。
 今思えば、もしもあの時「何さらすんじゃ、この野郎!」なんて手を出してたら、おそらく『嗚呼!!花の応援団』はおろか、デビューすらできなかったでしょうね。
 もちろん、ショックというかダメージは、めちゃめちゃ大きかったですよ。その大手出版社を出て、川の近くで「何しに東京まで来たんやろ」と、途方に暮れたことは今でも忘れられません。
 そやけど、このまま大阪には帰れません。ちょうどその頃、集英社で「少年ジャンプ」が創刊されたばかり。多くの新人を起用していたので、僕にもチャンスがあるかもしれんと、気を取り直して少年ジャンプの編集部に向かいました。トランクを開けて「持ち込みに来ました」と伝えると、編集さんから「えっ10本もあるの?うーん、そんなにたくさん見れないねぇ。じゃあ君の一番の自信作見せて」って言われて。
 その時に見てもらったのが『花田秀次郎』です。某少年漫画誌の意地の悪い担当には投げ捨てられたけど、僕なりに自信があった。ジャンプの編集さんはそれこそ丁寧に、きちんと目を通してくれました。読み終わってすぐに「来月の『月刊少年ジャンプ』に載せるから」って言ってもらえて、デビューが決まったんです。

◆漫画家・どおくまんの誕生ですね。その時にどおくまんプロを結成したのですか?

 どおくまんは一人やなくて、複数と言うかユニットで使っているペンネームやと思ってる読者は意外と多いんですよね(笑)。けど、どおくまんは僕一人。
 大学時代の友達・小池(たかし)、僕の弟の太地(大介)、弟の友達のみわみわの四人が初期のどおくまんプロのメンバーですわ。
 どおくまんプロの活動を始めたきっかけは、一人で漫画を描くのはしんどいという物理的な問題が全てです。「月刊少年ジャンプ」での連載もはじめから弟の大地大介が手伝ってくれましたしね。そしてみわみわや小池も。すごく心強かったですね。

●小池たかし 僕らは大学の漫研で知り合ったんだよね。
 そうそう、その頃の小池は「ちょっと漫画見せてよ」って頼んでも、扉とその次のページしか見せてくれない(笑)。

●みわみわ そんなん当たり前やん。盗まれたら困るもん(笑)

●小池たかし ちがうちがう、どの作品も2ページしか描いてなかっただけやで(笑)

 Gペンもスクリーントーンも小池が先輩。小池から白いスクリーントーンを見せてもろた時は、何に使うんやろって思った(笑)。
 最近、映画『バクマン』を観て、昔の休みはおろか、寝る暇もなかったキツい時代を思い出しましたね。最盛期はうちのプロ全体で月産550枚でっせ(笑)。そのうち僕一人で250枚。よぉやってたなあって思いますわ。ホンマ、バカとしかいいようがない。
 編集者も情け容赦ない。締め切り前になると栄養ドリンクを持って、新幹線で大阪に来るんです。そのまま原稿がアップするまで張り付かれるんですから、たまったもんやない。
 ある時、断りきれない仕事が入ってきて。それがなんと月2回連載の毎回50ページ。さすがに間に合わんと思って、ストーリーとセリフをカセットテープに吹き込んで……。

●小池たかし それを渡された僕がコマを割って、原稿を仕上げたんですよ。それが「京都札ノ辻下宿」「つっぱり天神中」も「最初の1本しかかかわれませんがいいですか」と断って1本目だけボクがプロットを作りました。あの頃はほんまに、毎日が綱渡りの連続で。もしも僕一人だったらと思うとゾッとしますね。

 売れはじめた時、プロダクション形式での仕事のやり方をもっと勉強せなと思って、さいとうプロ、ダイナミックプロ、虫プロを見学させてもらったことがあるんです。その時は、集英社がハイヤーを用意してくれて。
 さいとう(たかを)先生は〆切直前の忙しい中、わざわざ立って挨拶して下さって。さっきも言いましたけど『台風五郎』のファンだったので、嬉しかったですね。しかも手には修正用のホワイトを握っておられて。「僕はホワイトなんか使ったことないなあ。さいとう先生は仕上げまでていねいにチェックされてるんだなぁ」なんて感心してましたね(笑)。
 永井(豪)先生は自室のソファで寝てはったのに、僕らがズカズカと入ってきたものでわざわざ起きてきて相手をしてくれはったんです。手塚(治虫)先生とはお昼時だったので、ランチをご一緒させていただいて。やさしい方でしたよ。
 他愛もない話しかでけへんかったけど、確か「アメリカにアニメーションを観に行くんだ」っておっしゃってましたね。今となってはええ思い出です。

▲トップへ


本ページの内容は公開時点のものです。書籍の情報(販売の有無、価格、消費税込みか別かなど)について、予告なく変更される場合がありますので、購入内容確認画面においてご確認の上で、ご購入をお願いします。
新規購入者限定!ポイントバックキャンペーン
>>新規購入者限定!ポイントバックキャンペーンはこちらから
お得!割引・セール一覧
>>毎日更新!まんがをまとめ・大人買いする大チャンス!
おすすめまんが・電子書籍まとめ!
>>おすすめの新刊・名作・無料まんがを探そう!
最強無料まんが
>> 最強無料まんがはこちらから
Yahoo! JAPAN ID連携でこんなにお得!
>> Yahoo! JAPAN ID連携でこんなにお得!
このエントリーをはてなブックマークに追加
男性マンガ女性マンガマンガ雑誌ライトノベルキッズ文芸ビジネス・実用雑誌・写真集
電子書籍はeBookJapan