オススメ特集

一覧を見る



▼店長おすすめ本

注目の本をピックアップ!

新刊 4/23~29発売! 291冊

新刊一覧

ビジネスの新刊一覧

趣味・実用の新刊一覧

学術・学芸の新刊一覧

  • 週別日別

各ジャンルのランキングはこちら

  • 見えないが確かに感じられる気配
    《「髪の毛三本動かす」ほどの風が吹けば、加賀への船は出せない、といわれている》
     ラフカディオ・ハーンの代表作『日本の面影』に収められた珠玉の随筆「子供たちの死霊の岩屋で」はこんなふうに始まる。
     松江に暮らしていたハーンはある日、日本海の加賀浦に突き出した岬にある、潜戸(くけど)という海蝕洞窟の話を聞くが、風にはばまれ何か月も待たされている。ようやく風がやみ、松江から山越えの難路を行き、小さな漁村から岬めぐりの船に乗ることができた。待ちに待ったこの一日の出来事を、目の前にくりひろげられる光景と、土地の人が語りおろす伝説が響き合う、神話的な文体で織り上げたのが本作だ。
     潜戸は、死んだ子供たちが寄り集まって来るといわれる霊場である。恐山を思わせる賽の河原は《奥の薄闇の中で、青白い石地蔵の顔が微笑んでいる。その前にも、その周り一面にも、灰色の形なきものたちがたくさん集まっている》と描かれる。灰色の形なきものとは暗がりで見る石塔婆、これを崩すと《子供たちの霊は泣いてしまうだろう》と案内人から教わる。ハーンはそれでも3つの塔を崩してしまい、償いに6つの塔を積み直す。
     かつてある雑誌で、ハーンの特集を組んだことがある。そのとき作者と同じ体験がしたくて、写真家、記者とともに潜戸へ渡った。ところがそこで恐るべき光景を見てしまった。縫いぐるみ、ランドセル、リコーダー、筆箱、セーター、お稽古バッグ……幼くして亡くなった子供たちが愛用した、華やかな色使いの奉納品が洞窟を埋め尽くしていたのだ。さらに翌朝、3人で朝食をとっていたら女性記者がぽつりと言った。「夜中に突然電気がついたのよ」。潜戸の風景も、その地で喚起された物語も、現代のほうがハーンの時代より力を増していた。
    『日本の面影』は、1890年(明治23)4月、ハーンが来日した日(「東洋の第一日目」)から松江を去る91年11月(「さようなら」)まで、わずか1年7か月の間に体験した、夢のような時間をかたちにした随筆集だ。
     ギリシア人の母とアイルランド人の父、ともに神話の国の血を受け継ぐハーンは、土地のにおいをかぎとる鋭い力があると思う。さまざまな土地に漂う〝見えないが確かに感じられる気配〟について、時に繊細に、時にずばりと描き出す。
     ハーンが『日本の面影』に書き残した霊場、神社、寺、祭り、そして風景にさえも、その地に長く蓄積されてきた人間の生々しい感情の余香が、今も残っているような気がしてならない。そのうちのいくつかは、潜戸のようにさらに熱を帯びていたりする。私は彼の著書を昔話ではなく、普遍の土地案内書として、追体験し続けている。
    投稿日:2016年05月27日
  • 近年、子どもの貧困が注目されています。貧困家庭は社会的に孤立し、親が心身を病んでいたり、虐待やDVが行われたりしているケースも多いといわれています。社会的な問題意識の高さから、子どもの貧困について書かれた本が次々と出版されていますが、中学校の保健室を軸に、現在の子どもたちを取り巻く問題を丹念に取材して書かれたのが、本書『ルポ 保健室 子どもの貧困・虐待・性のリアル』です。

    貧困家庭に育った子どもたちの多くは、家庭に居場所をつくれず、また標準的な中流家庭で育つ子どもたちが集まるという建前を前提とした学校の教室にもなじめません。また、貧困以外の理由でも「標準」から外れた子どもたちは、家庭や教室で十分にケアされないケースが多い。そうした子どもたちが居場所を求めて集まるのが、保健室だといいます。

    子どもは大変です。私は貧困家庭で育ったわけではありませんが、それでも子ども時代を思い出してみれば、大人と比べて生活範囲が狭く、学校と家がすべてで、この場でうまくやっていけなければ人生終わりだ、と思うほど閉塞感がありました。あの頃周囲から感じていた同調圧力は、大人になった現在の比ではなく、思えば自分の居場所を確保すべく、どう振る舞えばいいのかを考えることに、いつも必死になっていました。

    本書には、「保健室は、悩める子どもたちの居場所となっている」「保健室をみれば、いまの子どもが抱える問題がわかる」という問題意識のもと、保健室に集まるに至った子どもたちの様々なケースが、具体的に書かれています。

    例えば第2章には、家庭で父・母・姉から壮絶な虐待を受け、ものすごく苦しんだ女の子について書かれています。彼女は中学校の保健室で温かいケアを受けて立ち直り、卒業する間際に、保健室の先生にこんな手紙を書きました。「私は先生が大好きだし、今までで一番大切な先生だし、私の基本になっているんです」。実は、彼女はその後進学した高校では十分なケアを受けられず、ものすごいいじめを受けてしまいます。それでも、中学校の保健室での経験があったからこそ、逆境のなかでも自力で前に向かって進むことができたそうです。

    「私の基本になっているんです」この言葉が心に残りました。子どもにとって、大人たちから生きる「基本」を与えられるかどうかは、ものすごく重要だと思います。保健室は、言わば行き場をなくした子どもたちの命綱となっているのです。もし、その命綱が機能しなかったら……。

    保健室の先生こそが、各学校に一人ずつしか配置されていないケースが多く、孤立しています。様々な不安を抱えていたり、スキルにバラツキがあったりしています。また、子どもの問題を解決するには、どうしても家庭に介入しなければならないケースもあるのですが、それができないというもどかしさを感じている保健室の先生も多い。個々の保健室の先生の努力に、問題を抱えた子どもたちの命運が託されている、という現状を変えるための提言も、本書には盛り込まれています。

    子どもを取り巻く問題を解決するために懸命に努力している保健室の先生たちに頭が下がる思いです。また、このような良書を書いた著者にも感謝したい気持ちです。子どもを持つ親として、深く考えさせられました。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年04月28日
  • 匿名希望
    中身はあるが気になる点が多い

    ・解説が詳しく載っていてわかりやすい
    ・各問題がICND1、ICND2、CCNAのどれに対応するかが分かるようになっている
    ×
    ・目標正答率が記載されていない(実際の試験では8割強)
    ・ping-tと比べ一部の範囲が抜けている(ように感じた)
    ・シミュレーション問題にて「show XXX のコマンドを入力したところ、
    結果がXXXになった。・・・」というように記載されているが、
    実際の試験ではコマンドを自分で入力しなければならず、
    そのような注意書きも見当たらなかった。
    中身はありますが、値段を考えるともう少し使い勝手のいいコンテンツが
    あってもいいのではと思いました。
    • 参考になった 1
    投稿日:2017年03月23日